ナチュラルガーデンにはエキナセアはいかが?

最近はエキナセア・プルプレアだけでなく多品種が出回るようになりました。私は基本的に宿根草では植えっ放しで丈夫なもの=耐寒・耐暑性のあるものが好きです。
エキナセアとはキク科ムラサキバレンギク属(エキナセア属)の多年草で原産地は北アメリカです。 草丈は品種によって40~100センチ、開花時期は6~10月です。花の形が独特で、花の芯が盛り上がり、バトミントンの羽根のように下垂します。
先住民のインディアンが健康維持のための薬用植物として古くから用いていたといわれ、根茎には免疫力を高める作用があります。
↓こんなイギリスの庭を夢見て庭作りをしています。
f0054197_14503156.jpg

↓エキナセア プルプレア(Echinacea purpurea)和名を紫馬簾菊(ムラサキバレンギク)という。
f0054197_14564843.jpg

↓エキナセア ココナッツライム珍しい八重咲き品種。中心がグリーンがかって癒される色です。グリーン好きの方にはお勧めの最新品種。
f0054197_14555523.jpg

↓エキナセア サンダウン 花弁の下垂が少ない品種で深いオレンジ色の最新花。
f0054197_14532475.jpg

↓エキナセア ハーベストムーン  ヘレニュームにも似るが丈夫で一度植えると数年は放置出来る。
f0054197_1454637.jpg

↓エキナセア アバランチェ 株張りが良く、コンパクトにまとまる白花品種。
f0054197_14543882.jpg

↓エキナセア ルビージャイアント 花茎がしっかりしていて花弁の下垂が少ないやさしいピンク色。
f0054197_15115628.jpg

↓エキナセア ピンクダブルデライト 珍しい八重咲き品種。草丈40~50センチとコンパクトタイプで、コンテナにも向く。
f0054197_14521248.jpg

by kararifu | 2008-01-13 15:40 | 農園 | Comments(0)
<< アトリエおだきゅう趣味のコンテ... 桐生ビオラ~パリュール >>