南大沢の春のハンギングバスケットコンテスト

本日、行って参りました。日中のまばゆいばかりの日差しの中で撮影した為、きれいに撮れなかったのが残念でたまりません。(実物は百倍きれいです。)
昨年よりも井上教室の入賞者は少なかったけれど、なんのなんの・・・レベルが高いのなんのって!立派な作品でした。胸を張って帰って来ましたよ~。。
賞に入っているかいないかは別として私の気になる作品をピックアップしました。あくまで、私の独断と偏見ですのでお許しくださいね。・・・と選んだのはどれもこれも偶然!生徒さんの作品でした。本当にごめんなさいね。手前味噌で~。下記はすべてマスターの部です。
↓英国王立園芸協会賞・・・のどかさんの作品(2007年度マスター取得 現在もマスターの為の講座で勉強中)
しばらくぶりの出展でしたがお見事でした。抜群の色合わせですね。管理も良く行き届いていて植物が生き生きしていました。セネシオ レウコスタキスやハロラゲス ネルトンブロンズなど脇役がとても効果的でした。コバルトブルーに塗った額ともよく合っています。
f0054197_23221790.jpg

↓優秀賞・・・Iさんの作品(2008年度マスター取得 現在もアトリエおだきゅうにて勉強中)何と言う色使い!オステオスペルマムとオレガノの微妙な色が見事に融和しています。クラシカルな印象の額も作品を引き立てていました。
f0054197_23225594.jpg

↓計算しつくされた繊細な配色と配置には・・・声も出ませんでした。
f0054197_2323777.jpg

↓ゆっこはんの作品。(現在農園マスタークラスで勉強中)白いペチュニアにフクシア、斑入りノイバラ、バコバ、サルビアディスコロール、銅葉のヒューケラなどきめ細かなフォルムの変化を出した秀作です。私が白が好きなせいか、生徒さんもこんな色調の人が多いです。いや、私と同じ感性の人が集まっているのかな?井上賞あげたい!
f0054197_23205533.jpg

↓K様の作品。(2008年度マスター取得 現在もアトリエおだきゅうにて勉強中)よく、これだけのお花をいっきに咲かせる事が出来ました。管理能力が秀でている証拠です。ここまで来たら完璧な丸さに仕上げましょう。
f0054197_2331306.jpg

↓K様(静岡県男性)の作品。(2008年度マスター取得)今でも思い出すなぁ~・・・勉強し立ての頃はオレンジ、ピンク、紫のビビットカラーでした。この色使い、配置・・・こんなに変身したとは・・・!バスケットのフォルムが抜群にきれい!井上敢闘賞あげたい!
f0054197_23232398.jpg

↓K様の作品(マスター講座受講中)アクシデントにめげずによく頑張りましたね。あと一歩のところまで来ています。
f0054197_23213496.jpg

↓SZ様の作品(2006年度マスター取得)クレマチスとペチュニア、ミニバラが見事に咲き誇っていました。シックなものから華やかなものまで、引き出しがたくさんあって、どんな作風でも作れる確かな技術が備わってきました。ここまで来たら完璧な丸さに仕上げましょう。
f0054197_23233934.jpg

↓SK様の作品。。(2008年度マスター取得 現在もアトリエおだきゅうにて勉強中)繊細で緻密な作品でした。背景もよく工夫されて素敵でしたよ~。
f0054197_23223073.jpg

↓M様の作品(2009年度マスター取得)伸びやかで絵画のような色使いが印象に残る作品ですね~。あと一歩ですね。
f0054197_2322527.jpg

↓優秀賞・・・A様の作品。(アトリエおだきゅうで勉強中)こちらもバスケットのフォルムがきれいですね。ぺチュニアもよく咲き揃っています。斑入りのポレモニウムが効いています。
f0054197_23214779.jpg



てな訳で親バカちゃんりんって笑って許して!もしかして、生徒さんの色合いが地味になっちゃうのは私のせいかな?なんてね。生来持つ色のセンスは人それぞれなのでその辺のところはいじらないつもりでいますが・・・。
他に入賞された方がたは勿論、皆さん素敵でしたよ~。おめでとうございました。
一般の部に出展された方は残念でした。花が咲いていない作品が多かったですね。でも始めて2回目なのにコンテストに出展したことはとても良い経験をされたと思います。あと4回の講習で諸先輩方に少しでも近づけるように頑張りましょう。
by kararifu | 2010-05-04 01:16 | コンテスト
<< 花菜ガーデンのハンギングバスケ... もうすぐ母の日です。 >>