昨日のハンギングバスケットマスターのレベルアップ講座

暑い、熱~い1日でした。私、甘く見てしまいました。
秋までハンギングのコンテストは無いし、暑い日ですし、連絡が来ているのが3人くらいだったので、今日は少ないぞ・・・と思ってちょっと油断してしまいまいました。
そしたら・・・来るわ、来るわ・・・あっと言う間に机が足りずに簡易テントを張る始末。。どうしちゃったの?みんな!
ちなみに昨日の農園ハウス内は50℃でした。外のテントで制作するにしても、植物選びはハウス内です。
見る見る汗が噴出して、眼に入って痛いです。こりゃ、ハチ巻きと着替えが必要じゃ~!

今回は観葉植物で作られた作品をピックアップしました。代表で3名の方です。
↓フォルム、テクスチャーが際立って美しいです。スリットバスケット(SLT25)で作られていますが、十分ですね。
f0054197_82602.jpg

↓暑い中でもガリガリ君を食べて、元気満々!笑顔が眩しい!
f0054197_8291595.jpg

↓レックスベゴニアの美しい葉がうまく活かされています。葉だけでも十分、美しいですねっ。おまけに花柄摘みも要らない。
f0054197_8264010.jpg

↓ラセンイのくるくるした線が動きを出して面白いですね~。
f0054197_8304562.jpg

↓人気のレックスベゴニアエスカルゴやスパティフィラムをミカニアデンタータで引き立てています。
f0054197_8254191.jpg

今週中に机とテントを追加しますから、次回からは万全の体制でお待ちしていますね。

さて、昨日のお勧め品です。

↓スカエボラ サマージュエル イエローダイヤモンド・・・クサトベラ科 スカエボラ属  半耐寒性匍匐性多年草 花期:春~秋
f0054197_8192815.jpg

↓ブルー、ホワイト、ピンクなどがありますが、こんなオフホワイト色は珍しい!
f0054197_820520.jpg

↓トロピカルビンカ レイ・・・キョウチクトウ科 ニチニチソウ属 一年草. 花期:初夏~初秋.
赤みのあるサーモンピンクに黒目がポイントです。
f0054197_8214249.jpg

↓千日小鈴A.porrigens 'Sennichi-Kosuzu'・・・ヒユ科 非耐寒性多年草 梅雨や真夏の炎天下でも次々と咲き続けられ、春から秋へと長く花が楽しめます。手間がほとんどかからないのも魅力の一つ。
f0054197_8242463.jpg

↓多肉植物 斑入りハオルチア・・・半透明な感じとロゼット状の草姿で緑にオフホワイトの斑入りで涼しそうです。斑の入り方は固体差があります。
f0054197_8202410.jpg

↓カラマツソウの花が咲きましたよ。大株にすると見事です。
f0054197_821568.jpg

↓ストロビランテスStrobiranthes dyerianus・・・キツネノマゴ科 ストロビランテス属 常緑亜低木(草質) 紅紫色のメタリックな感じが不思議な質感です。葉裏は暗い紫色をしています。基本的に日当たりが好きですが、夏場は強い太陽光を避けて半日陰くらいに置いてください。
f0054197_8231798.jpg

↓スコッチシダNephrolepis exaltata 'Scottii'・・・タマシダ科 ネフロレピス属・非耐寒性常緑多年草 草丈:15~25cm モコモコとした感じが、他のシダ類と大きく異なり面白い。
f0054197_8235026.jpg


今夜も、市場に引き荷に行きます。入荷予定のものはマルバ モスカータアルバ、アルソビア ディアンテフロラとエキナセアとギボシの小葉系の各種が入ります。お楽しみに!


‘ぽち’っとクリックしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ
by kararifu | 2011-06-29 10:13 | 講習会(コンテナ・ハンギング)
<< 挨拶がいいと・・・ 玉川高島屋ガーデニングクラブと... >>