冬の庭の魅せ方

22日の遠足の続きです。
ガーデンカフェ「ひとやすみの庭」を尋ねた後は、仙石原の「星の王子様ミュージアム」に行きました。
ここは吉谷桂子さんが手がけるお庭です。
どのお庭でも素敵にお花が咲き乱れる春よりも、真夏や厳冬期の過酷な条件の時にどんな魅せ方をするかが私は一番見たいポイントでした。

↓まず入ったばかりのところで目を惹いたのは線の植物(アコルス黄金、コクリュウ)とヒューケラなどの植栽です。
f0054197_6143249.jpg

↓イヌツゲ ゴールデンジェムとイレックス・サニーフォスター、クリームイエローのパンジー、冬知らずなどの同系色の中に補色のブルーのビオラが入っていました。
f0054197_6164854.jpg

↓次にイワガラミを高さのある壷に入れて壁に這わしています。背景がいいと蔓だけでも素敵ですね。
f0054197_5531319.jpg

↓寒さよけの為に巻いた「わらボッチ」・・・いえミュージアムでは「わらドレス」と呼んでいるそうです。ちゃんと松ぼっくりでおしゃれしています。
f0054197_6111511.jpg

↓花を付けたままのノリウツギの末枯れた姿が味わいがあります。
f0054197_6114715.jpg

↓ネコヤナギやサンゴミズキを支柱として飾ったコンテナは立体的になり、そこにオーナメントを添えて楽しく・・・。
f0054197_6334474.jpg

↓紅葉したヒューケラが味わいを増しています。
f0054197_5563635.jpg


いたるところに松ぼっくりが飾られていました。
↓茎に付けて空間を演出する・・・。
f0054197_5543265.jpg

↓落葉したアジサイの株もとにも松ぼっくりを置いています。
f0054197_5561014.jpg

↓これなら寂しくないですよね。耐寒性のあるカルーナとともに・・・。
f0054197_6121755.jpg

↓寂しくなりがちな落葉樹のハンカチの木に付けて修景しています。
f0054197_6134227.jpg

↓このようなオーナメントも・・・
f0054197_5533044.jpg

f0054197_5534869.jpg


↓こちらは、フランス庭園の中央にあるクリスマスツリー。色を使い過ぎないところが大人っぽくて素敵!ライトアップしたらきれいでしょうね~。
私がもう少し若かったら・・・こんなところでクリスマスデートをしたいなっ!今は~さぶい!(爆)
f0054197_55487.jpg

↓雰囲気のあるカップにはミセバヤがそのまま末枯れて残してありました。株もとには冬至芽が出て可愛い!赤いグラスボールが彩っています。
f0054197_5545458.jpg

↓つげのトピアリー(スタンダード仕立て)にも赤いグラスボールがクリスマスカラーとして活躍していました。
f0054197_55252100.jpg

↓フランスの街並みを模した通りです。シンメトリーにコンテナが配してあります。
f0054197_5551759.jpg

↓紅葉したアイビーもシックでいいですね。
f0054197_5554311.jpg


過酷な寒冷地での植栽にご苦労も多いかと思います。
植栽する現場ひとつひとつがみんな違いますので私も勉強して行きます。

本日も午後から3つ目の旭区の地域緑化の打ち合わせに参ります。
スタッフは29日までですが、私は暮れからお正月にかけて、ほぼ農園におります。

ランキングに参加しています。
‘ぽち’っとクリックしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ

↓スタッフブログも見てね!
河野自然園Staff Blog
スタッフの目線から農園の日々を綴ります
by kararifu | 2011-12-27 08:15 | 生産者訪問
<< アトリエおだきゅう 12月21... やっぱりMr.ダンディ! >>