5月のバラの育て方講座~バラ講師のお庭

大変遅くなりましたが、「5月のバラの育て方講座」のご報告です。
今回はバラ講師のお庭に伺ってのレクチャーでした。前日の台風のような風によって、だいぶ散ってしまわれた・・・との事ですが、なんのなんの、バラ講師のお庭は見事に咲き誇っていました。陰に隠れているゴミ袋3袋にはぎっしりと花柄が摘まれておりました。夢中で手入れをされた苦闘のあとが伺い知れました。
f0054197_8325876.jpg

↓一面に芳香が漂っています。
f0054197_8332810.jpg

↓アーチには人気の品種ハイブリッドムスクのコーネリア。アプリコットがかったピンク色のダブルの花が群れて咲きます。
f0054197_8335055.jpg

↓一季咲きのカーディナル ドゥ リシュリューはガリカ系の代表品種 。オールドローズの中で最も紫色に近いといわれています!花弁の基部は白くなり、刺がほとんどない株立ち性です。 
f0054197_829421.jpg

↓奥がお洒落な赤紫の縞々模様のバリエガータ・デ・ボリョーニャ・・・オールドローズの半ツル性で一季咲き。手前のアルバは何でしたってけ?
f0054197_8302223.jpg

↓このように、格子にはチラッと挿し色になるバラを配しています。
f0054197_830506.jpg

↓ここのお庭にはたくさんのクレマチスが咲いています。 こちらはシックなカシス。
f0054197_8312280.jpg

↓八重のクレマチス ジョセフィーヌ。
f0054197_8291520.jpg

↓バラとの相性がぴったりのクレマチス エトワールバイオレット。その他にも這沢、マダムジュリアコレボン、篭口、ミケリティ、白万重など魅力的なものがたくさん。。
f0054197_83239100.jpg

↓アイルランド産 香りの良いスイトピー2種・・・毎年欠かさず種から育てられています。
f0054197_8314778.jpg
f0054197_8321013.jpg

↓弊社から買ってくださったジギタリス プリムストーン。他にもウチから行ったたくさんの宿根草が見事に咲いていました。
f0054197_828485.jpg


K先生、ありがとうございました。お伺いする前にお手入れされてさぞお疲れになった事でしょう。丁寧な解説も、とても分りやすかったです。
さて、この講座は毎回お土産があるのですが、今回は冬咲きのクレマチス4品種のなかからお選び頂いてのお持ち帰りでした。
6月の講座は圃場でバラのお手入れの他、挿し木の良い時期ですので、お好きなバラを選んで頂いて挿し木のレッスンをします。農園のクレマチスも一緒に挿します。
ちなみに私はマダムピエールオジェ、バリエガータ・デ・ボリョーニャ、コーネリア、バフビューティ、マダムイザクプレールなどすべて人気の品種を選びました。
by kararifu | 2009-06-06 10:46 | 講習会(コンテナ・ハンギング) | Comments(0)
<< 研修生R子ちゃんの庭 入荷情報です。 >>