ハンギングバスケットマスター養成講座~水&木曜コース

風邪をひいてから10日がたちましたが、ほぼよくなりました。。今回は長くかかったなぁ~。もっと早くに医者にかかれば良かった~なんて後の祭りですが・・・。
やっと声も出て、食欲も気力も戻ってきました。これでもかっ!ってくらいたっぷり、睡眠を取りましたぞ~!

さて、ハンギングバスケットマスター養成講座~水曜、木曜コースです。代表で7名様の作品です。
○水曜コース
↓色のコンセプトがきちんとできていますね。形もだいぶ丸くなってきました。
f0054197_8243038.jpg

↓細葉で立ち性の新種アルテルナンテラ パープルソルジャーが効いています。
f0054197_826533.jpg

↓受講生はそれぞれ花材を選んでいます。とっ~ても悩み深い時間です。
f0054197_8275631.jpg

↓コリウスが印象的な作品です。
f0054197_8233872.jpg

↓いつも伸びやかな素材を使う作風ですね。
f0054197_8235435.jpg

↓枝が折れやすいリナリアアールグレイは慎重に入れました。
f0054197_8244614.jpg

↓ほおずきシューフライのブルーの花は印象的です。黒い実も絵になります。
f0054197_8253138.jpg


○木曜コース
↓いつもささっと作ってしまい、風のように去って行きます。直観力がすばらしい!長年、植物と向き合っているせいか、植物の扱いが手馴れています。
f0054197_834382.jpg

↓振り替えでいらした方です。風が通るようにふわっときれいに植え込まれています。
f0054197_8232196.jpg

↓濃い紫のサルビアを使っています。カラーリーフを多めにして、お手入れが楽なように・・・。
f0054197_8284454.jpg

↓ジニアプロフュージョンのオレンジを黒っぽいコリウスやハロラゲスで深みを出していますね。
f0054197_8371042.jpg


今年の受講生はどんだけ素直でひたむきなんでしょう!
前を向いて、きらきらと輝いた瞳。技術・知識を吸い込もうとするまるでスポンジのような無垢な心。
時にはうまく作れずに、折れそうになるときも・・・。でも仲間もみんな同じ。
夢や目標に向かって努力する姿を見ていると・・・胸がいっぱいになり、応援したくなります。
自分も受講生に負けないよう・・・日々、地道な努力を続けたい!




‘ぽち’っとクリックしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ
by kararifu | 2011-06-10 09:50 | 講習会(コンテナ・ハンギング) | Comments(3)
Commented by トミー at 2011-06-10 11:17 x
「ハンギングへの道」・・・・・白いページの中に

ハンギングバスケット養成講座も6月に入り、生徒さんの動きも
にわかに変化してきています。
というのは、気合がより一層入ってきていて、やる気に満ち溢れ
ているのがひしひしと伝わってきます。そして作品も素晴らしい
い物になってきています。
今回、僕は私用で日曜日に出れなかった為、水曜日クラスの
人達に加わって講義を受けることになりましたが、このクラス
は妙にまとまりがあって、パワーもあり、そして前向きな人が
多いのに驚きます。
世間でいうと、「イイおじさん、おばさん」と呼ばれる年齢に達
する人達なのでしょうけど、心は汚れも知らない、本当に
「純白」そのもの、そんな方々にお見受けしました。
そんな「純白」の方々に混じって、ハンギングの制作にとりか
かったのですが、哲学の小道で花材を選んでいるとき、何処
からともなく「白いページの中に」という曲が聴こえてきました。
知る人ぞ知る名曲、「柴田まゆみ」さんの曲です。井上まゆ美
さんではありませんよ。
Commented by トミー at 2011-06-10 11:23 x
だけど、どうしてあんな昔の歌が?、と考えたたのですが、
やはり水曜日クラスの方の純粋な心に触れていたからなので
しょう。
そんな訳で、よし、今日はやってみよう!苦手な白だけど兆戦
してみるぞ、といき込んでの制作となりました・・・・・・が、
結果、先生からはNGを出され、白を基調とした、海の青さを
イメージした作品は駄作の為、残念ながら、皆様にはお見せ
できませんが、しかし、このイメージというもの非常に大事な
ことなのでは、とそう思いました。
先の「花菜ガーデン」で一等賞を取られた先輩の井上幸子
さんもイメージを大事にして作られた、と聞いています。
哲学の小道でヒラメキで花材を選ばれるのも良い、と思いま
すが、我々、養成講座の人達にはまだ難しいかもしれません。
ある程度、自分はこんな作風が作りたいんだ、とイメージして
来られる方が迷いも少なく、納得される作品ができるのではな
いでしょうか。
Commented by トミー at 2011-06-10 11:27 x
さあ、受講生の中には補講を受けたい、という人が多くなって
きました。
既に補講を受けられた方も何人もいます。
正直、お金も時間もかかります。失礼な言い方ですが、殆ん
どの方が余裕のない方ばかりでないかと推測いたします。
だけど、苦しいなかでも、こうして自分に投資して、真剣に学
ぼう、というその姿勢は、その後の人生にも大きくプラスにな
っていく、と僕はそう信じています。
青春を取り戻したかの様な純白な心を持った生徒さん達です
が、ハンギングも心も、その「白いページの中に」何を描いて行
こうとするのか、今からとても楽しみです。
そして僕も負けない様、頑張りたいと思っています。
<< 初夏の白い花たち・・・入荷して... 斑入り植物祭りだ! >>