7月のハンギングバスケットマスター養成講座

今月は観葉植物がテーマでした。難しい素材ですが、上手に管理しましたら一番長持ちするハンギングでもあります。花柄摘みも要りませんし、室内でも飾れます。いつものように代表で4名様の作品です。
↓農園コースの作品です。コルジリネ、カラジウム、レックスベゴニア、プテリス、ヒューケラ、ヤシなど。丸い形に仕上がっていますね。
f0054197_1911035.jpg

↓シャムオリズルランをポイントに、ツルマサキが動きを出している作品です。
f0054197_1923039.jpg

↓こちらはモリーズガーデンコースの作品です。ピンクのヒポエステス、オレンジのベゴニアサザランティ、斑入りのスパティフィラム、新種のハトスヘデラ、アジアンタムなど、流れるラインが素敵です。
f0054197_1912443.jpg

↓オレンジのコリウスとベゴニアサザランティが可愛らしいですね。
f0054197_1914059.jpg


このマスターコースも3月から始まり、はや5回目です。ここまでは順調な仕上がりになってきました。それぞれが頭を悩ませながら花材を選んで作っていきます。それはとっても苦しく、考えさせられる作業で3時間も4時間も考えて考えて作られる生徒さんが多かったです。それがだんだんコツがつかめてきて、明るいうちに終われるようになって来ました。残る実技は9月の卒業制作のみとなりました。その他の方も素晴らしい作品が多かったです。毎年ですが、熱心でひたむきな生徒さんが集まって来ますので、私は恵まれていますね。
by kararifu | 2009-07-21 19:27 | 講習会(コンテナ・ハンギング)
<< M邸の駐車場の上 出版社の撮影 >>