おめでとう!国際バラとガーデニングショウ『特別賞』受賞

やったね!ゆっこはん!子育てに忙しい合間を縫って、よく頑張りましたねっ!
『コンテストをこれからはもっともっと楽しもうとおもいます(^v^)
 こんなに一生懸命取り組んで、一喜一憂できて、仲間と喜んだり泣いたりして、…そんな面白いこと、なかなか無いです!』

小さな大会で入賞しなかったとき・・・貴方は、こんなことを言っていましたね。

内心ではコンテストにかけられる時間がなかなかとれずに、ジレンマを感じていた事でしょう。

どんな状況に置いても、いつも明るく、屈託のないゆっこはん。

知らせを聞いたその時に・・・農園のスタッフ・関係者ともども泣けてきてしまいました。

↓これは、先に国際バラとガーデニングショウに見に行ってくださった方から、ゆっこはんの作品のお写真を頂きました。ゆっこはんがお得意の白を基調としたシックな作品です。
実物はこの数倍もきれいだったはず・・・。
f0054197_885133.jpg

↓これはペチュニア「モノクロ」。
ペチュニア「ちょこバナナ」、斑入りロニセラ、ヒューケラなどが主役のアジサイを引き立てています。
f0054197_891487.jpg

↓こちらはペチュニア「ちょこバナナ」。シックな色合いに惚れ込んで、弊社だけに試作品のペチュニアをお送りくっださった福岡の生産者様へのご恩に報いることが出来ました。
来年はこのペチュニアが生産者様のところへたくさん注文が入ることを願っています。
f0054197_893011.jpg


身近で受講生が・・・入賞してもしなくても・・・ひたむきに努力している姿を拝見して・・・誰よりも私が一番励まされ、元気と勇気を頂いています。
ありがとう!とても感謝しています。



さて、昨日のハンギングバスケットマスター養成講座水曜コースです。
雨のため、逆に農園は涼しく快適でしたよ。
もともと、トマトの水耕栽培ハウスを借りているため、パイプなどがたくさんたっています。
↓写真のように184センチある男性は必ず頭をぶつけて・・・気の毒になります。でも頑張ってますよ~。いつも素敵な色合いで作られます。
f0054197_810863.jpg


↓代表で3名様の作品です。ペチュニアモノクロの流れるような配置が素敵ですね~。千葉から親子で受講されているお母様の作品です。
f0054197_882987.jpg

↓ふんわりと美しく活けこんでいました。上達してきましたね。
f0054197_872421.jpg

↓こちらも、月1回では・・・と、自発的にいらしてハンギングを制作されている効果が現れて来ましたね~。
緻密なデザインになってきました。
f0054197_8234629.jpg


さて、本日もハンギングバスケットマスター養成講座木曜コースです。
今週は日曜日の「東急BEセミナー・二子玉川」など、講座が続きます。クーちゃん、頑張ろうねっ!




ランキングに参加しています。
‘ぽち’っとクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ
by kararifu | 2011-05-12 10:02 | コンテスト | Comments(9)
Commented by 博多の華 at 2011-05-13 22:45 x
受賞おめでとう御座います。
先生指導と生徒さんの努力の結果と、すべての見事な作品に
拍手です。

ペチュニアの紹介有難う御座いました・・・

いまだに・・・なぜちょこバナナとモノクロを気に入っていただけているのかよくわかりませんけど・・・ご期待にそえるように努力します。〔植物が〕


寄せ植えのセンスなんて無い私なので、これからもご意見ご指導宜しくお願いします。

園芸の世界って深いな~って実感しています。
Commented by とらねこ at 2011-05-13 23:55 x
 行ってきました! 国バラ(あるブログではこんな風に書いてました~)へ

 私はバラよりもガーデニングの方だったのですが、皆さん、バラを熱心に写真撮られてて、改めて、バラは花の女王なんだなぁと実感しました。庭につるバラを植えるつもりでその品種選びの参考にと思ったのですが、目移りするばかりでした。

 最大の目標のハンギングはレベルの高さに圧倒されました。
主流はエレガントよりワイヤータイプのヤシファイバーなんですね。今年はエレガントで作ってみようなんて、出遅れかなぁ~ 29日のハンギングバスケット講座に参加しようかなと考えていたのですが、コンテストを見て気後れしてます。
 ゆっこはんさんのは実物の大きさとバランスの良さにため息がでました。


 吉谷桂子さん他3人の上位入賞の3つのガーデンについてのトークショウは花の色使いや構図についてとても勉強になりました。コンテストのガーデンの見方も好き嫌い、きれいだけでなく、作者の意図や物語を考えながら見ればおもしろいのだとわかりました。

 そのトークショウが終わってふと前にT先生がいらしてびっくり。あの広い会場であの大勢の中でお会いできるとは!
Commented by トミー at 2011-05-14 04:56 x
「ハンギングへの道」・・・・・国際バラとガーデニングショウ

ハンギング養成講座の水曜日・木曜日コースが先日行われ
ました。水曜日コースの人は個性溢れる作品が多く、木曜日
コースの人はハンギングのフォルムを作る技術に長けている
ように思いました(あくまでも自分が勝手に感じたことですが)
僕は日曜日コースですが、先日仕事が忙しくて出れなかった
ため、この木曜日に補講を受けることになりました。
水曜・木曜と雨が降りしきる中の授業でしたが、どうして同期
の方たちはあんなに明るく元気でいられるのだろうか、と不思
議でした。
目が違うんです。本当に輝いているんです。きっと私生活で
は辛いことも抱えている方も多いのでは、と思いますが、ここ
に来るとそんなそぶりも見せません。僕より歳下の四十代の
方が多いようですが、上は六十代の方も数名いらっしゃいます。
年齢差があってもここでは皆一つになって、キャ-キャ-、
ワイワイと賑やかにやっています。
イイ大人がまるで学生時代に戻ったように・・・・・
Commented by トミー at 2011-05-14 05:05 x
そんな中、木曜日コースのさくらちゃんが、花菜ガーデンで
入賞されたことが伝えられ、拍手喝采で授業が始まりました。
和やかな雰囲気で始まったのですが、この頃は各曜日の受
講生のなかで叱られる方が何人か出てきました。
落ち込んでいる方もいらっしゃるかと思いますが、そんなこと
気にすることはありませんよ。見込みのある方が叱られてい
るケースが多いようです。
その一人、今回「国際バラとガーデニングショウ」で特別賞を
受賞したゆっこはんも何度も何度も先生から叱られていました。
ゆっこはんは先生から才能があると認められながらも、花開く
こともなく辛い日々を送って来られました。先生が一番に賞を
取ってもらいたいと願っていた生徒です。先生も歯がゆい思い
だったに違いありません。ゆっこはんが集中したときの作品と
そうでないときの作品はまるで別人の作品のようでした。
その理由は子供さんがまだ小さいので帰宅時間を気にして集
中できなかったのです。
けれどやりました。最後まで諦めなかったゆっこはんの快挙です。
我々にはこんな素晴らしいお手本となる先輩がおります。
Commented by トミー at 2011-05-14 05:14 x
ゆっこはんの様に叱られてもめげずに頑張りましょう!
見込みがある、ということですから・・・・・
余談ですが、今回のゆっこはんの「国際バラとガーデニングショウ」
の入賞は一昔前の先生以来の快挙となります。
その当時の先生も無名の新人でマスターを取得して、わずか
一年半後のことでした。そのとき頂いたメダルのおかげで、
今日があるとのことです。
だけど先生の場合、持ち帰ったメダルを無造作にその辺に
ポイと放置していて「ほこり」だらけだった、という話はあまり
にも有名。
そしてその「ほこり」が「誇り」に変った、と・・・そこまでは言
っておりませんが・・・・どうぞゆっこはん、来年も素晴らしい
作品を国バラに出展ください。先生のように一回ぽっきりに
ならないようにお願いします。
そして今後も農園の寄せ植え担当として、よろしくお願いします。
Commented by kararifu at 2011-05-14 07:37
<博多の華様
その植物を受け入れられるのは、地域によって多少の違いがあるかも知れませんが、
私は、ちょこバナナやモノクロは、主役を引き立てる脇役よりも存在感がある『準主役』の役割を十分に担うものだと思います。
そんな花材はめったにありません。
埋もれた良い植物を・・・少しでも世に知らしめるお役に立てたら・・・と思っております。
Commented by kararifu at 2011-05-14 07:44
<とらねこ様へ
ハイ、コンテストでは主流はエレガントよりワイヤータイプのヤシファイバーになってきていますよ。
作ったその瞬間から大きい作品になっていますから・・・。
それでも、ステムの長い植物を多用するとエレガンスバスケットでもかなり大きく見えます。
今回の花菜ガーデンで1位を取られた井上さんの作品はかなり大きかったのですが、エレガンスバスケットでした。

そうですか、T先生とお会いしましたか・・・。
私も会場へ出かけると必ずどなたかとお会いしますが、今回は最終日にしかいけませんので・・・。
Commented by kararifu at 2011-05-14 07:56
<トミーさんへ
そうそう、思い出すね~。ゆっこはんはコンテナは上手なんだけど、
ハンギングは植物を詰め込み過ぎたり、どろどろに汚したり・・・枯らしたり・・・かなりのつわものでしたね~。。(爆)
Commented by ゆっこはん at 2011-05-14 09:48 x
トミーさん、温かいコメント有難うございます。
作品の出来に波があるのは、本当に恥ずかし~(^_^;)
これからも頑張らなくっちゃ!
<< 同期の桜 アトリエおだきゅう 5月9日の... >>