ハートのリース

昨日はセントラルガーデンの講習でした。
お題はハート型のリースの作り方でしたが、円形のものよりその形状を生かした作り方は難しいとも言えます。
あまり伸びてしまうものを多用してしまうと植物が育った時、丸に見えてしまうからです。
理想はくっきりハート型が際立つ植物を植える事でしょうか・・・。
たくさんの素敵な作品をご紹介したいのですが泣く泣く代表で生徒さんの4作品です。
f0054197_322273.jpg

↑ジュリアン シルキーの中でもニュアンスのあるイエローと黒ビオラを使って全体的にシックにまとめています。
f0054197_33095.jpg

↑ジュリアン シルキーを右肩にアンバランスに入れてみました。白い小花はフッチンシア。
f0054197_332862.jpg
 
↑ジュリアン ゴールドレースを主役にスイートアリッサムを盛りだくさんに入れた個性的な作品。
f0054197_854722.jpg

↑ピンクのフリルジュリアンにラミウムのオーレアがすがすがしさを与えています。

さて、来週はグリーンアイスなどのミニバラを使ったハンギングバスケット吊り下げ型です。
興味のある方はお越しくださいませ。
by kararifu | 2006-03-08 08:24 | 講習会(コンテナ・ハンギング) | Comments(2)
Commented by はなはな at 2006-03-08 12:22 x
私も、そろそろハート型のリースのミニ葉ぼが色落ちして茶っぽくなったので、買いだめしてたジュリアンとアリッサムでそろそろ植え替えようかと思ってたところでした。カロライナジャスミンがうまく伸びてきてはらはらとバランスよく育つには、肩あたりの植え込みがいいでしょうか?真下に植えてある作品もなかなかおもしろいなぁと思いました。
Commented by kararifu at 2006-03-08 23:59
<はなはなさん
そうですね、肩あたりの植え込みが良いでしょうね。一番上の作品のように右から左に流すように植え込むのも面白いです。カロライナジャスミンはすだれのように垂らすより、軽く動きを出す位のほうがハートの良さが出るかもしれません。
<< センペルビウム 本日は千葉の生産者と打ち合わせ >>