アトリエおだきゅう 13日&15日のコンテナ・ハンギング教室

今回は、『ウィンドウボックス型のコンテナに寄せ植え』です。
今までは丸か四角いコンテナは作って来ましたが、細く横長のウィンドウボックス型は初めてですね。
そもそもウインドウボックスwindowboxとは、植物を育てるために、窓の外側に置かれる容器(コンテナ)や、その下の壁面で支えるブラケット(棚受け)のことです。
窓の外からだけではなく室内から窓ごしに見ることができ、一般的なウィンドウボックスは15-20cm程度の深さなので、高く育つ植物には不向きです。英国では色鮮やかなゼラニウムや匍匐性ペチュニア、アイビー、コルジリネなどが一般的に使われています。
代表で5名様の作品です。もっと素敵な作品があったのですが、私の写真撮りが失敗しました。
↓リシマキア ボジョレー、ニコチアナ ライムグリーン、ロベリア プリンセスブルー、ロニセラ ハーレークイン、 リシマキア ミッドナイトサン 窓辺に置く場合は、このようにたっぷりと枝垂れるものを入れます。
f0054197_8582498.jpg

↓ニコチアナ ライムグリーンで上品に癒し色でまとめています。その他、遠くからでも目立つような作りにするにはコントラストのはっきりした植物を入れても良いでしょう。
f0054197_910986.jpg

↓ロニセラ ハーレークイン Lonicera periclymenum `Harlequin` スイカズラ科 落葉蔓性低木 花期:5〜9月
斑入りの葉に花はピンクと白の二色咲き。 たっぷりと枝垂れさせますと下から見たときにきれいです。
f0054197_8583915.jpg

↓こちらはラベンダー アラルディーなどのハーブを植えますとお手入れするたびに香りが立ちます。カレックスやマルバストルムで自然風に仕立てていますね。
f0054197_8585576.jpg

↓キンギョソウ ダンシングクイーン は斑入りの葉だけでも素敵です。
f0054197_859871.jpg

↓マルバストルムMalvastrum lateritium アオイ科 マルバストルム属 耐寒性多年草
花期:5〜7月 草丈:1メートル前後 サーモンピンクの可愛らしい花を匍匐して咲かせます。丈夫ですよ~。
f0054197_9275172.jpg

↓ディアネラ(キキョウラン)Dianella caerulea variegata をニューサイランの代わりに使っています。
f0054197_8593872.jpg

↓ディアネラはこんな可愛い花が咲いていますよ。
f0054197_8595330.jpg

f0054197_943397.jpg

↓アメリカヅタを枝垂れさせ、白いイメージで植えています。半八重のベゴニア フェアリーラントもこんもりしてきます。
f0054197_94486.jpg

↓リシマキア ミッドナイトサン Lysimachia 'Midnight Sun'  サクラソウ科 宿根草 花期:5〜7月 草丈:10センチ位 日当りから半日陰で適度に湿り気のある所を好み、黄色い花を咲かせます。
f0054197_941734.jpg

↓ペンタス、サルビア ローズシャンデリア、コプロスマ、フロックス、ハイビスカス ホワイトロコなどバランスよく散りばめられています。写真をクリックしますと大きな画像が見れます。
f0054197_951857.jpg


グラスファイバーで出来ているコンテナですが、幅60センチはお持ち帰りが重くて大変でしたぁ~。

さて、本日は午後から東急セミナーBE二子玉川です。
11人の方のご参加です。楽しみですよ~。。

‘ぽち’っとクリックしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ
by kararifu | 2011-06-19 09:55 | 講習会(コンテナ・ハンギング)
<< 6月の東急セミナーBE 多肉・タニク・taniku >>