新潟らん展冬の寄せ植え&ハンギングバスケットコンテスト結果①

昨日、新潟らん展コンテスト審査から戻って参りました。

今回のコンテストは・・・
真冬の新潟で、高額の賞金と副賞・・・今までになく、画期的なものでした。

「寄せ植えもハンギングもバトルロイヤル!」なので両方合わせた作品の中から審査されます。
応募総数の約7割がコンテナ、3割がハンギングでした。

今回の大賞50万円の作品は・・・コンテナから出ましたが、各部門の優秀賞も凄いです!

まずはハンギング部門から・・・

↓優秀賞・・・賞状、副賞 咲花温泉「望川閣」ペア宿泊券
f0054197_196393.jpg

↓準優秀賞・・・賞状、副賞 阿賀野市産コシヒカリ30K
f0054197_1982880.jpg

↓サントピアワールド特別賞・・・賞状、副賞特選「安田ヨーグルト」ギフトセット
f0054197_19133584.jpg


以下は順不同で、入賞作品です。
f0054197_1952082.jpg
f0054197_1952298.jpg
f0054197_1953514.jpg
f0054197_19533757.jpg


賞には入らなかったけれど・・・
私が良いと思った作品です。
↓背景も素晴らしく、良くまとまった作品でした。フォーカルポイントのプリムラがどのような変化を遂げるでしょうか・・・。
f0054197_204786.jpg

↓正面からも横からも完璧なフォルムでした。しっかり植えこんでいる事も好感が持てましたが、暖かい室内でハボタンの姿が変わらない事を祈ります。
f0054197_2055956.jpg

↓ステンドグラス風の背景と観葉植物が素敵にマッチしていました。上部の密度が少し足りないのが惜しかったと思います。
f0054197_2074239.jpg


普段コンテストに出展する方々の産みの親として・・・
今回はとても考えさせられるものでした。

まず、どの視点で審査をするのか・・・
審査当日なのか・・・はたまた20日近い展示の期間中でも、美しさを保てるものか・・・

展示室は、10~15℃のガラスハウス内で、晴れた日は20℃近く上がる日もある・・・との環境下で・・・
どれだけ使った植物が変化するものなのか・・・

何より一番の衝撃は・・・
ハンギングで、普段私が良くないと思っている作り方が、他の審査員の方は、点数を入れておられたこと。。

言い方を変えれば、ジャンルの違う方から見れば、私が良いと思っていたものは・・・
違う・・・と言う事でもあります。

当たり前の事ですが、審査とは、自分だけの思いではない・・・と言う事・・・。

今回、このコンテストの審査員として参加させていただいて、とてもよかった事は・・・
堅い頭をもっと自由に・・・もっと個性にあふれた作品を模索していきたい・・・
との思いがふつふつと沸いて来た事です。

素晴らしい審査員の方々の中で、私は末席を汚すものですが・・・大変刺激を頂き、勉強をさせて頂きました。

そして、これだけの賞金や副賞を出してくださったコンテスト主催者の方々に心より御礼を申し上げたいと思いました。

なぜなら・・・コンテストに参加する方々は・・・
計り知れない時間と、お金と、精力を使って出展しているのですから・・・
その方々の努力が報われるよう
これからも、このようなコンテストがあちこちで開催される事を願ってやみません・・・

次は寄せ植え部門につづく・・・



↓こちらでも好評販売中!
ネットショップ 球根屋さん.com


↓農園スタッフブログも更新中!
f0054197_12005000.gif





‘ぽち’っとクリックしていただけると励みになります。
人気ブログランキングへ



by kararifu | 2015-02-12 20:30 | コンテスト
<< 新潟らん展冬の寄せ植え&ハンギ... 2月のアトリエおだきゅうハンギ... >>