<   2009年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧

仲町台第2圃場のスイセンが咲いて来ました。

いよいよ咲いて来ました。球根のシーズン突入です。スイセンはこれから時間差で咲いて来ますし、チューリップは中旬頃が見ごろでしょう。この圃場では主に球根と宿根草のテスト栽培を行っています。
f0054197_23421154.jpg

↓去年の1番人気・・・バタフライ咲き‘センターニース’
f0054197_23412753.jpg

↓フリルの縁取りが可愛い‘ルーレット’
f0054197_23413740.jpg

↓ラッパがシャープな満開の‘エクセプション’
f0054197_23414718.jpg
f0054197_23415877.jpg

↓一番人気の‘サヒタ’
f0054197_23422430.jpg

↓柔らかなアプリコット色のラッパが優しげです。
f0054197_23564231.jpg

↓カップの大きい‘ラスベガス’
f0054197_23423999.jpg

↓‘トロピカルサンセット’
f0054197_2343331.jpg

↓これから宿根草も咲いて来て地肌が見えなくなります。
f0054197_23431777.jpg

↓チューリップやフリチラリア、アリウムなどもぐんぐん葉が展開して来ました。
f0054197_23432836.jpg

↓スイセン畑もこれからまだまだ・・・。
f0054197_23434499.jpg


この仲町台第2圃場も鴨志田の農園から少しづつ移行して1年目ですのでまだまだですが、来年か再来年がバラも咲いて来て少しづつ良くなる事でしょう。
by kararifu | 2009-03-30 00:33 | 球根&球根苗

アトリエおだきゅう3月のコンテナ・ハンギング講座2

3月18日に行った『クレマチスをコンテナで楽しむ』講座です。この日はおバカな私はSDカードを忘れ・・・あわててアシスタントSのデジカメを借りての撮影でした。
↓いつもこんな感じに・・・狭い教室ですので申し訳なく思っています。
f0054197_19321113.jpg

↓今回は台付きの藤バスケットに常緑のクレマチス マルモラリア ペトリエイ C. petrieixC. marmorariaを枝垂れさせて使いました。普通のクレマチスのようにぐんぐん伸びないので、コンテナやハンギングに使い易いです。代表で4名様の作品。
f0054197_19305761.jpg

↓ニューサイラン チョコレートクッキー、原種プリムラ シネンシス、フォックスリータイム、斑入りオステオスペルマム、ヒューケラ、ネメシアと色をホワイトとチョコレート色に絞って、マルモラリア ペトリエイのグリーンを引き立てています。
f0054197_19301517.jpg

↓こちらは黄色のオステオスペルマムにリシマキアイエローボールを入れて黄色系の同系色でまとめています。イエローボールの花が咲いたら可愛いです。
f0054197_1933098.jpg

↓淡い中間色のオステオスペルマムが柔らかさを出しています。
f0054197_19311420.jpg

↓右側のラミウムとピンクのネメシアが挿し色になって春らしさを演出しています。
f0054197_19312725.jpg

by kararifu | 2009-03-29 20:49 | 講習会(コンテナ・ハンギング)

いよいよどんどん咲き始めましたん。

ここのところ、少し疲労が溜まって、UPをさぼってしまいました。逆にネタがどんどん溜まってアセっています。出来るだけ怒涛の更新をしたいと思っています。
↓バビアナ ピグメアの大輪の花。アッツ桜 キュートとともに寄せ植えしました。
f0054197_8363393.jpg

↓淡いレモンイエローと中心の黒目が素敵です。
f0054197_8422919.jpg

↓アッツ桜 ルビーの輝きはシックな赤とキュっと締まった小ぶりの八重が可愛い。一緒に植わっているのはイエロークローバーとセダム デジフィルム。
f0054197_8424453.jpg

↓春咲きグラジオラス トリステスはグリーンを帯びたミステリアスカラー。
f0054197_830465.jpg

↓新色のヒヤシンス アメジストはとても好きな色。トリフォリウムレペンスとともにブリキの器で。
f0054197_8431352.jpg

↓プスキュニア リバノチカ アルバは小さくて可愛ので小ぶりのトロフィー型器で群植です。黄金葉のルブス サンシャインスプレンダーが枝垂れて来ます。
f0054197_830699.jpg

↓スイセン ティタティタは草丈が低く、小ぶりなのでコンテナで使い易い。
f0054197_8432927.jpg

↓チオノドクサChionodoxa luciliae ピンクは丈夫で植えっ放しでOKです。実際はもう少しピンク色。
f0054197_8295271.jpg

↓チオノドクサ ホワイトをアカエナとともに。
f0054197_8301997.jpg

↓チオノドクサ ブルーは花びらの先がすがすがしい。
f0054197_8303368.jpg

↓オーニソガラム ヌタンス。草丈は25センチ位。
f0054197_8291935.jpg

↓花の中のグリーンのラインが私好み。丈夫で群植したい植物の一つです。
f0054197_8332036.jpg


先日は、創作和食所『カルタ』で慰労会でした。私は素晴らしいスタッフやボランティアさんに支えられてここまでお仕事をさせて頂いてきました。メンバーには日々感謝の気持ちでいっぱいです。
by kararifu | 2009-03-28 09:27 | 球根&球根苗

美しい葉のヒューケラやティアレラが入荷しました。

造園や講習で使う、大好きなヒューケラがたくさん入荷しました。勿論球根屋さん.comでも販売致します。
↓ヒューケラ バースデーケーキ
f0054197_8434575.jpg

↓ティラミス
f0054197_8554111.jpg

↓ボジョレー
f0054197_8443140.jpg

↓レーブオン
f0054197_8455045.jpg

↓ピノグリ
f0054197_8452068.jpg

↓ファンタンゴ
f0054197_8435747.jpg

↓ミラクル
f0054197_8441775.jpg

↓ハリウッド
f0054197_8453335.jpg

↓ピーチフランバ
f0054197_8461854.jpg

↓シナバーシルバー
f0054197_8464134.jpg

↓オブシディアン
f0054197_8465445.jpg

↓バリ
f0054197_8471637.jpg

↓サザンコンフォート
f0054197_8472950.jpg

↓ティアレラ ブラックスノーフレーク
f0054197_847448.jpg

↓ティアレラ キモノ
f0054197_8494840.jpg


昨日は、『花ぐらし』の撮影がありました。本来は以前施工をさせて頂いたお庭をお借りしての撮影予定でしたが、雨の為、急遽農園ハウスで行いました。農園は持ち運びがない分楽なのですが、背景にいつも苦労します。ボードや布を買いに行ったり、既存の塀にペンキを塗ったりして何とか9割は終了しました。鉢に色を塗る人、寄せ植えの制作、撮影の手伝いと・・・ウチのスタッフは本当にキビキビと良く動き、素晴らしいチームワークです。今回撮影された球根の寄せ植えは『花ぐらし』秋号の掲載になります。
by kararifu | 2009-03-26 09:29 | ヒューケラ

おめでとうWBC・・・世界一!

<お前たちは・・・本当に強いサムライになった!>原監督の言葉に思わず涙がポロリと・・・。カッコ良すぎ!イチローさんも最後にやってくれちゃいましたね~。笑顔が眩しかった~。ほっとしたでしょう。良かった、本当に良かった。。
さてと、気分も良く、行きますよ~ん。昨日入荷の植物です。
↓アッツザクラ ルビーの輝きRhodohypoxis baueri・・・キンバイザサ科 ロードヒポキシス属 1cmほどの小ぶりな濃い紅色の八重咲き花。
f0054197_21553514.jpg

↓濃色梅花カラマツソウAnemonella thalictroides・・・キンポウゲ科 耐寒性多年草 耐寒性多年草 淡桃色の花びらが可憐な山野草。
f0054197_21584915.jpg

↓エビネランCalanthe discolor.・・・ラン科エビネ属 とても変異の多い花で、自生地は低い山地の薄暗いところなのでシェードガーデンにお勧めです。
f0054197_222103.jpg

↓ヒメフウロソウGeranium robertianum・・・フウロソウ科 オランダフウロソウ属 耐寒性宿根草 姫フウロソウと名付けられていますが、フウロソウ(Geranium)の仲間ではありません。本来のヒメフウロソウ(Geranium robertianum、別名「シオヤキソウ」は、日本原産で別種。
f0054197_21562939.jpg

↓カナダオダマキ カメリオAquilegia ・・・この色は珍しくシック。
f0054197_21574169.jpg

↓エンジ色にクリームイエローの2色咲きです。
f0054197_2158093.jpg

↓デュランタ 浜娘Duranta erecta 'Hamamusume' ・・・クマツヅラ科 デュランタ属 花付きの良いラベンダーブルーの花と明るいライムグリーンの葉が美しい品種。
f0054197_21572676.jpg

↓ヴィオラ・ペダタ(大輪トリアシスミレ)Viola pedata・・・ スミレ科 スミレ属 葉が細かく裂けていて鳥の足のように見えることからつけられた名前
f0054197_21554658.jpg

↓大輪ネメシア3種Nemesia ・・・ゴマノハグサ科 ネメシア属 ちょっとシックな色目です。ハンギングや寄せ植えの脇役に花期が長く使い易い。
f0054197_21582325.jpg

f0054197_2203085.jpg

f0054197_2201017.jpg

↓スチリヂウム(トリガープランツ)Triggerplants・・・虫が花にふれると雌蘂が動き、虫の体に花粉をつけ虫に花粉を運んでもらうようになっている。ツマヨウジなどで触ると面白い。
f0054197_21555837.jpg

↓宿根センニチコウGomphrena globosa ・・・ヒユ科 センニチコウ属 丸い白い花がユニークで銅葉の葉色のコントラストが美しい。
f0054197_21561016.jpg

↓ロベリア・アナベルライラック.・・・横に広がるタイプでライラックのやさしい色合いはハンギングや寄せ植えに使い易い。
f0054197_21565832.jpg

by kararifu | 2009-03-25 00:47 | 農園

クレマチスなど入荷しています。

さ~てと。WBCもカッツコ良く勝ったし、気分良く行きましょう。
ヘレボルスのシーズンも終わり、クレマチスの季節がやって来ました。
毎度、好きな品種は変わらないのですが、今年のニューフェイスも徐々に登場します。
↓クレマチス モンタナ `フレッダ' Clematis montana 'Freda' -・・・ モンタナ系統の中では、一番に濃いピンク色で葉も銅葉色です。
f0054197_8355273.jpg
f0054197_8361690.jpg

↓クレマチス モンタナ ‘グリーンアイズ’ Clematis montana ‘Green Eise’ ・・・花の中央が淡いグリーンを帯 びる。八重咲き。
f0054197_8363616.jpg

↓クレマチス カリシナClematis calycina・・・花の内側には、紫がかった濃赤色の斑点があり、花もちも良い。
f0054197_8342042.jpg

↓クレマチス‘ 日枝’・・・ シルホサ系 カリシナの枝代わり品種で、カリシナよりも斑点が多いです。冬の葉は銅葉色になり常緑です。
f0054197_834760.jpg

↓ハニーサックル オーレオレティキュラータ(ゴールデンハニーサックル)・・・スイカズラ科 スイカズラ属
ハニーサックルの中では葉を楽しむ品種です。
f0054197_8343290.jpg

↓以下は各種エオニマス4品種が入荷です。ニシキギ科 ニシキギ属 常緑低木
f0054197_834463.jpg
f0054197_835188.jpg
f0054197_8351930.jpg
f0054197_8353660.jpg


↓ラシラスLathyrus2品種 ・・・マメ科 多年草のスイトピーです。
f0054197_83335100.jpg

f0054197_8335712.jpg

↓宿根ゲラニウム・マクロリズムGeranium macrorrhizum ・・・香りゲラニウムとして出回っています。
葉に香りがあると言いますが、良い香りかどうかは?
f0054197_8334528.jpg


本日は、明日の撮影の準備で1日追われます。明日のお天気は大丈夫でしょうか?
by kararifu | 2009-03-24 09:18 | クレマチス

第2回実践おやじの為の野菜塾

1回目も2回目もお天気には恵まれず、今にも雨が降りそうな強風吹きすさぶ寒い1日でした。でも受講生は元気に農園にやって来ました。収穫祭はきっと楽しいメンバーでしょうね~。
↓第2圃場に集まり、節子先生から今日はカブの種まきのコツなどの説明です。
f0054197_7301481.jpg

↓コツは堆肥を入れないそうです。入れる時はかなり前に少しだけで、これは化成の7号を撒いているところです。
f0054197_7293447.jpg

↓土をさくった反対側の土を被せ、踏んで下を硬くします。踏んだ後、水を掛けて3日後にカブの種まきをすると上手に出来るそうです。
f0054197_7292161.jpg

↓このように2週間前に受講生が撒いたコマツナやホウレンソウが芽を出して来ました。種まきは彼岸過ぎがちょうど良く、早く蒔く時はマルチングをし、春はなるべく薄く蒔くのが良いそうです。
f0054197_7303071.jpg


↓農園ハウスの横に移り、道具の説明です。これは竹箕(たけみ)・・・竹製てみで、農作物を選別したり運んだりするのに昔から使われている手編みの作業道具です。竹の皮が付いているものは雨に当てなければ丈夫で長持ちし、しなるそうです。マンノウは4本刃が使い易いとの事。
f0054197_7294517.jpg

↓さて堆肥の作り方の実習です。
f0054197_7295982.jpg

↓石灰窒素、米ぬか、油かす、木屑、落ち葉、野菜くずなどを混ぜ、半年寝かせます。
f0054197_7332174.jpg

↓このように堆肥置き場に少しづつ積み、水を掛けながら踏むと醗酵が早いとの事。
f0054197_7334818.jpg



↓ちょっといっぷく。宇宙人のおめめ。
f0054197_7384332.jpg

↓グリーンのカラーコンタクト?
f0054197_7385677.jpg

by kararifu | 2009-03-23 08:25 | 講習会(コンテナ・ハンギング)

たくさんの球根が芽吹いてきました。

農園の圃場にはたくさんの球根が植えられています。開花時期にはお花見が出来そうです。
コンテナの秋植え球根たちもぐんぐん芽を伸ばし、これからどんどん変化する楽しみが待っています。
↓ストロベリーポットに植えた斑入り葉のチューリップ。
f0054197_7383182.jpg

↓ユーカリの足元に植えたあったミニハボタンも手直しされてシブく春モード。
f0054197_7384842.jpg

↓これから美しい葉のヒューケラが活躍する季節です。
f0054197_739282.jpg

↓アクチノタス フェアリーホワイトが入荷しました。ビロードのようなシルバーリーフで、寄せ植えしやすいサイズです。
f0054197_738385.jpg

↓リクニスコロナリアlychnis coronaria・・・ナデシコ科センノウ属の耐寒性宿根草 オキュラータとカーマインレッドの2種が入荷です。オキュラータは白い花の中心がピンクで気温が高くなると白くなります。
f0054197_7391716.jpg

f0054197_738158.jpg

↓リクニスフロスククリLychnis flos-cuculi ・・・ナデシコ科 センノウ属 花期:5~6月 切れ込みの入った星型の花をたくさん咲かせます。ホワイトとピンクの2色。
f0054197_8171966.jpg

↓ディアレマ プルケリマムDierama pulcherrimum・・・アヤメ科 常緑耐寒性多年草 原産:南アフリカ 開花期:5~7月  天使の釣竿とも呼ばれ、ススキのような葉から伸びる茎にローズピンクの花を弓なりに吊り下げます。
f0054197_817329.jpg

↓ネコになりたい・・・私です。少しお疲れモード。
f0054197_7411485.jpg

by kararifu | 2009-03-22 08:36 | 球根&球根苗

農園のオープンディ

いやぁ~、昨日のWBCの韓国戦は良かった、良かった。ずっと負けていたのに、良く肝心の時に勝ちましたね。気迫がチャンスを導くのでしょうか・・・。そうやって苦労して勝った時には本当に勇気を与えられますね。
そんな訳で昨日の午後からは、朝からの大雨も急速に回復し、韓国戦も無事勝利し、暑いハウスの中でも来客はゆっくりとくつろいでくださいました。
↓ベースの葉物を残し、四季折々と花ものだけを変えて長く楽しむコンテナです。
f0054197_7511534.jpg

↓農園ハウスの入り口にある多肉のタワーコンテナです。隙間にセダムが繁茂してきたら完成です。
f0054197_74611100.jpg

↓ハウス内にはいたる所に寄せ植えが置いてあります。
f0054197_7483550.jpg

↓入荷したユーフォルビア バローシルバーEuphorbia characias‘Burrow Silver' ・・・ トウダイグサ科 耐寒性常緑多年草 カラシアスの斑入り品種で、成長はゆっくりです。
f0054197_7473424.jpg

↓ゲラニウム ダークレイダー・・・切れ込みのある紫がかった葉が美しい。
f0054197_7474697.jpg

↓ホワイトのアグロステンマAgrostemma githago・・・ナデシコ科アグロステンマ属 1~2年草
f0054197_804274.jpg

↓咲いて来ました。華奢な趣きのヘリオフィラHeliophila longifolia・・・アブラナ科 耐寒性1年草 
f0054197_7463177.jpg

↓原種フリージア ライヒトリニー Freesia refracta var. leichtlinii・・・アヤメ科 南アフリカ原産の球根植物。オフホワイトの地に黄色がポイントとして入り、咲き始めはほんのりピンク。
f0054197_7464534.jpg

↓プスキニア リバノチカ アルバPuschkinia scilloides var.libanotica・・・房咲きの小型の花。 群植すると可愛いです。
f0054197_7561435.jpg

↓ミニアイリス ナターシャ・・・ミニアイリスの中では白っぽい。
f0054197_74721100.jpg

↓ムスカリ ボトリオイデスアルバ・・・細長く華奢な花が脇役として使い易いです。こちらも群植したいですね。
f0054197_74804.jpg


これだけ暖かくなって来ますと、白やブルーのお花がとても爽やかに感じますね。
これから農園ハウスに向います。
by kararifu | 2009-03-21 08:56 | 農園

農園の講習会

今日も暑い1日でしたね。農園ハウスはまたもや気温がぐんぐん上がり30度以上ありました。もうTシャツでも良いくらいです。
明日は少し涼しくなりそうですのでセールとしては良かったですわん。
↓こちらは農園『癒しの講座』の生徒さんの作品です。ハンギングは2回目で初めて作られたミニハボタンのハンギングのリフォームにいらっしゃいました。シックですよね~。
f0054197_21445099.jpg

↓こちらの方は鉢と多肉植物「パールフォンニュルンベルグ」をお持ちになって作られました。とっても主役が生きていますね。
f0054197_2145982.jpg

↓ここからは『ハンギングバスケットマスター養成講座農園水曜コース』です。実技は器材の貼り方のコツから始めます。
f0054197_2146959.jpg

↓第1回目の講義は土についてです。すべて見ただけで、答えられるように指導しています。
f0054197_21492997.jpg

↓ですのでこうして何人かは写真を撮っておられました。皆んな、真剣です。作品は暗くなってしまって撮影できませんでした。
f0054197_21501294.jpg

ここからは農園にある多肉の寄せ植えです。何人かのスタッフが作っています。
↓ニワトリのワイヤーカゴにセンペルビブムと若緑、火祭り、金卵、ゴールドモスなど。
f0054197_21573211.jpg

↓ブリキの器にセンペルビブムが楽しいですね。
f0054197_2224148.jpg

↓こちらは七福神が主役で濃い赤はカクレイ。右側手前はロスラリア プラティフィラ。
f0054197_222572.jpg

↓ちっちゃいテラコッタにも合いますね。
f0054197_21575311.jpg

↓アンティーク風アイアンのトロフィーポット。小さいですが重厚感があります。
f0054197_21584538.jpg

↓反対側から見たところ・・・どこから見ても素敵でしょ?
f0054197_2158930.jpg

↓胡蝶の舞錦の花が伸びて面白いですね。
f0054197_21582589.jpg


明日とあさっては農園のセールです。次回は6月ですのでぜひお越しくださいね。
お待ちしております。
by kararifu | 2009-03-19 22:40 | 講習会(コンテナ・ハンギング)