続・花菜ガーデンハンギングバスケットコンテスト

最初に・・・謝っておきます。
写真撮りに失敗しました。きれいな作品もちっともきれいに写っていないです。本当にごめんなさい!
私が受賞した中で、好きな作品です。
↓日本ハンギングバスケット協会理事長賞・・・圧倒的な作品の大さき、伸びやかさ!背景とバスケットとのコンビネーションもすばらしいです。さいたま県よりアトリエおだきゅうの教室に通われて1年。見事に花が咲きましたね。おめでとうございます。(アトリエおだきゅうハンギングバスケット専門講座月曜コース)
f0054197_719257.jpg

↓平塚市長賞・・・このすばらしい支配色!ムラサキオモト イエロースターをポイントにしてミニバラ コルダーナのニュアンスカラーが、上品でアンティークな雰囲気を醸し出していました。もうどの大会にも入賞できる安定した力になって来ました。(アトリエおだきゅうハンギングバスケット専門講座月曜コース)
f0054197_7252141.jpg

↓花菜ガーデン賞・・・藤のかごに植え込んだやさしい雰囲気の作品です。タイトルも『頑張ろうね』で東北の方を思いながら心を込めて作られた気持ちが伝わってきました。
f0054197_8331111.jpg


↓カレルチャペック賞・・・バスケットのフォルムが丸く美しい作品です。カラミンサ斑入り葉が効いていて、イエローのブラキカムも活き活きとしていました。これからの可能性が感じられます。
f0054197_744195.jpg

↓フラワー賞・・・右側のキルシウムといい、この作品の中には独特の世界感があり、藤蔓の使い方も渋く雰囲気を出していました。テクニックが感じられる玄人好みの作品です。残念なことにバラの花がもっと咲いていたら・・・。。(アトリエおだきゅうハンギングバスケット専門講座月曜コース)
f0054197_8214246.jpg


さて、もう少しお付き合いくださいね。

賞にはもれましたが、『井上敢闘賞』あげたい私の好きな作品です。独断と偏見でごめんなさい。。
↓ミニバラ、ペチュニア、ヘリオトロープを散りばめたダイナミックで美しい作品でした。『どうして入賞しないのですか?』とたくさんの方に聞かれて困りました。惜しむらくは中央のフォーカルポイントが弱いかなぁ~。それとさらにバスケットのフォルムを追及しましょう。(2010年度ハンギングバスケットマスター養成講座卒業生)
f0054197_8382799.jpg

↓背景を良く工夫されていて、実物はストロベリーキャンドルがとても可愛らしかったです。ロニセラが尻尾のように飛び出していたのがちょっと気になります。(2010年度ハンギングバスケットマスター養成講座卒業生)
f0054197_8465435.jpg

↓とてもシックで、お花もきれいに咲き揃っていました。背景がちょっとだけシンプルだったほうが作品が引き立ったかな。でも、すばらしい技術力を感じます。(2010年度ハンギングバスケットマスター養成講座卒業生)
f0054197_847859.jpg


てな訳でやっぱり我が生徒さんが可愛いのは許してちょんまげ!

気がついてみたら、以前にちょっとでも私の講座で勉強されたことのある方を数えてみましたら、出展者の約3分の一ほどになっていました。
でも、今現在、受講されている方が、受賞される場合が多いです。アクセントフィラーの植物やカラーリーフ、ステムが長いものも積極的に使い、ふんわりと大きく・・・ハンギングバスケットも日々進化しています。

さぁ~、気持ちを切り替えて、「国際バラとガーデニングショウ」に出展の方は最後の追い込みですので気を緩めずに管理してください。
16日の最終日になってしまいますが・・・皆様の血と汗と涙の結晶である作品を謹んで拝見しに参ります。

6日は練馬区のK邸へ植栽施工に参ります。7・8日は農園講座がありますので農園に居ります。ご興味のある方はどうぞお越しくださいませ。ご来園の方はこちらにご連絡をお願い致します。



ランキングに参加しています。
‘ぽち’っとクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ
by kararifu | 2011-05-05 09:46 | コンテスト | Comments(6)
Commented by トミー at 2011-05-06 06:34 x
「ハンギングへの道」のレポートは今年の養成講座の生徒さん、
そして来年当教室に通いたい、と申し込まれている方のために
行っています。素人の私が、どのように感じ、どのように成長
していくのか、またどのような苦しみやどのような喜びがある
のか、この一年を通じて、イヤっというほどレポートしていきま
す。決して、ハンギングバスケット協会のまわし者ではありま
せん(笑) 私はこの業界に携わっているすべての方に感謝
し、尊敬申し上げています。正直儲かるような職業ではない
と思います。けれどお花を通じて人の心を癒したり、勇気を
与えたり、世のため人のためになっている職業だと思います。
私は現在、ここのスタッフではありません。ただの研修生で
す。この先、ずっとこの業界にいるかどうか分かりませんが
少なくとも同期の皆さんとこの一年、いっしょに頑張って、何
かをつかみたいと思いますので、どうぞ同期の方、よろしく
お願いします。
Commented by トミー at 2011-05-06 06:37 x
私は「切磋琢磨」という言葉は好きですが、「妬み恨み」という
言葉は嫌いです。何故ならば、自分の成長を妨げるだけでな
く、自分の精神も蝕んでいくからです。賞を目標としている方
は、ご自分が賞に入らなく、他の同期の人が入賞していたと
しても、いっしょに心から喜んであげましょう。そして自分も
負けないぞ!という気持ちも忘れずに・・・・・・

たかがハンギング、されどハンギング。。。。。
Commented by 花飾り爺 at 2011-05-07 00:45 x
私も井上先生のHPに出会った時、「あぁ、これだ!」と思い、ハンギングにのめり込みました。私の場合、あくまでもただ好きなだけなんですが・・。コンテストに出品されている方々の努力には遠く及ばないと思っています。
 でも、花材の形や色合いを選んだり、フォルム・バランスを考えて「あ~でもない、こうでもない」と考える時間を大事にしています。(ボケ防止?)トミーさんの言葉を借りるなら「自分自身の切磋琢磨」になっているのかなと思います。ハンギングは深いです。
Commented by 井上 幸子 at 2011-05-07 23:47 x
アトリエ小田急の講座でお世話になっております井上です。
このたびはまさかのミラクルがおきてしまい、自分でも驚いています。これもすべて先生のおかげだと感謝しております。
いつもおちこぼれていますが、やっとスタートラインに立つことができたように思い、喜んでおります。
これからもよろしくお願い致します。
Commented by kararifu at 2011-05-10 07:06
<花飾り爺様
今でもハンギングをずっと続けてくださってうれしいです。
緻密に考えられる花飾り爺様ですから、かなり上達しているのでは?
Commented by kararifu at 2011-05-10 07:10
<井上 幸子様
いきなり、1等賞ですからすごいですね~。
『スケートの真央ちゃんをイメージして作られた・・・』とお聞きして納得の作品です。
ふんわりと優しげな色合いで、良く管理もされていました。
手作りされた背景とも良くマッチしていましたよ。
本当におめでとうございます。これからも精進してください。
<< 面白い植物入荷しています! 花菜ガーデンのハンギングバスケ... >>