2009日比谷公園ハンギングバスケットコンテスト~その2

昨日、午後3時頃になってしまいましたが・・・行って来ました久々の日比谷公園へ。。出展された生徒さんが待っててくださったのですね~。お待たせしてごめんね!
生徒さんが事前に撮ってくださった写真で見てはいるものの、やはり実物は迫力が違います。どれも力作、大作が多く、年々レベルが上がっていて、審査員の方々もご苦労なさったのではないでしょうか?
今回は私の生徒さんで、マスター養成講座を卒業後、今でも教室に通ってくださっている方たちの作品を中心に、ご紹介しましょう。
↓背景がとても良く工夫されていて雅な感じで素敵でした。(2007年度資格取得)
f0054197_718053.jpg

↓男性の作品です。扉や背景に苔を貼ったりして、とてもクラシカルなイメージに仕上がっていますね。(2007年度資格取得)
f0054197_7115163.jpg

↓とても穏やかで癒される作品でした。さらに個性を磨きましょう。(2008年資格取得)
f0054197_795494.jpg

↓和のイメージで流木が目を引きます。1次審査は通過しました。これは凄い事ですね。(2008年度資格取得)
f0054197_712163.jpg

↓とってもラブリーな作品ですね。背景のトールペイントも手が込んでいます。(2007年度資格取得)
f0054197_7143026.jpg

その他にも何年か前に私の教室で資格を取られた方が4人ほど出展されていました。
マスターの為の講座の時でも見学方々、遊びにいらしてくださいね。久々にお目にかかりたいと思います。

さて、独断と偏見で私が好きな作品です。
↓こちらは金賞を取られた先生のもう一つの作品です。コンテスト受賞の常連さんです。才能を感じます。
f0054197_7113485.jpg

↓細やかな背景の線の色と植物の色がマッチしてテクニックを感じます。この方も毎回賞を取られる常連の先生で、今回もコンテナ部門で受賞されていました。
f0054197_7483434.jpg


↓背景と作品が見事にマッチしていて、雰囲気を作り上げています。
f0054197_7174333.jpg

↓背景・作品ともにバランスが良く、これからが楽しみな作品です。
f0054197_7475415.jpg

↓こちらもムラサキシキブの使い方がとても動きがあって好きな作品です。
f0054197_7141552.jpg

↓こちらはもう私なんぞが評価などおこがましいようなこの道のプロの方です。美しいフォルムと作風は多くのファンがいらっしゃる事でしょう。
f0054197_7474040.jpg

↓ヒューケラやオキザリスの使い方が抜群です。背景と作品が素晴らしくまとまった作品です。
f0054197_7181316.jpg

↓広いコンテスト会場、たくさんのダイナミックな作品の中で、ともすると目立たないかも知れませんが、お手本にしたいような味わいのあるリースですね。
f0054197_7101158.jpg



最後にこのコンテストに出品されているすべての作品が丹精込められていて、私の目からは愛おしい作品ばかりです。どれだけの時間を費やし、努力と想いがあったでしょうか。心を揺さぶられました。
ご参加された皆様を心からねぎらいたいと思いました。

また、見つからなかった入賞作品は2009日比谷公園ハンギングバスケットコンテスト~その1のほうに追記しておきます。

来年3月からのハンギングバスケットマスター養成講座が開講されます。ただ今予約受付中ですので
詳しくはハンギングバスケット専門講座(ハンギングバスケットマスター資格取得講座) 2010ご覧くださいませ。
by kararifu | 2009-10-29 09:18 | コンテスト | Comments(2)
Commented by リョク at 2009-10-29 14:51 x
今日日比谷公園に見に行ってきました〜♪
素晴らしい作品群ばかりで、活き活きと輝いていました
一緒のお教室の方が入賞されてるので
なんだか嬉しくて・・
親戚のおばちゃんみたいに・・興奮してしまいました

やっぱり・・ハンギングは・・凄いです!!

力がセンスが思いが・・
全部さりげなく詰まって
何かを語りかけているように感じました。

幸せを感じる、一時を過ごせました
ありがとうございます。



Commented by kararifu at 2009-10-29 18:14
<リョク様
ハンギングはめちゃめちゃ奥が深いです。その分、アピール力がありますね。コンテスト入選常連の先生方は10年15年やられていらっしゃる方が多いです。もう熟練技ですね。一つの事を続ける事の偉大さを感じます。
<< 寄せ植えにお勧めのクローバーいろいろ 澤泉美智子先生の『クリスマスロ... >>