アグリス成城の8月の講座

アグリス成城の講座は多肉植物のリースです。リースの作り方には2通りありまして、多肉植物をカットして挿し芽する方法と、苗を植え込んで行く方法です。今回は暑い時期ですから、苗を植え込んで作っています。
↓大きな薄紫のエケベリアはパールフォンニュルンベルグ。シルバーブルーのぷくぷくはクラバツム。粉の吹いているブルーグレーのグリニー。斑入りのクラッスラ火祭り錦。黒っぽいつやのある葉っぱはリンダウィンザー。それにセダムコーラルカーペット、斑入りオノマンネングサが入っています。
f0054197_10185274.jpg
f0054197_10191065.jpg
f0054197_10184163.jpg

作ったばかりはぱっとしませんが、1週間位、横に寝かせて日陰の風通しの良い所で養生すると苗が落ち着いて来ます。また、セダムがしっかりとリースになじんで来ますと良い感じになります。形が崩れるくらいにそれぞれが伸びてきたら地際からカットして、挿し芽しましょう。

オリンピックには毎日感動を与えてもらってます。気力も体力も4年間には変化があるはずです。選手は4年の間にどれだけの努力と苦悩があったことでしょうか・・・。そして選手を支える周りの人々の力も・・・。
庭が無い私にとっての4年後の姿は想像がつきませんが、200坪の実験農園と200坪のハウスで、とにかく地道にコツコツと勉強して行きます。好きな植物と共に生きて行けることに感謝をしつつ・・・。
by kararifu | 2008-08-17 11:15 | 講習会(コンテナ・ハンギング) | Comments(0)
<< スイセンのコンテナ植え 生産者まわり >>