アトリエおだきゅう 7月6日のハンギング講座

暑い日でも、カルチャーの教室は涼しく快適ですねっ!
無機質な教室の中は観葉植物でいっぱいになり、癒されます。
毎年、夏になるとお休みになるマダ~ムたちがお留守ですので、今回の参加者5人全員の作品をUPします。

↓ピンクのレックスベゴニアがきれいに映えていますね。とてもお急ぎでしたけれど、ササッと作られて風のように去って行かれました。
f0054197_1016035.jpg

↓ベテランの方が多いクラスですので、皆さん、手早いです。
f0054197_10181115.jpg

↓紫のストロビランデスとピンクの斑入りトラディスカンチアが、テーマがはっきりしていて素敵でした。
f0054197_10165417.jpg

↓中央に、スイカの柄をしたペペロミアが入っているのがユニークですね!
f0054197_10174428.jpg

↓今回は、いつもと配置を変えての挑戦でしたので、少してこずりましたが、さすが!最後はうまくまとめましたね。
f0054197_10163595.jpg

↓シッサス ディスカラーがたっぷり枝垂れていて、裏地が紫な所が赤いレックスエゴニアを引き立てています。
f0054197_10171428.jpg

↓ホヤリップカラーのつややかで厚い葉や、アスパラガスのふわふわした葉、ペペロミア プティオラータの硬質な葉など質感の変化が出てきましたね。
f0054197_10154372.jpg

↓ペペロミア プティオラータは茎も赤くて楽しいですよ。
f0054197_10593492.jpg

↓写真の失敗ですが、実物はスゴイ素敵でした。。
f0054197_10161894.jpg


○お知らせ
現ハンギングバスケットマスター養成講座 日・水・木コース&マスタークラス卒業生、マスターの為の講座受講生の皆様へ
日頃、「なかなか横の繋がりがありません!」とのリクエストに答えまして、 懇親会を致します。
活躍中の諸先輩たちの貴重なご経験談なども聞かれると思いますので、奮ってご参加くださいませ。

期日:7月17日(日)午後6時~8時まで
場所:仲町台中華料理店 
費用:飲み・食べ放題で3000円ぽっきり
ご連絡はこちらまで

‘ぽち’っとクリックしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ
by kararifu | 2011-07-07 11:27 | 講習会(コンテナ・ハンギング) | Comments(5)
Commented by トミー at 2011-07-07 11:52 x
「ハンギングへの道草」・・・・・・裸の大将

ぼ、ぼくはおむすびが大好きなんだなぁ~
お、おむすびは、人の心を幸せにするし、
へ、へたなハンギングでも、わ、笑ったりしないんだなぁ~

ひぇ~、暑い、とにかく暑い。
こんなバカなことでも言ってないと、やってられないぜ!
な~んてことを一人言いながら、ランニング姿となり、コン
ビニで買ったおむすびを方手に、ハンギングを見つめてい
ました。
先日、養成講座日曜クラスで僕は、その日ハンギングが作
れずに途中で終わってしまいました。
行き詰まった、というより、この暑さで、集中できないのです。
いつも人のことを煽ってばかりいる僕なのに、自分はどうか、
というと、ただの根性なし、でくのぼう、ハリボテ、塩の入って
いないおむすび・・・・その他色々
と、いう感じがします。で、少し反省して昼休みに自分のハン
ギングを見つめ直すことにしました。
しかし、このランニング姿が悪いのか、ハンギングを見れば
見るほど、山下清画伯を思い出してしまうのです・・・
Commented by トミー at 2011-07-07 12:00 x
その昔・・・「ロッテ歌のアルバム」というTV番組があった
のですが、その時、観覧席に座っていた山下画伯を司会
者の玉置さんだったか?が見つけ、インタビューをしてい
ました。
「なんと会場に山下画伯がお見えになっています」
「少しお話を伺ってみましょう」
「山下さんは歌手でどなたがお好きですか?」と尋ねると、
山下画伯は「そ、それは人に、よ、よりきりじゃないですか?」
と言い、司会者は「・・・?」「それでは西郷輝彦さんの歌にま
いりましょうか! 君だけを」・・・
てな具合にやりとりしていて、唖然としたことがありました。
これ、本当の話です。ただ、西郷さんの歌だったかどうか忘
れましたが・・・・
Commented by トミー at 2011-07-07 12:04 x
そういえば西郷さん、どうして「星のフラメンコ」ばかり歌って
るんでしょうか?他にも名曲はたくさんあるのに・・・
他の唄もナツメロで歌ってほしいな・・・
僕は映画にもなった「涙をありがとう」という曲が好き・・・
あの詩はたしか一般公募で選ばれた詞だったな・・・
この唄は実のお兄さんを鹿児島の海で亡くしたときの
唄だったよな・・・
「初恋によろしく」という曲・・・ぶっ、恥かしくなるよ・・・
女子と手を繋いで踊ったフォークダンス・・・思い出すな・・・
「マイムマイム」の後だったっけ?・・・

あっ! もう、もうダメ!この様に集中できず、頭のなかで
は色んなことが走馬灯のようにめぐってくる。
ハンギングどころではない!もう、今日はやめたっ!!
きっと、この暑さとランニング姿が悪いんだ、と思い、シャツ
を羽織って、おむすびをポイと捨てた・・・・・
そんなそんな昨日の昼でした。
Commented by トミー at 2011-07-07 12:09 x
山下画伯といえば、貼り絵が有名ですが、この細かい作業
を淡々とやってのけるところが凄いと思います。
風景、自然をテーマにしたものが多いようですが、そのなか
でも、花火や花の絵を作品として数多く残しています。
花火の作品のなかには花火が動いて見えるものもあります。
そう見えるのは僕だけでしょうか?
また花の作品のなかにも、まるで生きているかのような作品
もあります。「百合」という作品がそうです。そう見えるのは
僕だけでしょうか?
その他にも気づいたのですが、先日、遠近法の話をしまし
たが、花火は花火同士が重なることだけで遠近感が出てい
ます。また「百合」という作品は、色彩遠近法による効果で、
百合がまるで額縁から飛び出るような勢いを感じます。
先日の国バラで入賞した「ゆっこはん」の様な作品です。
何はともあれ、山下画伯という人は本当に自然を愛し、
その自然を自分の目で忠実に捉えた作品が多いですね。
そこには、やさしさやおもいやり、といった「心」を感じます。
この心がないと、ハンギングも上手にならないかもしれません。
Commented by トミー at 2011-07-07 12:13 x
ところで、山下画伯が生きていたら、僕の作ったハンギング
を絵にしてくれるでしょうか? 
きっと{おむすび100個食べさせてくれたら作れるかもしれ
ないなぁ~」なんて言われるかもしれませんね。
さあ、静かな闘志を抱く日曜クラスの人達のハンギングも
急激に伸びていっています。
危うしトミー、皆さんに遅れないよう、これからも頑張って
ついていきたいと思います。
<< 今回もアトリエおだきゅう木曜ハ... すがすがしい気持ちに・・・! >>