<   2009年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧

モリーズガーデン 4月の講座

毎月末の火曜日はモリーズガーデンのガーデニング定期講座に行きます。午前と午後の部があり、カリキュラムの中で年に2~3回はこのハンギングバスケット壁掛けの講座です。今日も久々のハンギング講座で、生徒さんも初めての方や久しぶりなので教えた事を忘れていらっしゃる方も多いです。でも何とか形に出来ました。見てください。代表で6名様の作品です。
↓ペチュニア、ネメシア、ヒューケラ、オレアリア、マトリカリア、ベアグラス、ビンカ、ブラキカム、リシマキア ヌンムラリア。
f0054197_21462681.jpg

↓ホワイトリーフのセントーレアと細葉のヘリクリサム、イソトマ、オレガノが入っています。
f0054197_21463924.jpg

↓白花ブルーデージー、カレックス、アメリカンブルー、銅葉クローバー、ヘンリーヅタ、ロータス、ブラキカム。
f0054197_21453510.jpg

↓ジニアプロフュージョン、コリウス、ファトスヘデラなど。
f0054197_21454617.jpg

↓トップはリナリア リップルストーン。
f0054197_21461370.jpg

↓ブルーの小花はミヤマホタルカズラ。
f0054197_21465690.jpg


明日は相模原市橋本のルーフバルコニーの施工です。あっと言う間に月末ですね。早いな。
by kararifu | 2009-04-28 22:33 | 講習会(コンテナ・ハンギング) | Comments(2)

南大沢ハンギングバスケットコンテスト

昨日27日に行ってきました。一昨日と昨日は強い雨と風にさらされ、しかも撮影当日はハレーションでとても醜い写真になってしまいました。このような写真では作品のイメージを崩しかねないと思いましたが、入賞者の作品と私が気になった作品をご報告させて頂きます。(どうかお許しを・・・!綺麗な写真を頂けましたら差し替えます。)賞のあとのコメントは、審査員講評です。カッコ内のつぶやきは私です。

<一般の部>
↓八王子市長賞・・・ボリューム感があり、悪天候の中でも生き生きとしてとても良い作品である。マスターに匹敵する実力がある作品。(エレガントバスケットよりも一回り大きいサイズのスリットバスケットを使っていました。これからコンテストではこのサイズが主流になる予感です。)
f0054197_23575557.jpg

↓日本ハンギングバスケット協会理事長賞・・・全体的に渋いトーンの中で落ち着きがあり、カラーリーフの使い方が素晴らしい。特にヒューケラの存在感が生きる。(2009年度農園木曜コース波戸岡受講生作品~ヒューケラとペチュニアのベインが絶妙でしたね。)
f0054197_23571175.jpg

↓財団法人八王子市学園都市文化ふれあい財団理事長賞・・・1つの植物にしぼり、さまざまな色合いを集めた事が評価される。色合いが美しい。(微妙な色のオステオスペルマムの色使いが素敵!)
f0054197_23555936.jpg

↓優秀賞・・・柔らかい流れが演出され、春らしい季節感を演出している。(2009年度農園木曜コース高田受講生作品~バスケットのプロポーションが美しく出来ましたね。)
f0054197_23565953.jpg

↓優秀賞・・・優しい花色でまとめている中、カラーリーフがうまく主張している作品である。葉の大小・形がおもしろいが、あえて言うとプラティーナがデザインを乱しているかも・・・。(2009年度農園水曜コース佐々木受講生作品~中心のネメシアや主役のオステオスペルマムが終わってしまい残念ですが、良く根付いている所が評価されたのだと思います。)
f0054197_23553148.jpg


<マスターの部>
↓八王子市長賞・・・絶妙なカラーコーディネイトが目を引く作品。特にハニーサックルが作品に動きを出し、春の季節感をリズミカルに演出している。(2008年度アトリエおだきゅうコースにてマスター取得佐久間受講生~本当にスマン!です。写真が下手過ぎ。実物は動きがあって素敵ですよ。)
f0054197_230064.jpg

↓英国王立園芸協会日本支部賞・・・今後注目されるリーガーベゴニアを使用して、植え込み過ぎずに上品な作品にまとまっている。(リーガーベゴニアとオレガノの色調がとても癒されるとともに華やかさも備えていますね。)
f0054197_0214797.jpg

↓誠文堂新光社「フローリスト賞」・・・カラーリーフをうまく使い、メインのナスタチウムの色が活かされ、雨天の際でも映える作品である。(ビビットなナスタチウムの色を緩和させるヒューケラの使い方が上手ですね~。)
f0054197_23582285.jpg

↓優秀賞・・・同系色でまとめている中に光と陰を利用した明暗の演出が上手である。(2008年度モリーズガーデンマスターコース斉藤卒業生~下に使っているのはルブスですね。ヒューケラや黒葉のカラーリーフも良く集めました。)
f0054197_23585018.jpg

↓優秀賞・・・ブルーのグラデーションを組み合わせた中にライム系のカラーリーフを大小取り込んで美しくまとまっている。(中心の八重ペチュニアが咲き揃ったら、見事でしょうね。バスケットのフォルムも丸くきれいです。)
f0054197_1281242.jpg

↓優秀賞・・・春の柔らかさを演出して花の大小の大きさを上手に組み合わせ、ふんわりと綺麗にまとまっている。(2008年度モリーズガーデンマスターコース田中卒業生~誰もが目を引いた美しいバスケットのフォルム。残念ながら写真はピンボケ!ごめんなさい。)
f0054197_041621.jpg



ここからは賞には入っていませんが、気になる作品です。
↓ヒューケラとペチュニアの配置・色使いが素晴らしいと思います。バスケットのフォルムも丸く美しいです。
f0054197_23561382.jpg

↓流木をあしらって、テクニックの感じられる作品ですね。
f0054197_06289.jpg

↓シンプルですが、基本がしっかりしていると思います。
f0054197_23554135.jpg

↓ペチュニアの作品が多い中で目だってましたよ~。
f0054197_23562463.jpg


去年までは、「春の南大沢コンテストに出しましょう!」とは受講生に言った事がありませんでした。私自身も忙しくて見に行く事さえも出来ませんでした。でも今年はとにかく他の方の素晴らしい作品を見て、刺激を受けるのも良い経験と思い、出展をお勧めしました。結果、たまたま6人の方が入賞しましたが、私の指導も含め、まだまだ未熟で勉強しなければならない事がたくさんあります。ハンギングは本当に深いですね。
by kararifu | 2009-04-28 03:20 | コンテスト | Comments(2)

おやじの為の野菜塾4

野菜塾も3月からスタートして今日で4日目になります。今回はキュウリ、トマト3品種、ナス2品種、ピーマン、伏見甘長、アイスプラント、ミズナ、バジル、スイゼンジナ、コシアブラなどを植えました。
↓こちらは、50cm間隔でナスを植えています。前回、畑の準備をしていたので植え付けは楽でした。先生のお話ですと、苗は花が咲いている高さ30cm位のものが良いそうで、植え付けもゴールデンウィーク過ぎが良いとのことです。プロの農家と家庭菜園とではちょっと違いますね。
f0054197_21581027.jpg

↓今、流行のアイスプラントは二条植えです。トマト、バジル、アイスプラントと・・・すでに頭の中はイタリアンサラダが目に浮かび・・・。
f0054197_21582064.jpg

↓キュウリは苗の周り10cm位離して3箇所に穴を開け、その中に一握りの肥料を入れました。
f0054197_555104.jpg



さて、ここからはトンネルの作り方です。保温効果があり、鳥や病害虫対策にも効果的です。
↓これは先生がご用意してくださった、プロの農家の竹支柱です。トンネルの端にこのように挿しました。
f0054197_5552173.jpg

↓市販の支柱を畝の片側に60cm間隔位に立てます。
f0054197_5553282.jpg

↓支柱の端を反対側に挿して、アーチ状に立てます。
f0054197_21583255.jpg

↓次は保温効果の高いビニールを被せます。みんな、りっぱな農家の嫁になれます。(爆)
f0054197_21592879.jpg

↓先生が、端をU字の杭で止めてくださり、ビニールシートをカットしました。
f0054197_5442754.jpg

↓そのトンネルの上から竹の支柱を渡して・・・。
f0054197_21584453.jpg

↓止めます。慣れない人はポキンと折ってしまい、先生・・・すいませんでした。
f0054197_21585849.jpg

↓日中は暑く、中が蒸れるため、棒をこのようにして風通しを良くします。夕方は棒をはずして保温します。この作業が連休明けまで続きます。保温効果は落ちますが寒冷紗でしたら、この作業は要りません。
f0054197_556373.jpg



↓さてさて、お楽しみの収穫です。第1回目に蒔いた小松菜をたっぷりお持ち帰りです。来週はホウレンソウが収穫できます。手前の畝のジャガイモもすくすく育っています。
f0054197_5594053.jpg

↓初収穫の野菜の前で記念撮影です。ハイ、チーズ!本日お休みの2名様にはホウレンソウをお送りしますね。
f0054197_21591415.jpg


お天気には毎回悩まされ、何とか雨にはたたられずにすみましたが、猛烈な風の吹いた講習日でした。(このような風の強い日は本来は植えつけないほうが良いそうです。)ですが、講習日は決められていますので、強行に行きますよん。今まで植えたジャガイモ、ホウレンソウ、小松菜、カブ、サトイモ、ニラ、枝豆、トウモロコシ、ツル無しインゲンと合わせ、18品目の野菜を植えつけました。
個人的にはトウモロコシと枝豆が楽しみで・・・収穫祭にはバーべキューセットを用意して取れたて野菜を調理します。
講座が終わる頃、節子先生がたけのことふきの煮物を差し入れてくださり、みんなでつまみました。サイコーに美味しかったです。ありがとうございました。
by kararifu | 2009-04-27 07:16 | 講習会(コンテナ・ハンギング) | Comments(0)

4月のガーデナー養成講座

今回はトピアリーの作り方教室でした。
↓日本トピアリー協会デザイナーの熱田先生をお招きして亀甲金網からネコのフレームを作りました。熱田先生は弊社ハンギングマスター教室の卒業生でもありますので、ハンギングバスケットマスターでもあられます。はたまた、お料理の先生でもある多才な方です。
f0054197_2303831.jpg

↓先生は一人一人丁寧に回って手取り足取り教えています。
f0054197_22514011.jpg

↓先生があらかじめパーツに分けてカットした亀甲金網を使います。手にはめているグローブは先生が用意されて全員に配られました。これが一番金網に引っかからずに使い易いそうです。
f0054197_225045100.jpg

↓基本は各パーツを筒状に作る事から・・・。
f0054197_2374199.jpg

↓皆さん、慣れないラジオペンチを使い、真剣です。無口になっちゃいました。
f0054197_22505782.jpg

↓出来上がったネコちゃんに水ゴケを詰めてスタッフ・ド・トピアリーにします。このように中心に発泡スチロールを入れると良いですね。
f0054197_2251276.jpg

↓頭にもしっかり詰めて、この後、多肉植物のカット苗をブチ柄に挿しました。(水ゴケはしっかり詰め込まないといけません。)
f0054197_22511430.jpg

↓こちらははい性のローズマリーを植え込んだ鉢にフレームを被せて作ります。コツはトピアリーの枠より1cmほど内側に刈り込むと早く密に茂るとの事。
f0054197_22513561.jpg

↓ハウス内は蒸し暑かったのですが、皆さん可愛い作品をお作りになりました。
f0054197_22514681.jpg


さて、ここからは先日行われた『アグリス成城ガーデニング教室』の生徒さんの作品です。また、2009年度も毎月第3木曜日に始まります。
アトリエおだきゅうでキャンセル待ちのお客様・・・こちらは教室も広く、空いていますので、バッチリ丁寧にお教え出来ますよん。たくさんの苗を持って参上しますので、花材は指定以外は自由選択制です。
↓ニューサイラン チョコレートクッキー、ブラキカム、スーパーカル テラコッタ、コンボルブルス クネオルム、インディアンストロベリー、ヒューケラ。
f0054197_23295265.jpg

↓こちらの方はガザニア シルバーカーペット、ギリア トワイライトをお選びになりました。
f0054197_2330971.jpg


さて、本日は南大沢ハンギングバスケット展の搬入の日でした。出展された方々はお疲れ様でございました。
27日月曜日午前11時から私も見に行きますので、興味のある生徒さん、卒業生は現地に集合してください。僭越ながら素晴らしい作品の解説をさせて頂きます。
by kararifu | 2009-04-24 23:57 | 講習会(コンテナ・ハンギング) | Comments(0)

入荷しています。

農園の中もだんだん暑くなり、植物の管理も大変ですが、これからは初夏向きのものもたくさん入荷してきます。
↓まずはダリア ‘トワイニングアフターナイト’・・・白花の中に淡く色が入ります。
f0054197_8342577.jpg

↓黒葉に近い銅葉です。
f0054197_8475252.jpg

↓野趣に富んだダリア ‘ダークディザイヤー’赤黒ダリアで小輪です。自然風のお庭にお勧めです。
f0054197_8345222.jpg

↓ジャスミン ステファネンセ・・・珍しいイピンクの花です。芳香強く、落葉性。
f0054197_8224335.jpg

↓現在はこのくらいの蔓の状態です。
f0054197_8225582.jpg

↓リグラリア ブリットマリークロフォードLigularia 'Britt Marie Crawford' ・・・キク科 耐寒性多年草 和名:マルバダケブキ 草丈:50~100cm 開花期:8~10月
ご存知ツワブキに良く似た黒葉です。黄色い花とのコントラストが素晴らしい。
f0054197_823849.jpg

↓リグラリア ザ・ロケット・・・スくっと立った花と黒軸が印象的です。
f0054197_8232329.jpg

↓エキナセアも続々と・・・サンダウン
f0054197_8254782.jpg

↓エキナセア ホワイト
f0054197_8263367.jpg

↓エキナセア ピンクダブルディライト・・・豪華です。
f0054197_8234790.jpg

↓エキナセア ニーハイ
f0054197_825261.jpg

↓スーパーカル・・・テラコッタ色のこの色は人目惚れです。
f0054197_922034.jpg

↓実物の色も想像通りのニュアンスカラー
f0054197_8271562.jpg

↓サルビアパープルボルケーノSalvia lyrata 'Purple Volcano' ・・・ごく淡い紫の花
f0054197_8275888.jpg

↓銅葉のロゼット状の葉は美しい。こぼれ種でよく増えます。
f0054197_8284986.jpg

↓イワガラミ ムーンライトSchizophragma hydrangeoides`Moonlight'・・・月の光を浴びて白っぽく輝く葉が美しい。
f0054197_829862.jpg

↓シシリンチウム ホワイトSisyrinchium・・・アヤメ科 耐寒性多年草 原産地 北アメリカ白い小花を群植すると爽やかです。
f0054197_8292818.jpg

↓ルブス スペーシーズRubus pentalobus ・・・バラ科 黒い斑入りの葉は趣がある。
f0054197_8294798.jpg

↓ノジギクChrysanthemum japonense・・・縁取りのある葉と銀葉が美しい。
f0054197_8302864.jpg

↓ジャーマンアイリス シナモンガール・・・シナモン色の縁取りがシックで気品がある。
f0054197_8233568.jpg

↓わい性宿根サルビア カリブブルー・・・クリアーなブルーの花に羽毛状の葉。
f0054197_8241369.jpg

↓サンジソウTalinum triangulare・・・スベリヒユ科 ハゼラン属 花期:6~9月
f0054197_8242731.jpg

↓斑入りゲンノショウコ・・・丈夫で良く増えます。日陰のお庭のグラウンドカバーに。
f0054197_8245491.jpg

↓インディアンストロベリー・・・ロングに伸びる蔓が寄せ植えにも重宝します。
f0054197_825811.jpg


今日、明日と農園のオープンディです。
どうぞ遊びにお越しくださいませ。
by kararifu | 2009-04-24 09:34 | 農園 | Comments(2)

チューリップが満開です。

毎年、チューリップが満開になると、圃場はお祭り騒ぎのような色鮮やかさになります。
自分的には落ち着かない毎日で、理想は黒やヴィリディフローラを多めに使ってシックに3~4色位で群植したいものです・・・シクシク。
それでは4つの色群に、分けて植えた今年の圃場をごらんください。
↓ピンク系ライン
f0054197_845489.jpg

↓ピンクスター・・・ころんとした花型に浅いフリルが花弁の縁に入り、少しアプリコット色も混じります。
f0054197_2034318.jpg

↓アンジェリケ・・・誰にでも愛される永遠の名品です。
f0054197_5561653.jpg

↓ホーランドビューティ・・・草丈のわりに花が大きく、シックな色。
f0054197_8465539.jpg

↓シルバーパロット・・・明るいピンクと白のパーロット咲きに斑入り葉が美しい。
f0054197_5552313.jpg

↓リリローザ・・・シャープな花型がモダン。
f0054197_847995.jpg

↓ホーランドチック・・・こちらはぽってりとふくよかなユリ咲き。色が変わります。
f0054197_6214944.jpg

↓クールクリスタル・・・草丈が低く、フリンジがゴージャスな八重咲き。
f0054197_559465.jpg

↓ビリチック・・・ステムが長く、個性的な花は返って目を引きます。
f0054197_6144443.jpg

↓ドリーミングメイド・・・草丈・花型ともにバランスが良く、青みがかった色はブルー系に入れてもマッチします。
f0054197_6211896.jpg

↓マッチポイント・・・フリンジの八重。赤みがかったピンクから青みががかったピンクになります。
f0054197_7555077.jpg


↓イエロー系ライン
f0054197_8452060.jpg

↓あけぼの・・・今年一押しです。邪魔にならない淡いイエローに紅が挿します。
f0054197_649561.jpg

↓アクィラ・・・花弁の先が尖り、赤い縁取りが鮮やかです。
f0054197_6491925.jpg

↓イエローポンポネット・・・コロンとした丸い形がラブリー。
f0054197_5515818.jpg

↓キャンディクラブ・・・淡いクリームイエローで色変わり・枝咲きです。
f0054197_5522979.jpg

↓ブラッシングレディー・・・草丈が高くシャープな花型。ステムがしっかりしていて花持ちが良い。ピンク系でもOK
f0054197_6153100.jpg

↓マリット・・・内側が黄色で咲き始めはアプリコット色ですが、だんだんピンクが濃くなります。
f0054197_6175028.jpg

↓サンラバー・・・黄色からオレンジの色幅があり、グラディーションになります。ビタミンカラー。
f0054197_6145459.jpg

↓イエロースパイダー・・・八重のユリ咲き。細い花弁がリボンのように繊細で美しい。
f0054197_671989.jpg


↓ブルー系ライン
f0054197_8453551.jpg

↓レムスフェイボレイト・・・今年の一押し。レンブラント咲きが個性的。ズレルに似ていますが、ステムがしっかりしていて花持ちが良いです。
f0054197_2142521.jpg

↓ブルーダイヤモンド・・・こちらも名品で、外せません。
f0054197_8472271.jpg

↓カサブランカとアイボリーフローラデル・・・右半分がアイボリーフローラデルで咲き進むと白くなります。
f0054197_20365569.jpg

↓アイボリーフローラデル・・・こちらが咲き始めです。
f0054197_2037961.jpg

↓アリアカード・・・フリンジ咲きで人気の品種です。
f0054197_8475267.jpg

↓バイオレットビューティ・・・やや小ぶりで形・草丈・色ともにバランスが取れていて混植には絶対お勧めです。
f0054197_84878.jpg

↓マギール・・・色変わりで、こちらもステムがしっかりしています。
f0054197_8482012.jpg

↓マギール・・・だんだん変わってきました。
f0054197_7475199.jpg

↓ダブルプライス・・・早咲きの八重。草丈が低く、青みがかったピンクです。
f0054197_64888.jpg



↓レッド系ライン
f0054197_20262289.jpg

↓バルバドス・・・フリンジを追求して作られたチューリップです。
f0054197_20264244.jpg

↓アンクルトム・・・シックな赤黒い花は好みです。
f0054197_846273.jpg

↓紅美人・・・花びらがちょこっとめくれた加減が、なんともあでやか。
f0054197_20265860.jpg

↓ベリングポイント・・・八重で枝咲きと贅沢なチューリップ。
f0054197_20343983.jpg

↓ファニーガール・・・落ち着いた赤で縁取りが白のくっきりカラー。
f0054197_21415489.jpg

↓ドラムライン・・・赤系の今年の一押しです。草丈は高く、丸弁・縁取り白でピオニーのよう。花持ちも良いです。
f0054197_6101685.jpg


ふい~!今日はここまで。まだスイセンもUPしていませんね。いずれまた・・・。
今日はこれからK邸に行き、圃場に寄ります。昨日の雨でチューリップもかなりダメージを受けている事でしょう。午後からアグリス成城でスクールです。
by kararifu | 2009-04-22 08:15 | 球根&球根苗 | Comments(4)

アトリエおだきゅう4月コンテナ・ハンギング講座

今月はコンテナ・ハンギングの講座もペチュニアのスリットバスケットです。器材は伊藤商事のSLT-25を使っていますのでハンギング専門講座のエレガンスバスケットより小さいサイズです。
↓小さい教室ですので特にハンギングの講座で12人になりますと狭くてご迷惑をおかけしています。
f0054197_21484253.jpg

↓使用花材:レースラベンダー スターマインアルバ、ハンギングフェリシア、クッションブッシュ、バーベナ、ヒューケラ、ツルマサキ、ミスキャンタス、コロキア、マリーゴールド、ペチュニア。
f0054197_21495285.jpg

↓こちらの方は、白いネメシアとヘデラ(アイビー)ムーンライト を使っています。
f0054197_21494078.jpg

↓イングリッシュラベンダー、紫オモト、カレックスが使われています。
f0054197_21473237.jpg

↓ゴールドコインの八重と濃い紫の八重ペチュニアが入っています。
f0054197_2148593.jpg

↓ラベンダー綿帽子、ハクリュウ、紫ミツバが使われています。
f0054197_21475045.jpg

↓トップにリナリア リップルストーンとアイビー レディーフランシスが入っています。
f0054197_2148126.jpg


それぞれ好きな色のペチュニアを3個入れています。毎回、車一杯に花材を乗せてアトリエまで搬入します。これが結構しんどいのですが、出来上がりの作品が、それぞれ違うのでそれがとても楽しみなのです。
by kararifu | 2009-04-20 01:22 | 講習会(コンテナ・ハンギング) | Comments(0)

宿根草~入荷しています。

農園ハウスは晴れた日はとても暑いですのでお昼頃を避けたほうが涼しいです。ご来園の場合は着脱できる格好でお越しくださいませ。本日も暑そうですね~。。
↓斑入りアヤメ・・・品種は追跡中です。ソフトブルーにこれまた柔らかな斑入りが上品です。一目ぼれです。
f0054197_855648.jpg

↓パープルラッフルバジル・・・見ても食べても美味しいハーブです。キッチンガーデンや寄せ植えにお勧めです。
f0054197_861025.jpg

↓レースラベンダー スターマイン アルバ・・・白いレースラベンダーは珍しい。ホワイトガーデンへ。
f0054197_863841.jpg

↓ホスタ(ギボウシ)もたくさん入荷しました。ヒューケラとともにまた詳しくUPします。
f0054197_7311692.jpg

↓ガザニア シルバーカーペット・・・ほふくするガザニアなのでガザニアの中では良く使います。シルバーリーフがまばゆいです。排水性の良い土にお植えください。
f0054197_7313194.jpg

↓タイム ハイランドクリーム・・・ずっと欲しかったタイムです。苔のように低く這い、伸びません。寄せ植えのグラウンドカバーにぴったりです。明るい斑入り葉も美しい。
f0054197_7315372.jpg

↓ゴールドコイン八重・・・ただのゴールドコインではありません。八重ですよ~ん!
f0054197_7462290.jpg

↓クレマチス アバンギャルド・・・どうも好きなものは似てきてしまいます。前回入荷のコンフェッティに比べると色が濃く、ビチセラ系でも八重になっています。15cm鉢でよく蔓が巻いています。
f0054197_7465662.jpg

↓ヘデラ(アイビー)ムーンライト・・・講習でも大人気の花材でした。葉がふりふりに波打ち、斑入り葉が鮮やかで明るい。
f0054197_7472378.jpg

↓クリーピングベロニカ トレハネー・・・暑さ寒さに強いグラウンドカバーです。黄金葉が美しい。
f0054197_7473953.jpg

↓クリーピングベロニカ ミセスホルト青花・・・株を覆うようにたくさん花立ちます。
f0054197_7501373.jpg

↓涼しげな花ですね。
f0054197_748383.jpg

↓以前、施工をさせて頂いたK邸で『花ぐらし秋号』の撮影がありました。
f0054197_7502788.jpg

↓やはりテーマは秋植え球根の寄せ植え・ハンギングです。
f0054197_7511979.jpg

↓撮影にお借りしたK邸は施工してから4年目ですが、少しだけ植え替えました。銅葉のキンギョソウ、ホワイトボリジ、ヒューケラなど。
f0054197_7513677.jpg

↓斑入りシダ ピクタムがこんなにふんわり茂って幻想的です。
f0054197_7574979.jpg

by kararifu | 2009-04-18 09:13 | 農園 | Comments(0)

S邸の施工

S邸のお庭は『手入れが少なくお隣との目隠しを・・・』がご依頼でした。最近は多いのですよね。目隠しのご依頼が・・・。それは都市型のお庭はお隣と隣接している為、プライバシーの関係などで確かに需要が多いのです。
一番に感じた事は施主様がとても可愛らしいご夫妻だったと言う事です。カメさんを飼っていらっしゃるのですよね。
↓施工前の状態です。
f0054197_22493967.jpg

↓まず、花壇と歩く所のメリハリを付けるだけでもだいぶ違います。レンガでアールを付けて柔らかく・・・。シンボルツリーのグリーンアイスは元々あったものを移動しました。
f0054197_22454243.jpg

↓ベニジオアークトーチス、斑入りビバーナム、ミントブッシュ、クレマチス、八重カロライナジャスミン、ニューサイランバリエガータ、黒ミツバ、インディアンストベリーなど。
f0054197_22452986.jpg

↓こちらは隣との境界にあるヒイラギモクセイです。これを取って・・・。
f0054197_22455987.jpg

↓混ぜ垣にしました。足元にはヘレボルス、丁子草、ヒューケラ、ギボウシ、シラン、シャガ、ハクリュウ、ツワブキ、ナルコユリなど日陰に強いものを植えています。
f0054197_22451161.jpg

↓こちらは玄関前の部分です。車が止められていて、日陰になり、歩く所が狭いので、枝張りがするものは植えられません。
f0054197_2249219.jpg

↓そこでこのように2種類のクレマチスで修景しました。オベリスクのモンタナ ‘フレッダ’ が上の窓に絡まるのを待っています。
f0054197_22535356.jpg

↓正面から見ると・・・。ヒューケラ、わい性シャクナゲダークレイダー、ミリウムオーレウム、はい性のローズマリー、ギボウシ3種。
f0054197_22462223.jpg

↓玄関脇の施工前・・・お隣が見えます。
f0054197_22461123.jpg

↓少し高くしただけで見えなくなりました。色も明るいのでソフトな印象です。
f0054197_2254612.jpg

↓同じ色で玄関側の境界を目隠ししました。
f0054197_22582463.jpg

by kararifu | 2009-04-16 23:35 | お庭の施工 | Comments(4)

チューリップが見ごろになって来ました。

圃場にたくさんのテスト栽培のチューリップが咲いて来ました。
あまりの花色の多さに落ち着かない毎日ですが、球根屋さんである限り、とにかく記録をしなければなりません。
↓このコーナーはガーデナー養成講座の生徒さんたちと作ったブルー系のコーナーです。ここの色や球根の選択は落ち着いていて好きですね。
f0054197_8571439.jpg

↓ここからはイエローコーナーです。微妙な色の‘マリット’この色は好きです。
f0054197_843784.jpg

↓ガクが残り、花弁にほんのり紅のさす`曙’柔らかなクリームイエローなのでお勧めです。
f0054197_8431967.jpg

八重ユリ咲きの‘イエロースパイダー’花弁が細く印象的です。
f0054197_8424437.jpg

↓色幅のある八重遅咲きの`サンラバー’元気が出ますね。
f0054197_8425549.jpg

↓ここからは赤コーナーです。
f0054197_8452956.jpg

↓白い縁取りがくっきりの`ファニーガール’後ろの八重は`ドラムライン’
f0054197_8484148.jpg

↓`ドラムライン’は花びらの重なりが多く、まるで芍薬のようです。
f0054197_8451457.jpg

↓こちらは`クリスマスオレンジ’やや茶が入った落ち着いた濃いオレンジです。
f0054197_84447100.jpg

↓ここからはピンク系になります。`ドリーミングメイド’花弁の縁のぼかしがいいですね。
f0054197_845286.jpg

↓丈のわりに大きなお花です。`ホーランドチック’咲き始めはほんのり紅が挿し、だんだんピンクの部分が多くなる色変わりチューリップです。
f0054197_8433165.jpg

↓首長族のグリーンチューリップ‘ビリチック’こちらも面白い味わいです。
f0054197_8443385.jpg


ここのところの暖かさで一気に咲き進みました。おそらく17~18日がチューリップは見ごろでしょう。
でも本当に良いのは実はチューリップが終わった頃が私は好きですね。アリウムやダッチアイリスなどが咲く頃です。
by kararifu | 2009-04-15 09:41 | 球根&球根苗 | Comments(4)