ケロたんの庭

やっと、昨日は国際バラとガーデニングショウに行って参りました。
最後の最後だったので、お花もだいぶ痛んでいるかなぁ~なんて覚悟をしながら・・・。
でも思ったよりは、きれいに維持されていましたよ~。

なんといってもお目当ては受講生の出展作品の見学です。
その中で、2009年ハンギングバスケットマスター講座の卒業生 羽賀直子さんのコンテストガーデンの見学も楽しみでした。『LAND H.A.G』さんは、直子さんの家業の施工会社です。
去年に続き、今年もガーデン部門B 準優秀賞を受賞されました。
タイトルは『The blessings of nature』~大自然の恵みを受けて~です。
わかりずらいと思いますが、全体像はこんな感じです。
f0054197_7585694.jpg


私は去年の作品でも登場するケロたんが再び登場しているので、勝手に「ケロたんの庭」なんて呼んじゃってます。
f0054197_7591033.jpg

↓このように『水』の提案もされて・・・
f0054197_7592645.jpg

↓細かなところに仕掛けがあり・・・
f0054197_7594169.jpg

↓一番感動したのは、階段のところの手すりや縁取りなどに裏山で取られた藤蔓を使って手作りされた所でした。その仕事の匠な事!
f0054197_80094.jpg


↓直子さんと職人さんがコンテスト前に農園に植物選びにいらしてくださいました。選んでいるのは、フォルムが面白いクレベラントセージSalvia clevelandii 。
f0054197_7583985.jpg

↓私は『コンテストでは、新しい植物も入れて目を惹かなければ・・・こんなのお勧めよ!』なんてアドバイスしながら・・・。。
f0054197_7582522.jpg

↓展示期間中は植栽の中で使われているアルスロポディウム カプチーノも、たくさん聞かれたそうです。
f0054197_8192955.jpg


これからも、直子さんの内助の功でますます会社が大きくなられる事をお祈りしています。

本日午後からは、玉川高島屋S・C コミニュティクラブたまがわ(玉川ガーデンアイランドにて)
    『植物と暮らすための園芸講座』見てもきれいなハーブ&キッチンガーデン~香って、食して、飾って楽しむ (使用器材:コンテナ)
です。
受講生はコンテストで賞を取られるような超ベテランの方から初心者の方までさまざまですが・・・楽しく講習をしてきます。


↓ばんざ~い!久々にきん太の寝姿。とうちゃんと一緒にソファーでお昼寝をしています。
f0054197_945273.jpg

お見苦しいものをお見せ致しました。m(.. )m

ランキングに参加しています。
‘ぽち’っとクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ
by kararifu | 2011-05-17 09:04 | コンテスト | Comments(5)
Commented by トミー at 2011-05-18 06:17 x
「ハンギングへの道」・・・・・実るほど頭を垂れる稲穂かな

国際バラとガーデニングショウに行ってきました。
先生の運転手として同行し、現地に3時半に着いたのですが、
運転してる途中、先生の携帯に3件の電話が入りました。
一人は養成講座受講中のキタさん(男性)から、二人目は出展して
いるK先輩(男性)から、三人目はお庭部門に出展されている羽賀
先輩から、それぞれ「何時に着きますか~」とのお電話をいただきま
した。どうも先生を待っている様子だったので、いつもよりスピード
を上げて現地へ向かうことにしました。
この日は最終日。5時までの開園なので、焦っての到着でした。
到着するやいなや、キタさん、Kさん、僕とで、ハンギングの講評
を受けましたが、時間がないために急いでの講評となってしまい、
何時間も待っていたキタさんには少し気の毒な想いでした。
さて、出展されている作品はどれもこれも素晴らしいハンギンで
したが、その中でもひと際光るゆっこはんの作品を見て感動し
ました。
本気になったときのゆっこはんの底力は恐ろしい、と思い知りました。
Commented by トミー at 2011-05-18 06:20 x
次にKさんの作品ですが、写楽の作品を多肉植物をもって
制作したものでしたが、これが非常に目立っていて、作品の
前には人だかりの状態でした。
ご本人も苦笑いしておりましが・・・約1ヶ月に及ぶ制作だけ
に魂のこもった立派な作品でした。
その他にも我教室から先輩の方々が出展されておりましたが、
みんな素敵な作品ばかりで「熱き想い」が伝わってきました。
しかし、今回、残念だったことは、我教室からの出展者が少な
かったことです。大先輩の方々の作品も見れなかったし・・・・・
ちょっと寂しい想いでした。たしかに、埼玉の所沢は少し遠いし、
今回、応募の時期が震災の影響を受けた時期とも重なってい
た、ということも理由に上がるのでしょうが、年一回の大きな祭
典だけに来年はぜひチャレンジしてほしい、とそう願っています。
Commented by トミー at 2011-05-18 06:24 x
それから我々が忘れてはならないことがあります。
どの大会でも出展されるベテランの先生方のことです。
本当にいつも頭が下がります。僕はまだ新米なので、何人も
存知あげておりませんが、そのなかでも「大賞」「最優秀賞」
を取られた先生は農園にもいらしてくださったことがある、有名
な先生です。
この方たちの努力やとりくむ姿勢は我々にはとても真似できる
ものではありません。そのことを知れは今の我々の努力なん
て・・・・・と誰もがきっと感じるでしょう。そして、そのことに気づ
かなければならないのです。
会場にいた先生を見つけ、小走りに近づき、お声をかけられる
「大賞」を取られた先生。ご自分の作品の前で謙虚に話される
その姿をみて・・・・・・「実ほど頭をたれる稲穂かな」
そんな言葉がぴったりするようなお人柄でした。
Commented by トミー at 2011-05-18 06:28 x
羽賀先輩のお庭もほんとうに素敵でした。羽賀先輩といえば
思い出すことは、ガーデナー養成講座を始め、色々な講座を
受講してくださいましたが、そのなかでもハンギングの養成講
座のときが一番印象に残っています。どの受講生よりも最後
まで残っていたことを・・・真っ暗になるまで努力をなさっていま
したね。そんな努力の姿勢が昨年、今年と受賞される結果と
なったのでしょう。
そんな羽賀先輩のお庭の前で羽賀先輩から記念写真を取ろ
うと言われ、僕とキタさんも加わり全員で「ハイ、チーズ」
としてきました。ありがとうございました。

昨日は農園にゆっこはんが来られ、昼食のとき、国バラの
作品について色々と貴重なお話を聞くことが出来ました。
養成講座のみなさん、こうやって素晴らしい先輩の方々
がこの道場にはたくさんいます。貴重な話を聞くのと聞か
ないのでは大違いです。もっとこの道場のメリットを利用
してみてはいかがでしょうか?
Commented by トミー at 2011-05-18 07:20 x
追伸
上記のコメントのなかで、最優秀賞を取られた先生と書きました
が、こちらはラウンド形のハンギングで受賞した先生のことです。
僕はこの先生のハンギングが好きで、よく参考にさせていただい
ています。
<< 玉川高島屋ガーデニング専科の講座 5月の東急セミナーBE二子玉川 >>