南大沢ハンギングバスケットコンテスト

昨日27日に行ってきました。一昨日と昨日は強い雨と風にさらされ、しかも撮影当日はハレーションでとても醜い写真になってしまいました。このような写真では作品のイメージを崩しかねないと思いましたが、入賞者の作品と私が気になった作品をご報告させて頂きます。(どうかお許しを・・・!綺麗な写真を頂けましたら差し替えます。)賞のあとのコメントは、審査員講評です。カッコ内のつぶやきは私です。

<一般の部>
↓八王子市長賞・・・ボリューム感があり、悪天候の中でも生き生きとしてとても良い作品である。マスターに匹敵する実力がある作品。(エレガントバスケットよりも一回り大きいサイズのスリットバスケットを使っていました。これからコンテストではこのサイズが主流になる予感です。)
f0054197_23575557.jpg

↓日本ハンギングバスケット協会理事長賞・・・全体的に渋いトーンの中で落ち着きがあり、カラーリーフの使い方が素晴らしい。特にヒューケラの存在感が生きる。(2009年度農園木曜コース波戸岡受講生作品~ヒューケラとペチュニアのベインが絶妙でしたね。)
f0054197_23571175.jpg

↓財団法人八王子市学園都市文化ふれあい財団理事長賞・・・1つの植物にしぼり、さまざまな色合いを集めた事が評価される。色合いが美しい。(微妙な色のオステオスペルマムの色使いが素敵!)
f0054197_23555936.jpg

↓優秀賞・・・柔らかい流れが演出され、春らしい季節感を演出している。(2009年度農園木曜コース高田受講生作品~バスケットのプロポーションが美しく出来ましたね。)
f0054197_23565953.jpg

↓優秀賞・・・優しい花色でまとめている中、カラーリーフがうまく主張している作品である。葉の大小・形がおもしろいが、あえて言うとプラティーナがデザインを乱しているかも・・・。(2009年度農園水曜コース佐々木受講生作品~中心のネメシアや主役のオステオスペルマムが終わってしまい残念ですが、良く根付いている所が評価されたのだと思います。)
f0054197_23553148.jpg


<マスターの部>
↓八王子市長賞・・・絶妙なカラーコーディネイトが目を引く作品。特にハニーサックルが作品に動きを出し、春の季節感をリズミカルに演出している。(2008年度アトリエおだきゅうコースにてマスター取得佐久間受講生~本当にスマン!です。写真が下手過ぎ。実物は動きがあって素敵ですよ。)
f0054197_230064.jpg

↓英国王立園芸協会日本支部賞・・・今後注目されるリーガーベゴニアを使用して、植え込み過ぎずに上品な作品にまとまっている。(リーガーベゴニアとオレガノの色調がとても癒されるとともに華やかさも備えていますね。)
f0054197_0214797.jpg

↓誠文堂新光社「フローリスト賞」・・・カラーリーフをうまく使い、メインのナスタチウムの色が活かされ、雨天の際でも映える作品である。(ビビットなナスタチウムの色を緩和させるヒューケラの使い方が上手ですね~。)
f0054197_23582285.jpg

↓優秀賞・・・同系色でまとめている中に光と陰を利用した明暗の演出が上手である。(2008年度モリーズガーデンマスターコース斉藤卒業生~下に使っているのはルブスですね。ヒューケラや黒葉のカラーリーフも良く集めました。)
f0054197_23585018.jpg

↓優秀賞・・・ブルーのグラデーションを組み合わせた中にライム系のカラーリーフを大小取り込んで美しくまとまっている。(中心の八重ペチュニアが咲き揃ったら、見事でしょうね。バスケットのフォルムも丸くきれいです。)
f0054197_1281242.jpg

↓優秀賞・・・春の柔らかさを演出して花の大小の大きさを上手に組み合わせ、ふんわりと綺麗にまとまっている。(2008年度モリーズガーデンマスターコース田中卒業生~誰もが目を引いた美しいバスケットのフォルム。残念ながら写真はピンボケ!ごめんなさい。)
f0054197_041621.jpg



ここからは賞には入っていませんが、気になる作品です。
↓ヒューケラとペチュニアの配置・色使いが素晴らしいと思います。バスケットのフォルムも丸く美しいです。
f0054197_23561382.jpg

↓流木をあしらって、テクニックの感じられる作品ですね。
f0054197_06289.jpg

↓シンプルですが、基本がしっかりしていると思います。
f0054197_23554135.jpg

↓ペチュニアの作品が多い中で目だってましたよ~。
f0054197_23562463.jpg


去年までは、「春の南大沢コンテストに出しましょう!」とは受講生に言った事がありませんでした。私自身も忙しくて見に行く事さえも出来ませんでした。でも今年はとにかく他の方の素晴らしい作品を見て、刺激を受けるのも良い経験と思い、出展をお勧めしました。結果、たまたま6人の方が入賞しましたが、私の指導も含め、まだまだ未熟で勉強しなければならない事がたくさんあります。ハンギングは本当に深いですね。
by kararifu | 2009-04-28 03:20 | コンテスト | Comments(2)
Commented by 花飾爺 at 2009-04-28 22:12 x
 マスターの部の八王子市長賞と「流木」のハンギングが気になりますね。個々の花材のフォルムとカラー、コーディネイトした時のフォルムとバランス、プラスムーブメントと一番大切な「パーソナリティ」・・・。う~~~ん、奥が深い・・。まだまだ努力しないと・・。
Commented by kararifu at 2009-04-29 07:37
<花飾爺様
そうなんですよ。めちゃめちゃ奥が深いと思います。
花飾爺様は驚くほど良く分っていらっしゃる。
今回一般の部で出展した生徒さんは5人でしたがとても良い経験をされたと思います。
<< モリーズガーデン 4月の講座 おやじの為の野菜塾4 >>