カテゴリ:コンテスト( 86 )

南大沢ハンギングバスケットコンテスト

昨日27日に行ってきました。一昨日と昨日は強い雨と風にさらされ、しかも撮影当日はハレーションでとても醜い写真になってしまいました。このような写真では作品のイメージを崩しかねないと思いましたが、入賞者の作品と私が気になった作品をご報告させて頂きます。(どうかお許しを・・・!綺麗な写真を頂けましたら差し替えます。)賞のあとのコメントは、審査員講評です。カッコ内のつぶやきは私です。

<一般の部>
↓八王子市長賞・・・ボリューム感があり、悪天候の中でも生き生きとしてとても良い作品である。マスターに匹敵する実力がある作品。(エレガントバスケットよりも一回り大きいサイズのスリットバスケットを使っていました。これからコンテストではこのサイズが主流になる予感です。)
f0054197_23575557.jpg

↓日本ハンギングバスケット協会理事長賞・・・全体的に渋いトーンの中で落ち着きがあり、カラーリーフの使い方が素晴らしい。特にヒューケラの存在感が生きる。(2009年度農園木曜コース波戸岡受講生作品~ヒューケラとペチュニアのベインが絶妙でしたね。)
f0054197_23571175.jpg

↓財団法人八王子市学園都市文化ふれあい財団理事長賞・・・1つの植物にしぼり、さまざまな色合いを集めた事が評価される。色合いが美しい。(微妙な色のオステオスペルマムの色使いが素敵!)
f0054197_23555936.jpg

↓優秀賞・・・柔らかい流れが演出され、春らしい季節感を演出している。(2009年度農園木曜コース高田受講生作品~バスケットのプロポーションが美しく出来ましたね。)
f0054197_23565953.jpg

↓優秀賞・・・優しい花色でまとめている中、カラーリーフがうまく主張している作品である。葉の大小・形がおもしろいが、あえて言うとプラティーナがデザインを乱しているかも・・・。(2009年度農園水曜コース佐々木受講生作品~中心のネメシアや主役のオステオスペルマムが終わってしまい残念ですが、良く根付いている所が評価されたのだと思います。)
f0054197_23553148.jpg


<マスターの部>
↓八王子市長賞・・・絶妙なカラーコーディネイトが目を引く作品。特にハニーサックルが作品に動きを出し、春の季節感をリズミカルに演出している。(2008年度アトリエおだきゅうコースにてマスター取得佐久間受講生~本当にスマン!です。写真が下手過ぎ。実物は動きがあって素敵ですよ。)
f0054197_230064.jpg

↓英国王立園芸協会日本支部賞・・・今後注目されるリーガーベゴニアを使用して、植え込み過ぎずに上品な作品にまとまっている。(リーガーベゴニアとオレガノの色調がとても癒されるとともに華やかさも備えていますね。)
f0054197_0214797.jpg

↓誠文堂新光社「フローリスト賞」・・・カラーリーフをうまく使い、メインのナスタチウムの色が活かされ、雨天の際でも映える作品である。(ビビットなナスタチウムの色を緩和させるヒューケラの使い方が上手ですね~。)
f0054197_23582285.jpg

↓優秀賞・・・同系色でまとめている中に光と陰を利用した明暗の演出が上手である。(2008年度モリーズガーデンマスターコース斉藤卒業生~下に使っているのはルブスですね。ヒューケラや黒葉のカラーリーフも良く集めました。)
f0054197_23585018.jpg

↓優秀賞・・・ブルーのグラデーションを組み合わせた中にライム系のカラーリーフを大小取り込んで美しくまとまっている。(中心の八重ペチュニアが咲き揃ったら、見事でしょうね。バスケットのフォルムも丸くきれいです。)
f0054197_1281242.jpg

↓優秀賞・・・春の柔らかさを演出して花の大小の大きさを上手に組み合わせ、ふんわりと綺麗にまとまっている。(2008年度モリーズガーデンマスターコース田中卒業生~誰もが目を引いた美しいバスケットのフォルム。残念ながら写真はピンボケ!ごめんなさい。)
f0054197_041621.jpg



ここからは賞には入っていませんが、気になる作品です。
↓ヒューケラとペチュニアの配置・色使いが素晴らしいと思います。バスケットのフォルムも丸く美しいです。
f0054197_23561382.jpg

↓流木をあしらって、テクニックの感じられる作品ですね。
f0054197_06289.jpg

↓シンプルですが、基本がしっかりしていると思います。
f0054197_23554135.jpg

↓ペチュニアの作品が多い中で目だってましたよ~。
f0054197_23562463.jpg


去年までは、「春の南大沢コンテストに出しましょう!」とは受講生に言った事がありませんでした。私自身も忙しくて見に行く事さえも出来ませんでした。でも今年はとにかく他の方の素晴らしい作品を見て、刺激を受けるのも良い経験と思い、出展をお勧めしました。結果、たまたま6人の方が入賞しましたが、私の指導も含め、まだまだ未熟で勉強しなければならない事がたくさんあります。ハンギングは本当に深いですね。
by kararifu | 2009-04-28 03:20 | コンテスト | Comments(2)

大船植物園のハンギングコンテスト

今年のハンギングコースの生徒さんが3人入賞との連絡が入りました。
ノリの良いアトリエおだきゅうチームです。大船のコンテストは出品しますと、ほとんど一席・二席は独占です。どんな大会でも一席を取るのは大変な事です。
良く、養生して南大沢のリベンジをしましたね。おめでとうございました。ここの大会は賞品が良いので嬉しいですね~。♪

↓一席
f0054197_20154946.jpg

↓2席
f0054197_2016128.jpg

↓入賞
f0054197_20153830.jpg

↓それで、またまたノリの良いおだきゅうの生徒さんたちと講習のあと、慰労会を致しました。場所は、多国籍料理の「リバーサイゴン」・・・アトリエおだきゅうの教室から徒歩1分です。ボリュームもあり、お味も良く、たらふく食べてもお値段お手ごろでしたよ。
写真は顔があんまり分らないようにちっちゃく載せました。
f0054197_2029691.jpg

by kararifu | 2008-11-06 20:36 | コンテスト | Comments(2)

日の目を見なかったもう一つのハンギング

これも生徒さんの南大沢出品予定だった予備の作品でした。
これをボツにするには、あまりにもったいなくて・・・せめてこのブログで皆さんに見て頂きたくてUPしました。
本当にハンギングは初めての方ばかりでしたのに・・・ここまで上達するとは・・・感無量です。

f0054197_20253927.jpg

f0054197_20261100.jpg
f0054197_20255012.jpg

f0054197_20262573.jpg

by kararifu | 2008-10-09 20:32 | コンテスト | Comments(4)

2008年南大沢のコンテストが終わって・・・生徒さんの作品

南大沢のコンテストも終わり静けさを取り戻した頃・・・やっとUPする事が出来ました。(なんと!遅レス!タイミング後手後手!)仕事の忙しさもあったのですが、何せ私の撮った写真があまりに酷かったので、写真をお借りするのに時間がかかりました。それでも上からの3作品は私の撮った写真です。ごめんなさい。・・・せっかくの作品が台無しです。
↓静岡から通ってくださった男性の作品です。今回の作品はとても出来が良かったと思います。知り合いのいくつかのブログの中で好きな作品として載っていたのを目撃しています。
f0054197_4351519.jpg

↓色を使い過ぎず、イソギクとジニア リネアリスが生きていますね。中央のファトスヘデラもポイントになってふんわり丸く出来ています。
f0054197_19415216.jpg

↓こちらは入賞作品です。写真写りが酷いのですが実物は緻密なテクニックが感じられます。
マスター専門講座ではないアトリエおだきゅうの教室からは初入賞です。
f0054197_1941529.jpg

★ここからは頂いた写真でUPしています。
↓いつもモクモクと授業を受けていました。卒業する頃にはしっかりとした眼になって・・・成長した姿に感動しています。
f0054197_4202090.jpg

↓山梨からでは無く、静岡の間違いです。通ってくださいました。アカバセンニチコウやメギの銅葉が、渋好みの作品です。
f0054197_4395625.jpg


↓いつも素敵な作品を作り続けていた感性は非凡なものが・・・でも予備の作品のほうがさらに良かったかも。
f0054197_19403185.jpg

↓白い八重のペチュニアを中心にリーフ使いが素晴らしいです。フォルムも素敵。玄関先に飾って置きたいNO1です。今年はグリーンアドバイザーも取りました。
f0054197_19521487.jpg

↓秋の香りのする華やかな作品ですね。パンジー・ビオラしか育てた事の無い方が・・・良くここまで作れるようになりました。
f0054197_19401056.jpg

↓丸くきれいに良く根付いていたのですが・・・出品前に壊してしまうと言うアクシデントが・・・。
予備の作品も素敵でしたのに・・・。
f0054197_40321.jpg

↓とても華やかな秋らしい作品でした。スロースターターでしたが、後半はかなり目の色が違ってきました。上を目指してさらに努力しましょう。貴方なら出来ます。
f0054197_1940431.jpg

↓予備に作った作品を提出したほうが良かったと思います。選択ミスですね。
でもいつも前向きに頑張る姿勢は他の人への影響力大でした。
f0054197_3592827.jpg

↓こちらも予備の作品のほうが良かったと思います。残念。
ですが、このような歳の重ね方をしたいと思える・・・目標となる人格の方でした。
f0054197_4491281.jpg

↓講座の後半からググ~ンと伸びてきました。やはり予備の作品を出したほうが良かったですね。まだまだ若いのでこれからの成長が楽しみです。
f0054197_3594721.jpg

↓小さいお子さんを抱え、お仕事をし、許された時間のなかで最善を尽くされました。
お若いので、これからますます磨きをかけてください。
f0054197_359167.jpg


今年の入賞作品はすでにあちこちのネットなどで発表されていますので、ここでは私の生後さんの作品に焦点を絞りました。去年の入賞4名に対して今年は1名でした。それはデザインは素敵なのですが、良く根付いていない作品が多かった事です。考え過ぎてしまって直前までいじってしまった事が根付いていない作品になってしまったと思います。
また、予備の作品のほうが良かったと思う人が4人位いました。それも含めて試験の勉強ですね。去年もこの大会で選択ミスをして入賞しなかった人がリベンジし、日比谷のコンテストで銅賞をもらった人がいます。私は今年の生徒さんはデザイン的なセンスややる気などは昨年よりはむしろ上だと思っています。
ほとんどがハンギングを作った事の無かった生徒さんの苦闘と成長の姿は・・・真近で見る私が一番刺激を受け感動させて頂きました。
生徒さんの頑張りに恥じないように・・・私ももっともっと精進したいと思います。
本当にお疲れ様でした。
by kararifu | 2008-10-08 07:06 | コンテスト | Comments(0)

今日はとっても嬉しいことが・・・。

今年のハンギングマスタークラスの生徒さんが日比谷のコンテストで銅賞を頂きました。
これは大変なことです。並み居るマスターが応募する中で、まだマスターにもなっていない人が銅賞を頂くなんて・・・。並大抵の努力ではなかったと思います。
この生徒さんはマスター講座の期間中、ずっと順調に伸びて行って、おそらく南大沢では入賞圏内だなぁ~なんて思っていたのですが・・・ちょっとした出品選択ミスで選には漏れました。他にも予備の作品を2個も作っていたのですが・・・。
当然、本人もいたく落胆したことでしょう。でも彼女はリベンジしました。南大沢で出す予備の作品を手直してがんばったのです。疲れたでしょうし、ほっとしたことでしょう。

f0054197_22182149.jpg

これで今年のマスター試験を受けた人10人の中で南大沢コンテスト4人入賞、日比谷コンテスト1人入賞です。皆さんの頑張りには感動を頂きました。

また、来年3月から「井上まゆ美のハンギングバスケットマスター養成講座」がスタートします。
少人数制ですので、ご興味のある方はご予約くださいませ。(マスター試験を受けない方でもOKです。)
by kararifu | 2007-10-20 22:19 | コンテスト | Comments(4)

みんな頑張りました~。

2007年度秋の南大沢のハンギングバスケットコンテスト結果が出ました。
うちのハンギングバスケットマスターコースの生徒さんの作品です。
今、思い出すと・・・初めて教室にやって来た時のくちゃくちゃな作品からは想像出来ない進歩です。良くぞここまで・・・。(うるうる・・・)
すべての方に、まずは今年の暑さの中で一生懸命努力された事をねぎらいたいと思います。
10個の賞のうち、4個を頂きましたので今年は良く健闘したと思います。
でも賞はあくまで参考程度・・・賞に入っていない作品の中にもキラッと光る素晴らしいものがたくさんありました。
ベースはお教え致しましたので、これからは自分なりの個性を磨いて、ますます精進してください。応援しております。
(これから先、教室を開くための花材・資材などのバックアップは卒業後も致します。)

↓最優秀賞(農園コース 中川様)
f0054197_19292170.jpg

↓特別賞 ハンギングバスケット協会理事長賞(農園コース 金子様)
f0054197_19305116.jpg

↓特別賞 ラフェット多摩南大沢賞(モリーズガーデンコース 森谷様)
f0054197_1932914.jpg

↓特別賞 イトーヨーカドー南大沢店 店長賞(モリースガーデンコース 篠崎様)
f0054197_19332673.jpg

by kararifu | 2007-09-28 20:30 | コンテスト | Comments(2)