アトリエおだきゅう1月コンテナ・ハンギング講座

昨日の講座は久々の深堀り植物講座でした。『原種シクラメンの魅力と楽しみ方』と題して原種シクラメンについて学びました。原種シクラメンは寒さや病気に強い品種が多く、地植えにするとナチュラルな雰囲気を醸し出します。丈夫で上手に育てると毎年花を楽しめます。また、秋・冬・春咲き品種がありで夏以外は常に花を楽しめます。葉も美しいものが多くコレクターの心をくすぐります。クリスマスローズの生育環境に合いますので手前に群植すると素晴らしい景観になります。
↓シクラメン・コウムを2鉢とスノードロップ、セツブンソウはお決まりであとは自由選択の寄せ植えを作っていただきました。銀葉のリビダスを中心にゲラニウムシューティングブルーで動きを出しています。
f0054197_901130.jpg

↓銀葉リビタスの他、トリフォリウム(赤葉クローバー)。まだスノードロップ、セツブンソウはこれから咲きますので、いつもよりは寂しい寄せ植えですが、早春を楽しむ寄せ植えとしてはなかなか良いのではないでしょうか。。
f0054197_96070.jpg

↓ゲラニウムシューティングブルーの花が咲いていますね。四葉のクローバーと合わせています。
f0054197_902614.jpg

↓エリシマム・リニフォリウム (チェイランサス)とゲラニウムシューティングブルーが高さと動きを出していますね。
f0054197_904578.jpg

↓最近、クセになってるネコ写真。れい子さん見てる~?免許頑張ってね~。。
f0054197_8593172.jpg

↓朝になるとご飯が欲しくてズシン!ドカン!と胸に乗ってきて起こしに来ます。ヒロは8キロ、きん太は6キロあるので胸が骨折しそうです。
f0054197_8594659.jpg

↓ヒロはネコのクセにネコの毛アレルギーです。
f0054197_8595984.jpg


今日は午後から農園でガーデナー養成講座があります。
バラの冬剪定や大苗の植え付け、クレマチスとの合わせ方などを実習します。
これから講師のバラ師匠をお迎えに行きます。
by kararifu | 2009-01-22 09:34 | 講習会(コンテナ・ハンギング) | Comments(0)
<< 1月のガーデナー養成講座 入荷しています。 >>