<   2009年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧

速報!大船植物園ハンギングバスケットコンテスト~その1


大船植物園のコンテストはローカルな大会ですが、決して侮れません。年々レベルが上がっています。こちらも背景を付けての作品が多くなりました。
私が忙しくてなかなか見に行けないので、ウチの仕事を手伝ってくれているR子さんが写真を撮って送ってくださいましたん。ありがとねん。


神奈川県立フラワーセンター大船植物園長賞(2008年度アトリエおだきゅう教室にてハンギングバスケットマスター資格取得、現在も継続中)
『秋の花や実物に葉物をバランスよく配置し、秋らしいさわやかさを表している。植え込みもていねいで、よく根付いた立体感のある作品』と評価して頂いたそうです。良かったね♪
赤いセロシアが印象的で最近は赤を使った作風が冴えていますね。
f0054197_2522495.jpg

日本ハンギングバスケット協会神奈川支部長賞(2008年度アトリエおだきゅう教室にてハンギングバスケットマスター資格取得現在も継続中)
花束のように見せる背景のチキンワイヤーネットが効果的ですね。バスケットのフォルムがふんわり丸く美しいです。
f0054197_2465597.jpg

神奈川県園芸協会長賞(2009年度ハンギングバスケットマスターコース卒業生、現在もステップアップ講座で勉強中)
背景を取り付けて、良くがんばりましたね。植え込みも伸びやかに入るようになりました。
f0054197_20303655.jpg

神奈川県生花小売商協同組合理事長賞
以前、ウチのお仕事を手伝ってくだっさった方です。Nちゃん・・・やったね!
f0054197_20295753.jpg

佳良賞・・・もうベテランのマスターさんでたくさんの賞を受賞されている方です。
f0054197_20305254.jpg

↓イエローのビデンスと枠が良くマッチしていてとても好きな作品です~ぅ。さすがです。しばらくお目にかかっていませんが、お元気なご様子で何よりです。(ハンギングバスケットマスターコース卒業生)
f0054197_20301918.jpg

↓ご本人から納得が行く作品が作れなかった・・・との報告があり、反省点がとても的を得ていたので、逆に凄い!と思いました。大丈夫ですよ。センスはとてもありますから・・・。(2009年度ハンギングバスケットマスターコース卒業生、現在も継続中)
f0054197_20294339.jpg


その他の素敵な作品はその2でまたご報告します。。


↓さてさて、ご報告が遅くなりましたが、名古屋市鶴舞公園で行われたハンギングバスケット・ガーデンコンテストで見事セントラルローズ賞を受賞されましたKさんの作品です。(2008年度アトリエおだきゅうにてハンギングバスケットマスター取得、現在も継続中)

多肉植物を中心に植え込んだ作品ですが、多肉植物だけでなく普通の植物とのコラボが度肝を抜かれたのでしょうか?とっても目だっていたようです
f0054197_20291535.jpg


大船は生徒さんが係わる今年度最後のコンテストでした。これで、やっと落ち着きを取り戻しますね。今年ハンギングバスケットマスター試験を受けた方は合否の結果を待つばかりとなりますね。本当にお疲れ様でした。
by kararifu | 2009-10-31 22:50 | コンテスト | Comments(0)

バラ師匠~北嶋先生の秋バラ鑑賞会

10月28日はお天気も良く、穏やかな1日でした。バラ講座の生徒さんたちと北嶋先生のお庭に秋バラの鑑賞会に行って参りました。北嶋先生は「今年は夏バテして剪定が遅くなってあまり咲いていないよ~」との事でしたが、お庭に入ると、なんのな~んの!バラの香りが漂いまくっていました。
f0054197_40435.jpg


それではお庭に咲いていましたほんの一部をご紹介しましょう。今咲いている・・・と言う事は四季咲き性があると言う事ですね~。バラを春だけでなく秋にも愛でたい方はご参考になさってくださいね。
ホワイトウィングスWhite Wings ( HT )一重の5枚花びらでしべが印象的です。茎枝が細く株にまとまりがあるので、狭い場所でも楽しめます。デンティベスが交配親です。
f0054197_19211769.jpg

パパメイアン パパメイアン Papa Meilland.( HT ) 四季咲き大輪. 黒バラの銘花。
f0054197_19225371.jpg

ザ ナンThe Nun (シュラブ )半八重で純粋な白色、深いカップ咲きの花で、軽い香りと四季咲き性があります。  
f0054197_19265578.jpg

聖火 (HT) ミスターローズ鈴木 省三先生作出のバラです。
1967年ニュージーランド国際コンクール金賞受賞。
f0054197_19301473.jpg

芳純 (HT) 同じくミスターローズ鈴木 省三先生作出のバラです。
花弁は少し波打ち、濃淡の脈が入ることがある。
香りのバラの代名詞と言われるほど、バランスのとれたすばらしい芳香をもつバラです。
f0054197_334522.jpg

カーディナル ヒュームCardinal Hume(シュラブ)半ツルバラです。返り咲、花径5〜6cmぐらい、半八重抱え咲きです。樹高1.7m位、横張り性、スパイシーなムスク香。濃い紅紫色の小輪房咲。
f0054197_3334775.jpg

ピースPeace 黄色の花びらに、縁がピンクに染まります。環境によって色の出具合が変化する表情豊かなバラ。
f0054197_4303844.jpg

チャールストンCharleston (FL)一枝で日毎に変化する楽しいバラです。変色花の代表品種として一時代を築きました。以下3ショットはチャールストンです。
f0054197_354593.jpg
f0054197_3551474.jpg

f0054197_434581.jpg

ザ・プリンスThe Prince ( ER ) 花径:6~12cm 
花色は濃赤で、10cm前後のフルカップ咲き。クォーター、ロゼット咲きに変化。香りもよく、濃厚な色が力強くとてもゴージャスなバラ。
f0054197_4163014.jpg

メアリーローズMary Rose ( ER )  花径:8~10cm 
ローズピンク色でカップ咲き。ロゼット咲きに変化。
f0054197_4283183.jpg

バラ プリンセスオブウェルズ princess of weales (FL)
ダイアナ元妃「プリンセスオブウェールズ(元イギリス皇太子妃)」の名の付いたバラはHTで「ダイアナプリンセスオブウェールズ」がありますが、こちらはスプレー咲きのFLです。私はこちらのほうが好きかな。
f0054197_4374968.jpg


そのほかセントセシリア、ウィンチェスター・キャシードラル、シャリファアスマ、シュネービッチェン、ファーストラブ、フェアビアンカ、スブニールドマルメゾン、イレーヌワッツなどが秋バラを楽しむのにお勧めだそうです。

さて、その後バラ師匠のお家の裏手にあるりんご園でりんご狩りを楽しみました。駅近で住宅街の中にあるリンゴ園!・・・には毎度ながら驚かされます。
↓生産者から土作りの事、消毒の事など説明を受けました。
f0054197_5525267.jpg

↓ここは隠れ家的な存在です。1週間に1回しか開けないそうです。
f0054197_553542.jpg

↓まるで信州の風景!たわわに実った「王林」も収穫しました。
f0054197_5531853.jpg


今期のバラ講座もあと1回で終わりになりますが、また来年も4回コースで新たに開講予定です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
by kararifu | 2009-10-31 06:14 | おでかけ | Comments(0)

寄せ植えにお勧めのクローバーいろいろ

人生いろいろ、クローバーいろいろ・・・
この秋たくさんのクローバー(Trifolium repens)が揃いました。
マメ科 トリフォリウム属  耐寒性常緑多年草 開花期:3~6月
寄せ植えを可愛く演出し、グラウンドカバーにも威力を発揮します。

↓クローバーだけでもほら!こんなにきれい!
f0054197_4442680.jpg

クローバー ティント ワイン・・・ピンク花。今年の新色で濃いワイン色のシックな葉。
f0054197_4435950.jpg

クローバー ティント ロゼ・・・ピンク花。ワインよりも柔らかなピンクっぽい葉色です。
f0054197_443877.jpg

クローバー オーレア・・・明るいライムイエローの中心に白斑が入ります。お庭を明るく彩ります。この中では一番這性が強い感じです。
f0054197_443448.jpg

クローバー ティント ヴェール・・・淡いライムグリーンの地に中心がダークグリーンのコントラストがすっきりとした品種。丈夫で生育が早いです。
f0054197_4433221.jpg

クローバー ティント ルージュ・・・白花です。ティントヴェールに赤い模様が入った感じです。
f0054197_443182.jpg

クローバー ティントブロンズ・・・白花です。陽に良く当てると濃いブロンズ色になり中心がグリーンに抜けるシックな色合い。
f0054197_444942.jpg

クローバー ティント セピア・・・白花です。四つ葉になりやすく、ブロンズよりもかすれた風合いがまた違った魅力があります。
f0054197_4445388.jpg


これからのパンジーやビオラの寄せ植えに加えてみてはいかがでしょうか。
ただ今、農園に入荷中。オープンディでもお求め頂けます。
球根屋さん.comで販売中です。
by kararifu | 2009-10-30 05:39 | 農園 | Comments(0)

2009日比谷公園ハンギングバスケットコンテスト~その2

昨日、午後3時頃になってしまいましたが・・・行って来ました久々の日比谷公園へ。。出展された生徒さんが待っててくださったのですね~。お待たせしてごめんね!
生徒さんが事前に撮ってくださった写真で見てはいるものの、やはり実物は迫力が違います。どれも力作、大作が多く、年々レベルが上がっていて、審査員の方々もご苦労なさったのではないでしょうか?
今回は私の生徒さんで、マスター養成講座を卒業後、今でも教室に通ってくださっている方たちの作品を中心に、ご紹介しましょう。
↓背景がとても良く工夫されていて雅な感じで素敵でした。(2007年度資格取得)
f0054197_718053.jpg

↓男性の作品です。扉や背景に苔を貼ったりして、とてもクラシカルなイメージに仕上がっていますね。(2007年度資格取得)
f0054197_7115163.jpg

↓とても穏やかで癒される作品でした。さらに個性を磨きましょう。(2008年資格取得)
f0054197_795494.jpg

↓和のイメージで流木が目を引きます。1次審査は通過しました。これは凄い事ですね。(2008年度資格取得)
f0054197_712163.jpg

↓とってもラブリーな作品ですね。背景のトールペイントも手が込んでいます。(2007年度資格取得)
f0054197_7143026.jpg

その他にも何年か前に私の教室で資格を取られた方が4人ほど出展されていました。
マスターの為の講座の時でも見学方々、遊びにいらしてくださいね。久々にお目にかかりたいと思います。

さて、独断と偏見で私が好きな作品です。
↓こちらは金賞を取られた先生のもう一つの作品です。コンテスト受賞の常連さんです。才能を感じます。
f0054197_7113485.jpg

↓細やかな背景の線の色と植物の色がマッチしてテクニックを感じます。この方も毎回賞を取られる常連の先生で、今回もコンテナ部門で受賞されていました。
f0054197_7483434.jpg


↓背景と作品が見事にマッチしていて、雰囲気を作り上げています。
f0054197_7174333.jpg

↓背景・作品ともにバランスが良く、これからが楽しみな作品です。
f0054197_7475415.jpg

↓こちらもムラサキシキブの使い方がとても動きがあって好きな作品です。
f0054197_7141552.jpg

↓こちらはもう私なんぞが評価などおこがましいようなこの道のプロの方です。美しいフォルムと作風は多くのファンがいらっしゃる事でしょう。
f0054197_7474040.jpg

↓ヒューケラやオキザリスの使い方が抜群です。背景と作品が素晴らしくまとまった作品です。
f0054197_7181316.jpg

↓広いコンテスト会場、たくさんのダイナミックな作品の中で、ともすると目立たないかも知れませんが、お手本にしたいような味わいのあるリースですね。
f0054197_7101158.jpg



最後にこのコンテストに出品されているすべての作品が丹精込められていて、私の目からは愛おしい作品ばかりです。どれだけの時間を費やし、努力と想いがあったでしょうか。心を揺さぶられました。
ご参加された皆様を心からねぎらいたいと思いました。

また、見つからなかった入賞作品は2009日比谷公園ハンギングバスケットコンテスト~その1のほうに追記しておきます。

来年3月からのハンギングバスケットマスター養成講座が開講されます。ただ今予約受付中ですので
詳しくはハンギングバスケット専門講座(ハンギングバスケットマスター資格取得講座) 2010ご覧くださいませ。
by kararifu | 2009-10-29 09:18 | コンテスト | Comments(2)

澤泉美智子先生の『クリスマスローズとクレマチスの専門講座』

ご報告がまたまた遅くなりました。10月13日の澤泉先生の『クリスマスローズとクレマチスの専門講座』 です。
澤泉先生はクレマチスの丘を、ショーガーデンとして成功させ、故 小沢一薫氏の農園での研修や麻溝公園で金子明人氏の助手を約8年務める間に、流通するほとんどの品種を自分で栽培して咲かせ、独自のガーデンクレマチスの管理法を構築された方です。
園芸関係の書籍・雑誌のライターさんとしても活躍されています。
↓生徒さんのほとんどの方がハンギングバスケットマスター、グリーンアドバイザー、コンテナガーデニングマスターをお持ちの方たちです。うちのスタッフ見習いさんが、唯一園芸初級者で無資格ですが・・・。(笑)でもこの子は凄い将来有望ですぞ!・・・ってそんな事は置いといて。。
f0054197_5252996.jpg

↓クレマチスの種まき用土です。種まき用土には粉砕水苔が混じっているのが特徴です。PHを変えずに水持ちを良くするために使用します。種まきを成功させる秘訣などをしっかり教えて頂きました。
f0054197_523789.jpg

↓この這沢とパーシーカラーの交配したタネを播きました。
f0054197_5235798.jpg

↓スプレーで水を掛けて湿らせ、毛を取ったタネを重ならないように播き、1cmほど覆土し、最後にバイタル入りの水をかけます。
f0054197_524981.jpg

秋の開花後の剪定は葉や茎を切らないとか、ブラインドの処理方法・・・などなど本にも書いていない情報が満載です。
f0054197_5283271.jpg

↓ここからはクリスマスローズの株分けです。先生のデモンストレーションです。
f0054197_525119.jpg

↓根は下からほぐし、横と下から見て分かれやすい所から半分に切ります。
f0054197_5245289.jpg

↓細分はしないほうが良いとの事。
f0054197_5242282.jpg


その他、品種別土作りのポイント良い花が咲く施肥のポイントなど充実した内容で皆さん大満足のご様子でした。今後この講座はますます目が離せません。
もっと多くの方に聞いて頂きたい講座です。2回目からの受講も受け付けて居りますのでどうぞお申し込みをお待ちして居ります。
by kararifu | 2009-10-28 06:15 | 講習会(コンテナ・ハンギング) | Comments(0)

2009日比谷公園ハンギングバスケットコンテスト~その1

明日まで待てない!こんなお天気では・・・もしかして作品も傷んでいるのでは・・・?
で、フライング気味ですが、賞が確定する前に生徒さんが写した写真を使わせて頂きました。
入選作品の一部をご紹介しましょう。
年々、レベルが上がってどれも力作ぞろいです。(万が一、賞と写真が違っていたら、本当にゴメンなさい!)

都知事賞です。賞が決まっていなかった時に拝見して・・・蔓や枝ものの使い方がやはり1番素晴らしいと思いました。
f0054197_7325135.jpg

金賞です。ホワイトカラーのテーマでここまで華やかに清楚で繊細に・・・素敵です。
f0054197_7321616.jpg

銀賞です。去年私の教室でマスターを取った生徒さんの作品です。美しいモデルさんのような方ですが、決して奢らず、謙虚で人間的にも素敵な方です。
f0054197_7315142.jpg

↓銀賞です。セロシアを散らしてつんと上を向いて可愛いですね。
f0054197_10111984.jpg

銅賞です。コンテスト入賞は常連です。知り合いの先生ですが、さすがに安定した実力です。
f0054197_732349.jpg

銅賞です。背景が作品をうまく引き立てていますね。
f0054197_7414230.jpg

銅賞写真が悪くてごめんなさい。実物はもっと素敵です。蔓の使い方が参考になりますね。
f0054197_1014035.jpg

以下は奨励賞です。
↓やはり写真が悪くてごめんなさい。額から飛び出たダイナミックな作品です。小菊を散らして秋らしさが漂います。
f0054197_10151054.jpg

↓こちらも写真が悪くてごめんなさい。セロシアがポイントになっていますね。うまく使いこなすと印象深いですね。
f0054197_10251638.jpg

↓背景が作品を引き立てている良い例です。中には無いほうが良いのに・・・なんてのもありますからね。
f0054197_7312973.jpg

↓シブさが光る作品です。和の庭に合いそうですね。
f0054197_7311059.jpg

↓背景を付けなくとも入賞された事は立派です。ムラサキシキブが効いていますね。
f0054197_7305694.jpg

↓額をカットした所、色を使い過ぎずに、素敵にマッチしています。
f0054197_7304172.jpg

↓ふんわり植物が綺麗に入っていてお手本にしたい作品です。
f0054197_7302837.jpg



コンテスト入賞の常連さんが多い中で、昨年マスターを取った新米さんが良く健闘しました。そして今回参加された生徒さんは本当にお疲れ様でした。また慰労会をやりましょうね♪

さて、明日はバラ師匠のお家に10時集合で秋バラの鑑賞会があります。
私は午後より日比谷に飛びます。日比谷に行くのは久しぶりですが、刺激をいっぱい受けてきます。
そしてまた、『井上まゆ美のハンギングバスケットマスター養成講座』に生かして行きたいと思っています。
来年度は新たに日曜コースが新設されましたので、平日がご都合悪い方も通いやすくなりました。
もうすでに日曜コースは一番多く集まっておりますので、ご検討中の方はお急ぎください。ってちょっとコマーシャル!(テヘ)


追記)28日に日比谷に行って参りました。雨風にさらされたものでもしっかりとしていてさすがでした。
作品はそれぞれ好みがあると思いますが、賞に入るものはキラっと光るものがありました。
賞に入っていないものでも、人の心に響き、記憶に残る作品が幾つもありました。
by kararifu | 2009-10-27 08:30 | コンテスト | Comments(5)

まだまだ球根!イエローの嵐。

うちの『球根屋さん.com』はちょっと変わっていて、シックな色やちょっと見~きちゃにゃい色(笑)などが好まれているようです。ですから、正直・・・黄色系や赤系はあまり売れません。でもでも、私が今まで植えてみて、とっても良かったイエロー系の球根をご紹介します。
曙(あけぼの)・・・この複雑な色を見てください!柔らかなソフトイエローにグリーンのガク片が見事にマッチして~ほんのり紅が挿します。一目で気に入って今年はどこの種苗会社も扱っていなかったのですが、独自のルートで取り寄せました。
f0054197_18251874.jpg

サンラバーは一人でグラディエーションを作るとっても良い役者です。草丈は低く、咲き始めはイエローでだんだんオレンジ色に変化して行きます。
f0054197_18255845.jpg

アイリス ブカリカ Iris bucharica・・・流通名 ジュノーアイリス。艶のある個性的な葉と25~30cm位の草丈がガーデンでも使い易かったです。群植するとインパクトがあります。
f0054197_18304876.jpg

オニユリ レディーアリス・・・柔らかな色調と小ぶりの花がクルリンと反ってぶら下がります。
f0054197_18314817.jpg

ブローディア イエロースターは文字通り、お星様のように明るい。
f0054197_19235336.jpg

イエロースパイダー・・・ユリ咲きでありながら八重の細い花弁がリボンのように個性を発揮していました。
f0054197_1926271.jpg

↓アップで見ると・・・
f0054197_18321957.jpg

メラスフェルラ ラモーサ・・・南アフリカ原産の球根植物です。横浜では十分冬越し出来ます。チューリップの脇役としてカスミソウのような使い方をお勧めします。
f0054197_191537.jpg

↓八重が多い場合はこんなすっきりとした黒チューリップのポールシェラーをお勧めします。
f0054197_18463279.jpg

↓こちらは斑入り葉チューリップのヤップグロード。花が無くても葉で楽しめました。
f0054197_18455116.jpg

↓ふっくらとしたユリ咲きのムーンライトガールは明るいイエローで月あかり?
f0054197_183959100.jpg

↓赤い縁取りが入る八重のピコティ咲きアキュラは花びらが尖っています。
f0054197_1841020.jpg

↓一昨年、このイエロークラウンにノックアウトされましたん!だって淡い~いクリーミィイエローなのですから。去年は入荷無しだったんです。今年はイエロークラウン+黒のチューリップを群植させるのが夢です。
f0054197_18412874.jpg

↓一重のチューリップには八重のブラックヒーローなどいかがでしょうか。
f0054197_18415961.jpg

↓ブラックヒーローはぽってりしたボタン咲き。
f0054197_1847586.jpg

エンジェルウィッシュ・・・白い縁取りとイエローがマッチしてポップな感じが春を楽しませてくれます。
f0054197_18423925.jpg

↓これは一昨年の鴨志田農園イエローガーデン。色変わりのチューリップを入れても面白いです。
f0054197_18354653.jpg


さあさ!春に向けてイエローガーデンを作りましょう。黄色い斑入り葉や陰影の出る銅葉なども入れると変化が出ますよ。
by kararifu | 2009-10-25 20:11 | 球根&球根苗 | Comments(2)

風になびくグラス植物とグラウンドカバー

農園にもだんだん新しい植物が入荷してきました。
イタリアングラスMolinia caerulea variegata・・・イネ科イブキヌカボ属 耐寒性多年草 草丈:60~80cm 出穂期:9~10月 日当たりを好み、そもそもは水生・沼地植物。斑入りの細葉がなびくとナチュラルで美しい。冬場は地上部が枯れます。
f0054197_11254415.jpg

↓グラス類はお庭作りやコンテナ・ハンギングに欠かせません。
f0054197_11255920.jpg

↓ピンクの斑入り葉が美しいニューサイラン ピンクストライプ
f0054197_11261899.jpg

↓明るい斑入り葉のニューサイラン バリエガタ
f0054197_11263923.jpg

↓アジュガも色々入荷です。アークティックフォックス。白い斑入りで青紫色の小花が咲き、日陰の庭を明るくします。
f0054197_1127598.jpg

↓縁取りがグリーンですね。
f0054197_11272357.jpg

ブラックスカロップ・・・他のアジュガよりも丈夫で育てやすく、一番黒に近い色をしています。
f0054197_11535197.jpg

↓こちらはアジュガ パーティーカラー。大葉系覆輪種で気候や環境によってピンク~紫色を帯びます。
f0054197_11274028.jpg

↓マルチカラーと言うピンクの斑入りより中間色な感じでシックかなぁ~。
f0054197_11275943.jpg


その他ピンク斑入りのマルチカラー、小葉のアジュガチョコレートチップ、縮み葉のメタリカクリスパなど入荷しています。
球根屋さん.comでまもなく販売です。


さて、昨日嬉しいお知らせがありました。2008年度のハンギングバスケットマスターを受けられた生徒さんが日比谷公園ガーデニングショーで「銀賞」を受賞致しました。年々、レベルが上がり100基以上の作品の中で、去年の新人マスターさんが入賞するとは・・・奇跡に近い事ですね。
とても頑張っていたので、連絡があった時は・・・不覚にも涙が・・・。
出展前に送られて来たメールでいくつかの作品を拝見して、入賞とは関係なしに良くぞここまでの作品が作れるようになったと感動したものでした。

また、その少し前にも2007年度にマスター試験を受けられたKさんが名古屋で行われたハンギングバスケットコンテストでセントラルローズ賞を受賞されました。名古屋はレベルが高いと聞いていますので、こちらもまた凄いことです。たまたまご実家に近い公園でのコンテストでしたのでご出展されたそうですが、ご両親も喜んでおられることでしょう。

詳しくは28日午後には日比谷に参りますので写真を撮ってきて、また同時にご報告いたします。
by kararifu | 2009-10-25 12:35 | 農園 | Comments(4)

竹田薫先生の『初心者の為のおしゃれなアレンジガーデニング教室』

『ハッピー・ハロウィーン☆ちょっとブラックなコンテナ』
 ~ブラックビオラと小さなカボチャを使ってブリキの器に寄せ植えします。もう気分はTrick or Treat!?
竹田薫先生の第1回目の教室です。とっても楽しいものになりました。竹田先生は優しい語り口で初心者の方にも分かりやすく丁寧に説明しておられました。私はこの日は生徒さんからアドバイスを求められてもノーコメント・・・ひたすらカメラをぶら下げ報道班に徹しました。終わった後は、竹田先生自ら手作りされたカボチャ入りの焼き菓子とお茶を頂きながら、終始和やかな雰囲気で終わりました。
↓最初は先生のご挨拶から始まりまして・・・生徒さんの自己紹介です。
f0054197_2103952.jpg

↓こんな風に花材はセットされているのですが、お取替えタイムがありまして・・・自由に植えられます。
f0054197_2105595.jpg

↓可愛いピックなども選べました。
f0054197_211844.jpg

↓スイスチャード、ブラックビオラ、コロキア、クッションブッシュ、プレクトランサスにカボチャとピックが付きます。
f0054197_2112359.jpg

↓こちらはビートブルズブラッドが入って、よりブラッキーな感じ。
f0054197_2113827.jpg

↓コロキアの代わりにジュズサンゴ、プレクトランサスの代わりに斑入りランタナを選ばれました。カボチャを置く位置もそれぞれで楽しいですね!
f0054197_2115489.jpg

↓こちらはイエロークローバーが入っています。
f0054197_212823.jpg

↓ブラックビオラの代わりにローズピコティが入っています。ちょっと柔らかなイメージ。スイスチャードの赤い茎とも合っています。
f0054197_2124359.jpg

↓こうやって並ぶと壮観です。間違って持って帰らないでね。(笑)
f0054197_2174211.jpg

↓このブリキのバスケットも球根屋さん.comで販売します。
f0054197_2122643.jpg


次回、11月26日は『セダムのアドベント・リング』
  ~ 寒さにあたってカラフルに色づく多肉植物を使って早めのクリスマス準備。
    ワイヤーリースのリングの真ん中にはフローティング・キャンドルを置きます。乞う、ご期待!
by kararifu | 2009-10-23 21:34 | 講習会(コンテナ・ハンギング) | Comments(0)

小球根が主役のほんの小さな寄せ植え

秋植え球根のピークを迎え、ちっちゃなちっちゃな寄せ植えです。小球根は、とにかく群植しないと目立ちません。でも、球根から育てて咲いて来た時の喜びはまた格別なものがあります。
↓アッツザクラ‘ルビーの輝き’・・・八重のマゼンダ色が小振りで可愛い。イエロークローバーTrifolium pratense ‘Nina’とセダムデジフィルムで地肌をカバー。
f0054197_31033.jpg

↓プスキニア リバノチカ アルバ・・・ルブス サンシャインスプレンダーをアクセントに地肌には苔を張りました。
f0054197_312714.jpg

↓シラーにも良く似ていて、こちらはアルバですが、他には白地に青のラインが入るのがあります。ユリ科 開花期 3~4月
f0054197_3585440.jpg

↓トリトニア クロカータ オレンジ・・・南アフリカ原産の小球根です。足元を引き締める為にアルテルナンテラ ポリゴノイデスの銅葉を使っています。
f0054197_354766.jpg

↓濃いオレンジ色が元気になります。フリージアに似ていませんか?
f0054197_315344.jpg

↓チオノドクサ・・・アカエナ イネルミス パープレアの銅葉をグラウンドカバーに。
f0054197_302989.jpg

↓球根をたくさん仕込んで、春にはニョキニョキ出てきました。
f0054197_359388.jpg

↓他にはこのようなブルーやピンクがあります。
f0054197_401082.jpg

↓ブローメリア オーレアBloomeria crocea var. aurea ・・・足元はアルテルナンテラ マーブルクイン。斑入り葉は日に良く当てるともっとピンクに色付きます。
f0054197_332120.jpg

↓ブローメリア ユリ科 ブローメリア属 カリフォルニア原産 草丈は30cmほどで、花期は4~6月。ブローディアのスターライトに似ているけれどこちらのほうが全体的に華奢な感じです。
f0054197_33542.jpg

↓アッツザクラの半八重です。淡いピンクなのでセダムトリカラーのピンクと合わせました。
f0054197_344566.jpg


誰にでも作れる小さな小さな球根コンテナです。チューリプやスイセンだけではなく時には小球根を愛でるのもいかがでしょうか。
by kararifu | 2009-10-21 04:47 | 球根&球根苗 | Comments(0)