<   2007年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧

贅沢なチューリップ

一粒で2度美味しい!・・・なんて昔キャッチコピーがあったような。チューリップも1球で2度、3度オイシイものがあります。と言っても決して食べてはいけません。
↓ハッピーゼネレーション・・・コロンとした花に白地に赤の模様、はっきりとした白い斑入り葉。
絵袋の写真よりも実物のほうがずっとチャーミングな子でした。
f0054197_20391453.jpg

↓クールクリスタル・・・フリンジ咲きでありながら八重咲きは欲張りです。!
f0054197_20441725.jpg

↓チャイナタウン・・ヴィリディフローラの微妙な色がシャープなユリ咲きをエレガントにしています。白の縁取り葉が、花の無い時でも楽しめました。
f0054197_21564466.jpg

f0054197_2157541.jpg

by kararifu | 2007-08-31 22:08 | 球根&球根苗 | Comments(0)

今、ユリが熱い!

ユリの世界に足を踏み入れると・・・これがまた深い!私はまだほんの入り口に立ったばかりだけれど、その魅力にハマりだしている。年々好みは変わってくるけれど、まずは今年農園で咲いたものから。
↓エロディー・・・スカシユリの八重咲き品種。中輪系の枝咲きでソフトなピンクが邪魔にならない。
f0054197_18492832.jpg

↓ランディーニ・・・これは文句無く黒いです。チョコレートブラックのスカシユリ。
f0054197_18504775.jpg

↓ブラックビューティーLilium 'Black Beauty'・・・ブラックと言うほど黒くは無いけれど、くるりんと丸まった系が私は結構好きです。
f0054197_1844714.jpg

↓ヘンリーLilium henryi・・・黄鹿の子ユリ。
f0054197_18452888.jpg

↓スイートサレンダーSweetSurrender・・・とにかく多花性。株に目一杯小ぶりな花を付けます。
f0054197_18463037.jpg

↓シトロネラ・・・コオニユリ交配種Lilium 'Citronella'
f0054197_18482897.jpg

↓みやび・・・妙齢の淑女がお好きそうな色です。ちょっと目を引くおしゃれなテッポウユリ。
f0054197_18544767.jpg

↓番外編 国際バラとガーデニングショウの吉谷さんのブースで見たニンフ・・・圧倒的なエレガントさ。さすがOT百合。今年球根屋さん.comでも販売します。
f0054197_198116.jpg

by kararifu | 2007-08-30 20:19 | 球根&球根苗 | Comments(0)

怒涛の更新・・・固め打ち

ミニミニスイセンの中でペチコートスイセンと言うのがあります。その特徴は花弁が非常に小さく、副冠が大きく漏斗状に発達したものです。
このジャンルが好きな方・・・結構多いです。葉は細く草丈は10~20cm、可憐で思わず頬ずりしたくなるようなスイセンです。
↓初雪・・・薄い紙細工のような質感です。
f0054197_10262749.jpg

f0054197_10265979.jpg

↓アルビザイニカス・・・淡いレモンエロー
f0054197_10431695.jpg

↓ゴールデンベル・・・黄色系の中では大輪です。
f0054197_1044944.jpg

↓ちっちゃいので、こんな遊びも・・・でも群植すると壮観です。
f0054197_10442938.jpg


今年も球根屋さん.comで販売します。
by kararifu | 2007-08-29 10:48 | 球根&球根苗 | Comments(0)

アラビアンミステリー

私がかつてチューリップの中で一番最初に気に入ったのがこのアラビアンミステリーでした。ですから以来毎年欠かさず植えるチューリップの一つです。名前のごとく、ミステリアスなお色のチューリップです。
f0054197_0361957.jpg

↓手前の線の葉はダッチアイリスです。メインの花に紗を掛けるようにして返って印象付ける植え方です。
f0054197_0363860.jpg

↓こちらはホーランドプリンセスに紗をかけました。ぷは~、これはちょっとうっとおしいぞ~(>_<)
f0054197_0582055.jpg

↓農園の晩春の風景です。アストランティアAstrantia major にホルデューム シュバツムHordeum jubatum (タータンムギ)で紗を掛けたところ・・・このように細くしなやかな素材が向いていますね。
f0054197_142327.jpg

by kararifu | 2007-08-29 01:32 | 球根&球根苗 | Comments(0)

華やかなスイセンが好きな方に・・・

毎年定番で特に珍しいものではないのですが、やっぱり華やかさがあるのです。
↓レプリート Replete 4W-P
ホワイトとピンクの副冠が優雅でしょ。
f0054197_045538.jpg

↓ホワイトライオンWhite Lion 4W-WYY 
これはまた、純白花弁にレモンエローの副冠がさわやか~。
f0054197_083347.jpg

↓プレコーシャスPrecocious2W-P
オレンジがかったピンクのフリフリカップが華やか~ん!
f0054197_0202734.jpg

by kararifu | 2007-08-29 00:28 | 球根&球根苗 | Comments(0)

ジュノーアイリス

アイリス ブカリカIris bucharica 
アイリスには根茎で増える宿根草タイプと、球根で増えるタイプがありますが、このブカリカ種は、多肉質の根と球根の両方を持つ中間的な性質であり、園芸分類的にはジュノーアイリス(Juno Iris)とも呼ばれています。
f0054197_8404488.jpg

葉は多肉質で照りがあり、左右対称に広げる面白い種類です。草丈:20~30cm前後
f0054197_8413733.jpg

草丈が低いのでコンテナにもぴったりです。株分けは秋に行い、根が太いことから堀上げせずに植えっぱなしが適している球根です。
by kararifu | 2007-08-28 08:53 | 球根&球根苗 | Comments(0)

今年の球根選びの参考に・・・ムスカリ編

ムスカリは葡萄のような壷状の小花を着け、寄せ植えでも花壇でも脇役として無くてはならない存在です。寒さに強くて耐病性もあり、一度植えれば3~5年は植えっ放しで良く増えます。
↓こんなふうに私はよくハンギングの横植えに使います。
f0054197_91234.jpg

↓、ビオラ、ラミウム、トリフォリウム、シレネスワンウィングなどたっぷり植えた吊り下げ型のハンギングの中に、隠し玉として上部にはスイセンのベルソング、横にはムスカリを入れました。
f0054197_904025.jpg

↓ムスカリ(ベレバリア)パラドクサム・・・とてもシックな群青色のムスカリです。近年ムスカリ属の見直しが行われたようで、ベレバリア・パラドクサと呼ばれることもあります。
草丈25~30cmと普通のものに比べて大型です。
f0054197_913230.jpg

↓ベレバリア グリーンパール・・・グリーンのムスカリとして近年出回るようになりました。グリーンは主張せずに癒されます。
f0054197_92117.jpg

↓ムスカリ レディーブルー・・・去年の新発売品種です。上から下へとだんだん色が濃くなり、透き通るような美しさです。
f0054197_922899.jpg

by kararifu | 2007-08-27 09:44 | 球根&球根苗 | Comments(0)

球根と共に植えたいお勧めの植物1

今日は主役のチューリップなどの球根類と共に植えたい脇役の小花系の紹介です。写真はすべて農園で植えっぱなしで育てたものです。
↓ベロニカ 'オックスフォードブルー'Veronica peduncularis 'Oxford Blue' ゴマノハグサ科 花期:4~5月 耐寒性常緑多年草
小さなブルーの小花が株を覆うように咲きます。葉は寒さに当たるとブロンズ色に紅葉し、お庭のアクセントになります。
f0054197_2313477.jpg

↓ペンステモン'ハスカーレッド'Penstemon digitalis 'Husker Red'  ゴマノハグサ科 花期:5~6月 草丈;1m 耐寒耐暑性:強 
濃い赤紫色の葉が淡い色の花を引き締め、コントラストがとても美しい。
f0054197_23153132.jpg

↓セリンセ マヨールCerinthe major 'purpurascens'  ムラサキ科 耐寒性1年草 ベルのような個性的な花もさることながら、灰青緑色の葉も不規則な白っぽい斑が入り美しい。こぼれダネでも良く増えます。
f0054197_23173039.jpg

↓アジュガチョコレートチップAjuga tenorii ‘Chocolate Chip’ シソ科,匍匐性常緑多年草 花期:4~6月 草丈:10cm 耐寒性:強 
アジュガの中では小型種で株が密に茂り、花付き良 い。グランドカバーにお勧め。
f0054197_23184565.jpg

↓黒花フウロ Geranium phaeum var. phaeum 花期:5~6月    草丈:50cm 耐寒性:強 フウロソウの中でも一番黒に近い花で丈夫。株分けで容易に殖やせます。
f0054197_2320597.jpg

↓ブルンネラ'ジャックフロスト'Brunnera macrophylla 'Jack Frost'
ムラサキ科 耐寒性多年草 花期:3~6月 草丈:60cm位 春に水色のワスレナグサに似た花を咲かせシルバーの葉とのコントラストが美しい。半日陰のほうが葉焼けしなくて良い。
f0054197_23265784.jpg


これらの植物は9月下旬より球根屋さん.comにて予約を開始致します。秋植え球根と共に植えて春には美しい球根ガーデンを作りましょう。
by kararifu | 2007-08-27 00:20 | 球根&球根苗 | Comments(0)

人気のスイセン

スイセンは毎年人気が高まっています。何故って・・・年々色々な品種が流通するようになり、1年草扱いの球根と違って毎年咲いてくれて、3年くらいは放任でも大丈夫なのでお得感があるからかしらん。
私も最近はめっきりスイセンの魅力にハマって、『日本水仙協会』なんぞにも入っています。
↓球根屋さん.comで一番の売れ筋はなんと言ってもピンクパラソルですね。フリフリのピンクのラッパがとてもエレガントです。
f0054197_3421454.jpg

↓お次はタリアです。単植でも寄せ植えでもオールマイティの使いやすさ。後ろに控えているのはバイモユリで、葉先がくるりんちょと丸まっているところが大好きなので良く使います。フリチラリアの仲間では断然強くて失敗が無いのも魅力です。
f0054197_3481747.jpg

↓そうそう、フィデリティーもちかごろ人気です。ごく淡いレモンエローに最初は黄色のラッパがだんだん淡いサーモンオレンジに変わるのです。(左が咲き始めのラッパの色です。)なんか、面白いでしょ?
f0054197_40116.jpg

by kararifu | 2007-08-26 04:02 | 球根&球根苗 | Comments(0)

今年の球根選びの参考に・・・ダッチアイリス編

このダッチアイリスIris hollandica hybridsは球根アイリスとも呼ばれ、草丈は60~80cmとすっきりとした立ち姿です。細い葉は線の代わりに使えて繊細な感じを与えます。
球根は草丈のわりには小さくて、群植すると見ごたえがあり、植えっぱなしでとても丈夫です。
↓シルバービューティーは花壇を明るく彩ります。
f0054197_19734.jpg

↓シックなオータムプリンセスは白いアスチルベやフロックス クリームブリュレと合わせて植えました。
f0054197_1101893.jpg

↓オリエンタルビューティーは2年前にハマった品種です。
f0054197_1121649.jpg

↓このようにアリウム ギガンチウムと一緒に植えました。
f0054197_1133229.jpg

↓これはアポロと言う品種です。淡いイエローが上品です。
f0054197_123291.jpg

このほか、白、黄色、紫色などの品種があります。
毎年花壇に必ず植える球根の一つです。今年は白っぽいのを植えようかしら・・・。
by kararifu | 2007-08-26 01:42 | 球根&球根苗 | Comments(0)