ハンギングバスケットマスター養成講座の合同ガイダンス

いよいよ始まりました。今年のハンギングバスケットマスター養成講座です。
今年は新しい試みと言いますか、志気を高めて頂くために、ガイダンスと作品作りのデモンストレーション、講習生の自己紹介の場を1日設けました。昨年までは3月スタートだったんですよ~。

↓本日の目玉。ハンギング作成の手順です。モデルのような美しい今井氏にお願いしました。いつもじっくりと考えて作られる今井氏は即興で作るのはとても大変だったと思います。
f0054197_718061.jpg

↓器材の組み立て方、根のあしらい方を経て、1段目が入りました。
f0054197_7194893.jpg

↓2段目も入り、トップの3段目をバランスを見ながら配置してみます。
f0054197_719318.jpg

↓真剣に手付きを見つめる受講生の皆さん。
f0054197_7184222.jpg

↓バスケットのフォルムを考えながら、上部を植えつけていきます。
f0054197_7185810.jpg

↓エッジが見えないように、また、詰め込み過ぎずにふんわりと風が通るように・・・
f0054197_7191837.jpg


↓最後の仕上げは後ろから見てもきれいに・・・。2008年にマスターの資格を取得された今井氏は、各コンテストに受賞されるようになってからも、アトリエおだきゅうの講座に1回も欠席する事無く続けてこられた努力の人でもあります。継続は力なり・・・ですね~!
f0054197_7181449.jpg

↓2010年日比谷公園『都知事賞』受賞者のデモンストレーションとあって、卒業生まで見学にいらっしゃり、立ち見が出ました。
f0054197_7182787.jpg


今年度は少し予定をオーバーしまして21名の方が養成講座を受講されることになりました。
また告知の仕方が悪く、締め切り後もたくさんの方からお問い合わせ頂きまして申し訳無く思っております。
内訳は神奈川県9名、東京都6名、千葉県4名、茨城県1名、静岡県1名です。この中には資格試験を受験されない方もいらっしゃるかもしれませんが、スキルアップの為にまじめに取り組む方を応援いたします。


今日は、また、芽だし球根の市場出荷があります。車に乗り切れるかどうか・・・。


ランキングに参加しています。
‘ぽち’っとクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ
by kararifu | 2011-02-07 08:49 | 講習会(コンテナ・ハンギング) | Comments(13)
Commented by mistral at 2011-02-07 19:07 x
ご無沙汰してます。
いつもブログを見て、勉強させてもらってます。
同時に、たくさんの刺激を受けてます!
「皆さんに負けないようにv(^-^)v」と、春に向け、意欲が湧いてきました。
Commented by トミー at 2011-02-08 07:30 x
僕にとって価値ある一回目の講座でした。
正直、鳥肌が立ちました。
どうしてあの短い時間で花材を選び、そして手早くハンギングを
完成できるのだろうか?
それだけでなく、我々生徒に見えるようにと、斜め横から花を植
え込んでいる。正面から見る時間はちょこちょこっと短い。
手際のよい土の落とし方と根を傷めないようにと大切に花を扱って
いた。一度入れ込んだ花はほとんど触っていない。
根を傷めないように手の感触だけで土を丁寧に入れていく。
割り箸など最後の四隅にちょこちょこっと使うだけだった。
Commented by トミー at 2011-02-08 07:31 x
つづき・・・・
完成に近づくと、後方にいた賞を取られている先輩達方から、
ため息がもれ、完成すると、生徒たちのため息と拍手とカメラ
のフラッシュが・・・・・
今回、先生の解説つきで、今井さんの実技が見れた人は幸せ
だったのではないかと思う。
とにかく作品がまぶしい。輝いている。背景のごまかしもないの
にうっとりしまうのは何故なんでしょうか?
それでも後で先生と今井さんがこっそりと話しあっていて・・・・
一箇所ちょっと残念だったね。。。そうなんです。。。。
どこが!?どこが!?って、僕は作品の方に走って行き、穴の
あくほど見つめ直すも、まったく分からなかった。
それにしても今回の生徒さんは家族のように仲良く、まとまり
があるように思えました。志が一つだからなんでしょうか?
目も輝いていましたよ!
Commented by kararifu at 2011-02-08 08:47
mistral様
お元気そうでなによりです。mistral様もはるばる静岡からいらっしゃって資格を取られた卒業生で、とても記憶に残る方です。
講座で初めて作られた時から卒業までの伸びしろと言ったら!凄かったですねっ!
資格試験の南大沢コンテストでも受講生の中で一番の出来でしたからね~。
今年も男性陣が3名受講されますので、mistral様にどれだけ迫れるか・・・
今からワクワクします。

また、素敵な作品をコンテストで拝見できる事を楽しみにしています。
Commented by kararifu at 2011-02-08 08:56
<トミーさん
『トミーの(超初心者オヤジ)のハンギングバスケットマスターへの道』
第1回目のレポートありがとうございます。
とても興奮が伝わって来ますね。
それにしても、今まで目にも入らなかったものが、どんどん目に飛び込んで来て、新鮮な驚きや感動が伝わって来ますね。
男子の場合は、コレと決めたらとことん突き詰め研究する・・・mistral様のような方が多いです。ですから伸びるのです。
それゆえ、突き詰め過ぎてストレスにならないように気をつけて頑張りましょうね。
やっぱり、基本・・・楽しまなきゃ!ねっ!

Commented by なみちゃん at 2011-02-08 11:08 x
ハンギングも奥が深いですね
すっかり遠ざかってしまっているけど
ブログ見たらなんだかムラムラしてきましたぁ~
もうじき学校の役員もお役御免です。
来年度はまた来年度で何かしらは役がつくでしょうが
合間をみてハンギングも作りたいです
とりあえず、リハビリを兼ねてトミーさんと一緒にがんばろっかなぁ うふふ
ところで、今年はラークスパーアールグレー、ギリアトリコロールの入荷予定ありますか?
Commented at 2011-02-08 16:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by トミー at 2011-02-08 22:36 x
ひとつ書き忘れたことがあります。
今井さんの実技の後、僕はあとかたずけを手伝いましたが、
驚いたことに土が殆んど下に落ちていませんでした。
しかもバスケットの周りにも土らしきもので汚れている箇所
は一切ありませんでした。
ちなみに僕がする寄せ植えは、辺り一面泥だらけで、自分の
顔にもついていたりして・・・・・この違いはいったい何を意味す
るのだろうか?
話は変りますが、mistral様、見ましたよ!見ましたよ!
穴があくほど・・・・・30分位釘付けだったかも・・・・・
日比谷で・・・・・銅賞という文字よりも作品の方を・・・・・
お会いしたことはありませんが、噂は以前から聞いています。
間違いなく僕をハンギングへの道へと駆り立てた方の一人で
でもあります。今後のご活躍を楽しみにしています。
Commented by 博多の華 at 2011-02-08 23:24 x
井上さんに気に入っていただいてたチョコバナナ・・・
愛知の市場の人にも気に入ってもらえました。
頑張って増やしてますけど・・・また寒くなるようです。
Commented by kararifu at 2011-02-09 05:33
<なみちゃんへ
なみちゃんこそ、当時はたくさん賞を取った方でしょ。
思い起こせば日比谷公園の第1回で『奨励賞』を頂いたじゃないですか。。
その時、マスター試験を受けた年で合否が届く前でしたよね。
ブランクを越えて・・・また、挑戦してみますか?

ハイ、今年もラークスパーアールグレー、ギリアトリコロールは絶対入荷させますよ~。。
Commented by kararifu at 2011-02-09 05:46
<非公開コメント様
とても嬉しいお言葉ですねっ!私もS様をシゴいてみたぁ~い!(笑)
だって気力・体力・・・ともにとてもスジが良さそうですもん。
絶対!素晴らしいマスターさんになれると思うなっ。
先ほどもHPの素敵な多肉の寄せ植えを拝見して参りましたよ。

アトリエおだきゅうの4月からのハンギング専門講座か農園の癒しの講座などはいかがでしょうか?
すでにアトリエおだきゅうは予約でいっぱいかも知れませんので、問い合わせてみてくださいね。
Commented by kararifu at 2011-02-09 05:53
<トミーさん
上手な人は、回りを汚しませんよね。だから作品も泥だらけにならずにキレイです。
そういえばmistral様の作品を日比谷でずっと見ていましたね。
mistral様は花の業界にいらっしゃる訳ではないのにその後、たくさんの花関連の資格を取られた勉強家でもあります。
見習いたいですね。


Commented by kararifu at 2011-02-09 05:59
<博多の華 様
そうですか。やっぱり、良いものは良いですね~。
地方によっては受け入れがたい色でも、こちらではとても価値のあるものです。
14講座で使わせて頂く予定ですので楽しみにしています。
ぜひよろしくお願いします。
<< 時代はオンリーワンの小輪系へ・・・ ラナンキュラス物語 >>