今度は、フレンチスタイル

昨日は、玉川高島屋のガーデンアイランドにある玉川ガーデニングクラブの講習会でした。
前回の東急セミナーBEと同じ鉢を使って行いました。
東急セミナーBEでも丈のある植物を使った「イングリッシュスタイル」と低いものを使ってドーム状に作る「フレンチスタイル」のお話をしたのですが、何故かBEでは「イングリッシュスタイル」ばかりでした。
玉川ガーデニングクラブでは「フレンチスタイル」の方ばかりでしたので、違いが分かり面白かったですね。

↓こんもりとドーム状に作るのがコツです。
f0054197_84462.jpg

↓フレンチスタイルでは外側から規則正しく植え込んで行きます。ミニハボタン、ヨコハマセレクションビオラ、絵になるパンジー、イベリス キャンディタフト、アイビー タイニーフェザー、ベアグラス。
f0054197_7273742.jpg

↓この方は、印象的な絵になるパンジーを中心に入れました。
f0054197_7283579.jpg


↓こちらは、ミニハボタンとジュリアンを使って、初雪カズラやシロタエギク、イベリスを散らしています。
f0054197_7281696.jpg

↓どの方向から見ても同じように見栄えがします。
f0054197_7285666.jpg

↓ブラックルシアンの仲間のミニハボタンがニュアンスがあってとても素敵でした。
f0054197_750990.jpg


本日は、アトリエおだきゅうのコンテナ・ハンギングの講座があります。
そこで、日本農業新聞の取材があります。農園と講習風景を取材したい・・との申し込みが入ったのですが・・・「農業新聞・・・」って言うところが、なんだか私らしくて笑っちゃいました。

ランキングに参加しています。
‘ぽち’っとクリックしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ


河野自然園Staff Blog
スタッフの目線から農園の日々を綴ります
by kararifu | 2011-12-21 08:19 | 講習会(コンテナ・ハンギング) | Comments(2)
Commented by とらねこ at 2011-12-21 10:39 x
 フラワーアレンジでパリで流行っているブーケも同じようなぎゅっと丸く作るスタイルをEテレでやっていました。
寄せ植えも「イングリッシュスタイル」「フレンチスタイル」とあるのですね〜 勉強になりました。

 先日、認定書が届きました。あんな立派なカバー付きで。トミーさんのコメントにあったようにこれからなんだ!と実感です!

 農業新聞、取っています! 掲載される日を教えてくださいね!
Commented by kararifu at 2011-12-21 23:19
<とらねこ様
いつもどっちが好き?と聞くと、「イングリッシュスタイル」のほうが多いかなぁ。
本日も、10人のうち、2人が「フレンチスタイル」でした。

ハンギングバスケットマスター合格おめでとうございます。
いよいよこれからですね。精進してください。

えっ!農業新聞、取ってるんですか!?めったに見れないと思っていたのですが・・・。
さすが○カタのタネですねっ!
<< 芸術的です!ヨコハマセレクショ... やられたなっ!(号泣) >>