<   2009年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

北山田地区センターの講習

横浜市 都筑区にある地区センターの講習は地元在住在勤者の為の講座です。時々依頼があり、事務所や農園からも近くですのでお受けしています。ほとんどが初心者ですので、マニアックな植物はいかがなものか・・・と思いつつもやっぱり球根屋さんである限り、今回のテーマは「暑さに強い球根の寄せ植え」がテーマでした。
↓今回は16人の方がご参加でした。ヤングミセスが多かったような・・・。
f0054197_6375939.jpg

↓こんな球根植物『パイナップルリリー』が主役です。パイナップルのような花茎がもっと伸びて来ます。
f0054197_6385925.jpg

↓生徒さんの作品です。その他の使用花材はインカルビレア、スウェデッシュアイビー、ブルーファンフラワー、ゼフィランサス、コリウスです。
f0054197_6382370.jpg

↓配置が違うだけで個性が出ますね。
f0054197_6405246.jpg

↓細い葉っぱはゼフィランサス アプリコットクイーン。こんなお花が咲いて来ます。
f0054197_6431155.jpg

↓今回は材料費2000円ですので、テラコッタの鉢を塗り・・・。
f0054197_647530.jpg

↓農園で球根から育てたパイナップルリリーやゼフィランサスを使い・・・何とか形にしました。通常は4000円近くするかなぁ~。
f0054197_6434034.jpg


さて、可愛い資材が入荷しました。多肉植物を植え込むのにぴったりですよ~。これからは乾燥に強い多肉植物を植えましょ。
f0054197_6435577.jpg
f0054197_6441210.jpg
f0054197_6443466.jpg
f0054197_6444979.jpg
f0054197_6451577.jpg

by kararifu | 2009-06-29 06:57 | 講習会(コンテナ・ハンギング) | Comments(0)

入荷しています。

暑さが本番になってきました。
そんな中でも斑入り葉&グラス類が入荷しています。
↓斑入りヒサカキEurya japonica'Variegata' ・・・散り斑の鮮やかな常緑樹。3号ポットなので、日陰の寄せ植えやハンギングに使えます。
f0054197_7282541.jpg

↓こちらも斑入りヒサカキ・・・ツバキ科 「姫サカキ」のこと。「サカキ」 の矮性種です。こちらは新芽がほんのりピンクです。
f0054197_7283522.jpg

↓斑入りクズウコン マランタ バリエガータ Maranta variegata・・・クズウコン科、マランタ属の球根植物で、根茎からは、上質の澱粉がとれ、茹でたり蒸かしたりして食べる事ができます。バリエガータは、葉に美しい白い斑が入る品種で、観賞と食用の両得のクズウコンです。初夏には小さい花が咲きます。
f0054197_7284775.jpg

↓チヂミザサ シルキームーンOplismenus undulatifolius・・・イネ科 オプリスメヌス(チヂミザサ)属 ほふく性非耐寒性常緑多年草 花期:12~1月 草丈:10~15cm 今年の新品種です。
f0054197_7291494.jpg

↓斑入りアメリカノウゼンカズラ‘タカラヅカ バリエガタ’Campsis radicans・・・ノウゼンカズラ科ノウゼンカズラ属 耐寒性落葉つる性低木 花期:6~8月 赤花を房のように咲かせます。斑入り葉が美しいので花が無くても楽しめます。
f0054197_7293460.jpg

↓ヒメパンパスグラス(コータデリア セロアナ) スプレンデッドスター・・・イネ科 草丈:約100cm 耐寒性 強 花期:7~8月 パンパスグラスの中でもコンパクトな品種で大きくなりすぎず、フォーカルポイントとして活躍します。
f0054197_7295083.jpg

↓パープルファウンテングラスPennisetum setaceum ‘Rubrum’・・・イネ科. ペニセタム属. 非耐寒性多年草.草丈:50~90cm位 この銅葉色のグラスは毎年寄せ植えやガーデンに欠かせません。ただし、耐寒性が無いので、寒くなったら堀り上げて地上部を切り、水を控えめにして保存します。横浜の当ハウスではこのようにして冬越ししています。
f0054197_730672.jpg

↓メキシカンハット(ラティビダ)レッドミゼットRatibida columnifera ・・・キク科 耐寒性多年草 花期:5~8月 草丈:50~60cm ユニークな花形で注目の的です。他に黄色の品種が一般的です。
f0054197_7301715.jpg

f0054197_7302987.jpg

↓本日と明日の2日間で農園在庫一掃セールが終わります。暑いですけど、多肉植物もお安くなっていますので、どうぞお越しくださいませ。
f0054197_7332258.jpg


これからハウスに向います。本日は30℃以上との事・・・ハウスの中は外気温+10~15度にはなります。ご見学者は時々外に出ながら休み休み見てくださいね。
by kararifu | 2009-06-26 08:23 | 農園 | Comments(2)

咲いて来ました。

19・20日の処分セールにはたくさんの方が暑い中、お越しくださいまして本当にありがとうございました。
ハウス内は最高40℃近くあったのではないでしょうか。
あと2日・・・26・27日とありますのでどうぞご参加くださいませ。午前中は混みますので午後2時過ぎが比較的すいています。
↓ヘレニウム マーディグラスHelenium 'Mardi Gras' ・・・和名:ダンゴギク(団子菊) 花期:夏~秋 耐寒性宿根草 橙黄色の花が咲き進むと赤味が挿し、コロンとした茶色の花芯が可愛い。
f0054197_7513954.jpg

↓ピットスポラムPittosporum tennuifolium.・・・トベラ科トベラ属 原産地:ニュージーランド. アレンジメントや生け花の花材として人気があります。 私はこの黒い茎に注目しています。
f0054197_7515868.jpg
f0054197_7521442.jpg

↓カーリメリス 七変化・・・キク科の多年草 咲く季節によって花が変化する宿根草です。
春は丁子咲きの白い花が、夏には八重の白い花、そして晩秋には青みがかり薄紫に移ることから"七変化"と呼ばれています。日本からヨーロッパへ持ち込まれジャパニーズアスターとして愛された人気の花です。
f0054197_7522989.jpg

↓エキナセア サンダウン・・・この何ともいえない微妙なピンクがかったオレンジです。花が咲いたらみんなが魅了されて買って行きました。
f0054197_7524250.jpg

↓実物はもう少しオレンジが強いかな~。
f0054197_7525775.jpg

↓ヒューケラシトロネルHeuchera Citronelle・・・ライムグリーンの葉色はさわやかな印象
f0054197_7532192.jpg

↓シルバースクロールHeuchera Silver Scrolls・・・枝がよく丈夫で育てやすい品種
f0054197_7533545.jpg

↓シュガーフロスティング・・・シルバースクロールに良く似ていますね。メーカーが違います。美しいシルバー系の葉が好きです。
f0054197_7535066.jpg

↓ジョージアピーチHeuchera Georgia Peach・・・ピーチレッドの葉にホワイトベールがかかったようなやさしい風合い。葉は比較的大きくなります。
f0054197_7541899.jpg

↓ブラックベリージャム・・・艶やかな明紫色葉に濃紫の葉脈模様が浮かぶ人気の品種。 実物はもうちょっと紫色ですね。
f0054197_754353.jpg


今日は、あさっての地区センター講習16人分の材料集めに動きます。第2圃場の植え込みにも行きます。本当は施工現場の打ち合わせでもありましたが、雨の為、延びています。
by kararifu | 2009-06-22 09:48 | 農園 | Comments(0)

アグリス成城の6月の講座

またまた、今月はトピアリー+多肉植物月間です。
↓今回はこんな手作りのトピアリー器材を使っています。わんちゃんです。
f0054197_18231719.jpg

↓こちらはブタさん。
f0054197_1823305.jpg

↓ネコさんです。
f0054197_18234589.jpg

↓たくさんの水ゴケを使います。凄い量ですよ~。。
f0054197_18235743.jpg

↓詰め終わったら、トリミングをします。綺麗になりますよ~。
f0054197_18241035.jpg

↓今回はお目めとお鼻を付けましたので、まるでぬいぐるみのよう・・・!
f0054197_18242644.jpg

↓さて、生徒さんの力作をどうぞ。こちらはウサギさん。首のクロボウシが可愛い。
f0054197_18244539.jpg

f0054197_1825296.jpg

↓こちらはネコさん。おひげも付けましたよ~。芸が細かいナ。
f0054197_18251724.jpg

↓しっぽのカクレイが面白い。
f0054197_18253428.jpg

↓ちょっと首をかしげたイヌさんの頭のクロボウシがポイントですね。
f0054197_18254735.jpg

↓前足のセダムもいいですね~。
f0054197_1826254.jpg

↓シンプルに首のマフラーのみでも可愛いな。
f0054197_18425013.jpg

↓背中にポイントを置いてみっちりと・・・。
f0054197_1826155.jpg
f0054197_1826339.jpg


今回は相次いで、輸入もののトピアリー器材が欠品してしまいました。そこでトピアリー作家の熱田先生にお願いして手作りして頂きました。結果オーライ!やっぱり手作りはちょっと高いけれど良いものが出来ました。熱田先生は私のハンギングの講座に通ってくださったご縁で知り合いました。今年はこのトピアリーを手作りする講座も農園で4月に行いました。
このトピアリー+多肉の講座は6月30日午前・午後とモリーズガーデンで行います。興味のある方はふるってご参加くださいね。ワンちゃんの予定です。
by kararifu | 2009-06-21 18:57 | 講習会(コンテナ・ハンギング) | Comments(0)

北嶋先生のバラの育て方講座第4回

ご報告が前後してしまいました。6月12日はバラの育て方講座でした。
↓まず、6月~7月のバラの管理に付いての説明です。この時期は梅雨でもあり、ウドンコ病や黒点病の闘いです。バラのお手入れの考え方は3つあるとの事。1.春だけ楽しむ。2.木酢液オンリーで。3.木酢液+化学薬品を組ませる・・・。勿論ここで言う木酢液とは4月に作りました複合木酢液のことです。これらのどの考え方で行うかを決めてお手入れをするとの事。
f0054197_16573995.jpg

↓その後、圃場に行き、ベイサルシュートの処理や剪定、誘引、お礼肥えなどの説明を受け・・・。
f0054197_17202487.jpg

↓北嶋先生の神の手・・・。
f0054197_16575589.jpg
f0054197_16581228.jpg
f0054197_16582751.jpg

↓ハウスに戻ってバラの挿し木です。前回先生のお宅に伺った時にお願いしていた枝で行いました。それぞれオーダーが違い、大変だったと思います。
f0054197_16584168.jpg

↓ちなみに私めは人気の品種をお願いしました。
マダムピエールオジェ、バリエガータ・デ・ボリョーニャ、コーネリア、バフビューティ、マダムイザックプレールです。
f0054197_16585576.jpg


この日は園芸誌『マイガーデン』のエディターさんで、園芸家でもある澤泉さんも特別参加でした。澤泉さんいわく「北嶋先生はバラの有名な方の中でも群を抜いた技術の持ち主。冬に誘引・剪定を見に行けば、一目でその方の実力が分ります。しかも毎年、少しずつ変化されている・・・。」との事。やっぱり、北嶋先生は凄い!いつまでも長生きされてバラを教えて頂きたいものです。
by kararifu | 2009-06-21 17:36 | 講習会(コンテナ・ハンギング) | Comments(0)

ヘメロカリスが咲いてきた!

いよいよヘメロカリスのシーズン突入です。耐寒・耐暑性があり、植えっ放しで良く、丈夫で長持ち、さしたる手入れも要らず・・・ただ、カイガラムシは付きやすいですね。それだけ気をつければあとはOK!です。
ヘメロカリスとは、ニッコウキスゲの園芸改良種 ユリ科のヘメロカリス属
名前の由来はギリシャ語の hemere(ヘメラ)・・・1日とkalos(カロス)・・・美しいから成り立っています。
1日花ですが、次々に咲き続けますので、またの名をデイリリーとも呼ばれています。
↓006番・・・中心のぼかしが艶っぽい花。
f0054197_23131152.jpg

↓ダブルオー・・・レモンイエローの柔らかな八重。
f0054197_23213034.jpg

↓カントリープライド・・・重なりの強い八重が豪華。
f0054197_23133374.jpg

↓016番・・・花弁のスジと縁取りのフリルが良い。
f0054197_23135119.jpg

↓010番・・・中心の黒と淡いベージュのコントラストが印象的。
f0054197_231481.jpg

↓ダブルセンテニアル・・・花びらが外側に反り、シックな赤。
f0054197_23142297.jpg

↓008番・・・淡いアプリコットが乙女チック。
f0054197_23164162.jpg

↓003番・・・こんな赤黒はいかがでしょう。
f0054197_23144076.jpg

↓一番好きかも・・・。
f0054197_23174867.jpg


明日は農園ハウスの処分市です。暑くなりそうなお天気ですね~。お越しの方はどうぞ涼しい格好でいらしてくださいね。首手ぬぐいが良いかも・・・。
by kararifu | 2009-06-18 23:40 | 農園 | Comments(4)

アトリエおだきゅう6月コンテナ・ハンギング講座Ⅱ

今月はトピアリー+多肉植物月間です。今回はワンちゃんです。ダックスフンドかクタイヌか、はたまたイノシシか・・・色々出来ましたが、力作です。
↓かなり大型のものを作りましたので、水ゴケを詰めるだけでも時間がかかります。おかげで、筋肉付いちゃいました。(爆)
f0054197_842925.jpg

↓こんなフレームに胴体には発泡スチロールを入れて底上げします。そうしないと重すぎて・・・。
f0054197_844732.jpg

↓後ろ姿のしっぽがなんとも愛くるしい!
f0054197_85243.jpg

↓だいぶ出来てきましたよ。正面からです。この頃には手首に疲労が・・・。
f0054197_851580.jpg

↓好きなところにセダム類を植え込みました。やっと植物、触れる!
f0054197_85288.jpg

↓さて、代表で6名様の力作です。セダムが繁茂してくると楽しいですね。首輪なんか付けちゃったら可愛いかも・・・。
f0054197_854613.jpg
f0054197_861774.jpg
f0054197_863392.jpg
f0054197_864992.jpg
f0054197_87694.jpg
f0054197_872245.jpg
f0054197_87375.jpg
f0054197_881722.jpg
f0054197_883348.jpg


なかなか大量生産のトピアリー器材が手に入らなくて苦労しています。前回使ったウサギさんも今回のイヌも完売です。
あと、1回の講座はどんなフレームにしようかしら・・・。
by kararifu | 2009-06-18 08:29 | 講習会(コンテナ・ハンギング) | Comments(0)

14日の野菜塾報告

講習会報告が続きます。今回の野菜塾は収穫がたっぷりな楽しいものとなりました。後半は秋本先生の圃場見学と買い物ツアーです。この時期はお天気が不安定ですので心配しましたが、ちょうど良い曇天でした。
↓14日現在で順調に育っているトウモロコシと枝豆です。
f0054197_6433050.jpg

↓秋本先生からマルチの下も穴を開けて除草するとの説明を受け、除草作業。
f0054197_6434363.jpg

↓今度はカブが植えてあった畝も片付けて除草し・・・今日はサツマイモ(ベニアズマ)の苗を植えます。
f0054197_644444.jpg

↓サツマイモは広がりますので一条植えで株間45cm、深さ15cm位の穴を開けます。畝間は90cmほど・・。堆肥は入れ無いほうが良いとの事。
f0054197_6442356.jpg

↓このように1本ずつ、サツマイモの茎を植えます。すぐに根が出て来ます。
f0054197_724263.jpg

↓みんな揃って・・・。
f0054197_6444372.jpg

↓さて、今度は楽しい収穫です。ジャガイモの「キタアカリ」が収穫出来ました。赤ジャガの「スタールビー」はまだ先です。同時に植えても品種によって早稲や晩生がありますね。
f0054197_645723.jpg

↓こんなおシャレなファーマーズスタイル。ファッションにもこだわると楽しいかも・・・。
f0054197_6451944.jpg

↓続いてツルナシインゲン。ずらっと並んで可愛い!
f0054197_645344.jpg

↓こんな小さな枝に鈴なりです。ツル無しなのでコンテナでも育て易いですね。
f0054197_6454899.jpg

↓ここからは、先生の圃場です。
f0054197_6461964.jpg

↓さすがにトマトが全部外側に生っています。泥はね、雑草防止の足元にはワラが敷き詰められて・・・。
f0054197_6463257.jpg

↓広大な畑をお一人で管理されている事に驚きを隠せません。
f0054197_646456.jpg

↓やっぱり、キュウリの葉も生き生きと大きくプロと素人の野菜作りの差を感じました。でも先生いわく、始めの苗が肝心だと。。
f0054197_647221.jpg

↓先生の圃場で買ったトマト・キュウリ・ブロッコリーなどと収穫したジャガイモ、ツルナシインゲンを皆で分け、ニコニコして解散となりました。
f0054197_6472287.jpg


その夜はジャガイモをチンして塩を付けて食べてみましたが、とっても美味でございました~ぁ。インゲンはグラッセにしてビールのおつまみになりました。トマトは農園ハウスの冷蔵庫で冷やしてお昼には必ず食べるようにしています。キュウリはやや小さめに収穫してお味噌を付けて食べるのが最高です。
次回は枝マメが収穫できる予定です。7月26日は夏野菜の収穫祭ですので、バーべキュをします。飲み物や魚介類やお肉もご用意しますので、ご家族総出でいらしてください。塾生・ご家族は勿論無料、その他の方は1000円参加費です。
by kararifu | 2009-06-17 07:44 | 講習会(コンテナ・ハンギング) | Comments(2)

入荷情報です。

8日から18日までの10日間はほぼ毎日講習会が続いています。少しお疲れモードでUPが遅くなっていますが頑張りますよ~。。
↓大輪クフェア フラメンコサンバ・・・ミソハギ科クフェア属 クフェア・タイニーマイスに比べると花も葉も大きくてやわらかな感じです。
f0054197_6111740.jpg

↓大輪クフェア フラメンコタンゴ・・・花芯の紫と鮮やかなピンク色のお花は魅力的です。
f0054197_6114018.jpg

↓ヘミグラフィスアルテルナタHemigraphis alternata・・・キツネノマゴ科 非耐寒性常緑多年草 メタリックな質感がこの時期のハンギングには欠かせませんね。
f0054197_611517.jpg

f0054197_624010.jpg

↓ヒメノキス イエローファンタジーHymenoxys・・・キク科 耐寒性多年草 花びらのスジスジが良い味を出しています。
f0054197_612186.jpg
f0054197_6244040.jpg

↓球根ベゴニア コーラルファンタジー・・・八重(雄花)と一重(雌花)が同時に咲くのが特徴です。ぶら下がって咲くのでハンギングにもお勧めです。
f0054197_6121424.jpg

↓センニチコウ バーディGomphrena globosa ・・・ヒユ科 センニチコウ属 わい性種で、暑さや乾燥などに強く、丸いボンボンのような可愛らしいフォルムはいまさらですが、ハンギングにお勧めです。
f0054197_6123541.jpg

↓ゲラニウム ダークレイダー・・・シックな紫葉にすがすがしい花が咲いて来ました。
f0054197_611721.jpg

↓アガパンサス シルバーベイビー・・・これも思ったより素敵な花です。弁先にほんのりブルーが挿す感じ。わい性なのでコンテナでも使い易い。
f0054197_6292482.jpg

↓ニームの木・・・植物の忌避剤として最近の流行ですが、この木を育ててみませんか?インドでは"ミラクルニーム"と呼ばれるこの木は、花もジャスミンに似たやわらかな甘い香がします。万病に効き、白蟻などのいかなる害虫も寄せ付けない木葉は乾燥させ、煮出して散布します。
f0054197_6124743.jpg

↓リグラリア ザ・ロケット・・・咲いて来ました。ツワブキの仲間としては穂状に立ち上がります。
f0054197_6295080.jpg

↓スピランサス(たまごぼーる)Spilanthes・・・キク科 スピランサス属 一年草 濃いブラウンの照り葉にコロンとした花がユニークです。
f0054197_6144657.jpg

↓わい性カンナ ホワイト・・・ドワーフカンナでこちらもコンテナでも育てやすい。ホワイトと言うよりオフホワイト。夏のホワイトガーデンに。
f0054197_6293532.jpg

↓ニーレンベルギア ブルーマウンテンNierembergia 'Blue Mountain' ・・・ナス科 アマモドキ属 半耐寒性多年草 やや立性で、カップ型の花が株を覆いつくすように秋まで次々と咲き誇ります。
f0054197_6143335.jpg


講習が終わるとお庭の施工が始まり、その間農園の在庫一掃セールがあり、今月はバタバタですが、スタッフ一同チームワークで乗り切りましょう。その後は慰労会をしましょうね。
by kararifu | 2009-06-14 07:53 | 農園 | Comments(2)

アトリエおだきゅうの6月のハンギング講座Ⅱ

アトリエのもう一つのハンギング講座です。この日はカメラの調子が悪く、特に画像が悪いです。新しく入られた方たちと有資格者の2つのグリープに分かれて実技を行いますが、写真で見る限りではそんなに遜色はありませんね~・・・。回を追うごとに初心者も上達しています。代表で7名様の作品です。
↓ジニアプロフュージョン、ミスキャンタス、ペロペロネ、スウェーデンアイビー、コリウス、トウガラシ、ユーフォルビア、フクシア、オレアリア シルバーナイト、ヒペリカム サンディ。
f0054197_536610.jpg

↓暴れた枝がメギ ローズグロウ、白い葉がプレクトランサス シルバーシールド、中央下の蔓はヘンリーヅタ、黒い葉がコリウス ダークチョコレート。
f0054197_53616100.jpg

↓白い花はセイロンライティア、白い穂先のものがツルマサキハーレークイン、青みの強いルーも入っています。赤紫のフクシアが挿し色になって可愛いです。ラセンイが少し長すぎますね。長い葉は根元から切りましょう。
f0054197_53626100.jpg

↓メギの暴れっぷりが面白いですね~。
f0054197_5364033.jpg

↓左右の下部が出っ張っていますが、この方なら養生しながら切り戻しして綺麗に丸く仕上げられます。
f0054197_5365291.jpg

↓今回はすごく悩まれて納得が行かれていない様子ですが、何とかまとめて帰られました。
f0054197_537774.jpg

↓こちらもとても悩まれていました。あまり多種を入れすぎないようにして変化を出しましょうね。
f0054197_5355540.jpg


私はアクセントになり、動きやそれなりの重厚感が出る為に、枝もの(木本類)を入れる事をお勧めしています。例えばコロキア コトネアステルなどコンテストに出展した生徒さんたちは皆、使ってましたっけ。。
その他、質感が面白いコプロスマ、葉色が変化するヒペリカム、斑入り葉が色々のツルマサキ類、面を構成するファトスヘデラ、落葉なので暖かい時期はメギ類など。
今週は講習が8講座続きます。マスター養成講座の作品画像は受験の為出しませんが、皆さん苦しみながらも素晴らしい作品に仕上がって来ました。
by kararifu | 2009-06-11 06:52 | 講習会(コンテナ・ハンギング) | Comments(8)