<   2010年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

K邸のお庭のリフォーム

ハンギングバスケットをお勉強されているK様からご相談を受けたのは、アパートとご自宅のアプローチの間にハンギングを飾る為の塀を設けたいとの事でした。お伺いした時もたくさんのハンギングバスケットが所狭しと飾られていました。
↓施工前の様子。雰囲気はあるのですが、ハンギングを飾るには・・・背景にご苦労されていたようです。
f0054197_214215.jpg

↓住宅の外壁とも違和感のないように・・・また、程よくアパートの住人の方のプライバシーが保てるように・・・。土の部分の植栽はK様がこれから少しずつ植え込んで行かれます。植栽されたら・・・もっと映えますよ~。。
f0054197_2144926.jpg

↓塀には花台を作り付け、その上にはダウンライトを取り付けて、玄関までのアプローチを夜でも雰囲気のあるものに変えています。
f0054197_2194884.jpg

↓優しげな色の施主様が作られたハンギングがとても映えていました。
f0054197_2193888.jpg

↓遮へい感のないように塀の高さを所々下げ、そこにも花台を設けました。これは、K様のご希望です。
f0054197_2110255.jpg

↓施工前のアパートの階段付近。
f0054197_2121142.jpg

↓圧迫感を感じさせないように明るい色の壁色で作りました。
f0054197_2121025.jpg

↓K様がお作りになったハンギングが外壁に並ぶと、とても美しい道沿いになります。
f0054197_21204695.jpg

↓こちらは和風庭園の面影を残すリビング前の様子です。ここにデッキを作る事もお受けしました。
f0054197_2131518.jpg

↓掃きだし窓と同じレベルで作ると、リビングが広く感じられ、使い勝手が良いですね。ここには蔓ものを這わせて夏でも涼しく作業が出来ますように・・・。
f0054197_2132327.jpg

↓今はお家の中に居るワンちゃんの小屋が可愛い!
f0054197_2131298.jpg

↓水場も作り・・・作業がし易く・・・
f0054197_21313913.jpg

↓アプローチの横に石積みの花台も作り、いずれK様の作品でギャラリーのようになるでしょう。
f0054197_7274146.jpg


本日は南大沢のハンギングバスケットコンテストの搬入の日です。4月は天候不順でなかなかお花を咲かせる事が出来なかった方が多かったのではないでしょうか?これも良い経験ですね。大事な作品を壊さないように注意して搬入して来てください。

5月3日は生徒さんの汗と努力の尊い作品を見に行きます。
by kararifu | 2010-04-30 08:36 | お庭の施工 | Comments(0)

入荷情報第2弾です。

第3弾、4弾もあります。う~ん、追いつかない~!

さて、先ほど平塚にある花菜ガーデンでのハンギングバスケットコンテストの結果が次々と電話やメールが入って来ています。
2007年度ハンギングバスケットマスター養成講座卒業生のMさんが『平塚市長賞』、2008年度卒業生のKさんが『理事長賞』、そしてまたまた昨年度卒業生のM藤さんが昭和記念公園のコンテストに引き続き受賞されました。これはスゴイことです。あっぱれ!です。この事は私が一番の励みになりました。生徒さんの頑張りに・・・私も負けないように勉強していきたいと思います!
そっかぁ・・・それでは何とか時間を作って花菜ガーデンも見に行かなければ・・・。

○ニシキシダAthyrium niponicum ・・・イワヤツデ科 メシダ属. 花期, 4~7月 シェードガーデンお勧めのしだです。これははずせませんよ~。
f0054197_23424396.jpg

○ルブスカリシノイデス・・・バラ科 イチゴ属 常緑なのでトキワイチゴとも呼ばれます。 厚みのあるハリハリした質感と葉の形が面白いです。アイビーに飽きた人に・・・。
f0054197_23425616.jpg

○イワガラミムーンライトSchizophragma hydrangeoides'Moonlight' ・・・ユキノシタ科 イワガラミ属 葉に白い斑が入る品種。月の光を浴びて白っぽく輝く葉が美しい。
f0054197_23441641.jpg

○斑入りアケビ・・・風に揺れるつると白い斑入り葉が夏の暑さを忘れさせてくれる涼やかな蔓植物です。
f0054197_23144583.jpg

○ハナシノブタッチオブグラス・・・まだほんとうに珍しいハナシノブです。 美しい斑入り葉に、このようなハナシノブらしからぬ花を咲かせます。
f0054197_23444464.jpg

○ドデカセオン Dodecatheon meadia ・・・サクラソウ科 草丈:20cm位 英名はシューティングスター、和名はカタクリもどきやシクラメンもどき と呼ばれています。半日陰を好みます。
f0054197_23155232.jpg


○バコバ スピーシーズ・・・立ち性のバコバで名前も付いていないようです。
f0054197_23455617.jpg

○宿根エリシマム パープレア・・・アブラナ科 しっかりと作り込んだ花姿です。銀葉が特に美しいです。
f0054197_23221357.jpg

○リナリア ネオンライトLINARIA aeruginea 'Neon Lights'. ・・・ゴマノハグサ科,草丈:20cm  花期:春~秋. 本来は短命な多年草ですが 日本では1年草扱いとなります。シルバーリーフが美しい匍匐性のリナリアで、花色はMIXです。
f0054197_23193581.jpg

○白花クリーピングタイムThymus serpyllum ・・・シソ科 ほとんど高くならずに低く地を這います。
f0054197_2312307.jpg

○斑入りクリーピングタイム・・・細かな花と斑入り葉がグラウンドカバーにお勧めです。
f0054197_23173225.jpg

○ヒメキランソウ パープルAjuga pygmaea.・・・シソ科 キランソウ属 葉に強い光沢がありやや肉厚です。グラウンドカバープランツとしてお庭にお勧めです。
f0054197_23164362.jpg

○ヒメキランソウ ピンクは珍しいです。
f0054197_23111565.jpg

○プレクトランサス ブルースパイヤーPlectranthus parviflorus 'Blue Spaire'・・・シソ科 プレクトランサス属 白い斑の縁取りが入るライムグリーンの葉とスカイブルーの花のコントラストが爽やかな印象のプレクトランサスです。
f0054197_23183449.jpg

○極小輪ペチュニア ラベンダーベイン・・・花径が1円玉くらいの大きさの可愛いペチュニアです。切れ込みのある花びらも従来のミニペチュニアとは趣が違います。
f0054197_2334455.jpg

○極小輪ペチュニア  ソフトピンク
f0054197_2324022.jpg

○極小輪ペチュニア バイオレットブルー
f0054197_2343651.jpg
   

○四季なりゆうびワイルドストロベリー来夢・・・鹿児島「ゆうび農園」の松木園裕美さんが育成したワイルドストロベリーの選抜品種です。
f0054197_231332100.jpg

○四季なりゆうびワイルドストロベリー ジュエル・・・ジャパンフラワーセレクションにも入賞したすごい品種です。寄せ植えにもぴったりのカラーリーフ。
f0054197_23141374.jpg

○黒花フウロGeranium phaeum var. phaeum ・・・花期:初夏 草丈:50cm 耐寒耐暑性の宿根草
ファエウムの中では一番黒に近い色で、花付きが良く、丈夫。
f0054197_23213795.jpg

○クサソテツMatteuccia struthiopteris・・・多年生シダの一種。若芽はコゴミ(屈)といい山菜のひとつです。
f0054197_23225490.jpg


農園にいらっしゃりご縁があった方がたが、何らかの形で良くなっていく事は大変嬉しく思います。
拙い農園ですが・・・ご利益があれば幸せです。
by kararifu | 2010-04-28 00:13 | 農園 | Comments(0)

4月22日 竹田薫の『初心者の為のおしゃれなアレンジガーデニング教室』

母の日を目前に控えて、たくさんの方がご参加くださいました。中にはお一人で3個も作られて贈り物にされる方が居られました。
↓ガーデニングの基礎的な知識を丁寧に説明され、終わった後にはお茶と先生の手作りお菓子が頂ける楽しい講座です。
f0054197_2117186.jpg

↓それでは代表で生徒さんの6作品です。
色のバランスが上品で優れた作品です。ヘリオトロープ、ヘデラ 白雪姫、プラティア、ペチュニア ホワイトバニラ、ジプソフィラです。
f0054197_19115854.jpg

↓ペチュニア ホワイトバニラはグリーンがかった八重の人気品種。
f0054197_2122155.jpg

↓お花が盛りだくさんな華やかな作品です。マーガレット モリンバ、フロックス バリエガタ、マトリカリア、フクシア、ヘデラ 白雪姫。
f0054197_1982472.jpg

↓マーガレット モリンバは珍しい色目です。
f0054197_19165297.jpg

↓動きのある素敵な作品です。
f0054197_1985289.jpg

↓ペチュニア ピンクバニラは甘い色。。
f0054197_21311257.jpg

↓フクシア ウィンチャイム ピンクパープル
f0054197_19193413.jpg

↓農園にある植物を選んだら・・・手順良く植え込んで行きます。
f0054197_1972252.jpg

↓皆さん、植え込む時は真剣です。
f0054197_21175820.jpg

↓バスケットよりもはみ出して植え込むと大きく見え、動きと流れがあります。
f0054197_1992835.jpg

↓カランコエ 白銀の舞のピンクの花とフクシアがイケてますね~。
f0054197_1995573.jpg

↓フクシア コーラルピンクパープルがとても良い味を出しています。
f0054197_20551040.jpg

↓優しい色のぺチュニアとクレロデンドルム パピヨンローズ、ヘリクリサム オーレアがポイントですね。
f0054197_19103873.jpg

↓クレロデンドルム パピオンローズは花びらが蝶が飛んでいるようです。
f0054197_20582444.jpg


こちらの講座は花材実費のみのお得な講座です。毎月第4木曜日の午前中です。どしどしご応募くださいね。優しく丁寧な竹田先生がお待ちしています。
by kararifu | 2010-04-25 21:50 | 講習会(コンテナ・ハンギング) | Comments(2)

続々入荷です!

市場にも流通しない珍しい苗や鉢物が続々入荷してきました。これからは宿根草が面白いです!

↓モナルダ ディデマ ピンクスプリーム・・・シソ科 耐寒・耐暑性宿根草。草丈:40~70cm 花期:7~8月
赤みがかった葉に深いピンクの花は花付きが良くしかも長持ち。蟻もひきつける芳香が魅力。ウドンコ病にも抵抗性があります。待望の矮性種です。
f0054197_812296.jpg

f0054197_831939.jpg

↓モナルダ プンクタータ・・・・シソ科 耐寒・耐暑性宿根草。草丈:70cm~80cm 花期:7~8月
花が黄色で数段になってつき、花序を抱くガクがピンク色をおび、なんとも個性的な花姿です。黄色い花が散ってしまった後もピンクのガクは残るので長い間楽しめます。
f0054197_8261418.jpg

↓リベルティア タウポプレイズ・・・アヤメ科 ニュージーランド原産 草丈:30~80cm 常緑宿根草。
温かみのあるエンジ色が寄せ植えの引き締め役に適しています。
f0054197_833271.jpg

↓12cm鉢入り
f0054197_835466.jpg

↓こんなタグです。
f0054197_844413.jpg

↓リベルティア ゴールドフィンガー・・・鮮やかな黄金葉が高級感を生み出します。
f0054197_851324.jpg

↓こんなタグです。
f0054197_845736.jpg

↓ゴールデンハニーサックル(ロニセラ)・・・スイカズラ科 ロニセラ属 常緑ツル性植物 
黄色に網目の斑がきれいに入っていて、強健で育てやすく半常緑性なので冬でも多少葉っぱが残ります。
f0054197_8275353.jpg

↓ルリタマアザミ・・・キク科 草丈:70cm 茎の先端に直径4~5cmの青色のボールをつけ、よく分枝して見事です。
f0054197_829950.jpg

↓ペチュニア アンティークシェード・・・ニュアンスのあるペチュニアです。中間色の寄せ植え・ハンギングにお勧めです。
f0054197_855597.jpg

↓ペチュニア ライムグリーン・・・今期発登場!癒しのライムグリーンです。
f0054197_86248.jpg

↓ディセントラ ゴールドハートDicentra spectabilis 'Gold Heart' ・・・とにかく葉の美しいタイツリソウです。ピンクの花とのコントラストも鮮やかです。
f0054197_863667.jpg

↓カラスバ人字草Saxifraga cortusaefolia ・・・ユキノシタ科 草丈:10~35cm 花期:9~11月
下側の2つの花弁が長く、その様子が人という字に似ていることから人字草と名がついています。
f0054197_88034.jpg

↓リグラリア ブリッドマリークロフォードLigularia 'Britt Marie Crawford'・・・キク科 耐寒性多年草 花期:7月~10月 草丈:50~100cm 
ツワブキに良く似た大きなブロンズリーフが魅力です。濃い山吹色の花とのコントラストが素晴らしい。
f0054197_883137.jpg

↓ユーフォルビア アミグダロイデス プルプレア・・・この銅葉色の葉とグリーンイエローの花が寄せ植えに威力を発揮します。
f0054197_8104554.jpg

↓ヘリクリサム ルビークラスターHelichrysum 'Ruby Cluster' ・・・キク科。シルバーリーフの中からピンクの蕾が顔を出す、可愛いヘリクリサムです。
f0054197_8114738.jpg

↓ブロンズフェンネルFoeniculum vulgare Rubrum・・・ セリ科 耐寒性多年草 草丈:約50cm~100cm
キッチンガーデンの彩りと質感の変化を楽しむのに最適です。
f0054197_824411.jpg

↓コリアンダーCoriandrum sativum・・・ セリ科 パクチー、香菜、シャンツァイとも呼ばれる ハーブの一種で、 独特の香りがあり、好みが分かれるところです。ちなみに私は大好きです。!
f0054197_8435134.jpg


まだ、入荷したものの10%くらいのUPです。第2弾、3弾とお楽しみにして下さい。

これから農園に向います。オープンディですので・・・。
明日の撮影の準備と母の日向けの寄せ植えが作れると良いなぁ~。。
by kararifu | 2010-04-24 10:02 | 農園 | Comments(0)

昭和記念公園の東京インターナショナルフラワー&ガーデンショー

行ってきましたよ!気温7℃の雨天の中で・・・。そんな天候の中で長蛇の列を作っている所があって、何だろう!・・・と思ったら、スケートの高橋大輔さんがトークショウをするとのことでした。あの寒さの中で、長い時間立って待っているのは、スゴイ根性ですね~。ってそれは置いといて、7人の卒業生や現在もマスターの為の講座で勉強中の生徒さんたちがチャレンジしたその苦闘と努力の作品を中心にお伝えします。

↓2009年度卒業生T様の作品・・・金賞受賞。背景のクレマチスのあしらい方や下部の装飾には目を見張るものがありました。宿根性のスイートアリッサムがふんわりと優しく主役を引き立てて居ます。並み居るツワモノたちの中で、去年卒業したほやほやのマスターさんが良く健闘しましたね。おめでとうございます。。(農園マスターの為の講座で継続勉強中)
f0054197_75725.jpg

↓2007年度卒業生K様の作品・・・銀賞受賞。男性の作品です。ネモフィラなどの小花を効果的に配して居ますね。左上のユーフォルビアの分量がやや多かったかな。。何はともあれ初受賞、おめでとうございます。
f0054197_772037.jpg

↓2009年度卒業生M様・・・銀賞受賞。上品な色合いでまとめ、背景にも工夫を凝らしていて良くマッチしていました。T様と同じく、昨年度の卒業生で、今年のマスター受験生の励みになりますね。貴方のガッツはスゴイ!(農園マスターの為の講座で継続勉強中)
f0054197_763870.jpg

↓2008年度卒業生S様・・・銅賞受賞。どの大会でも入賞圏内に入ってくる安定した力になって来ました。作品を目立たせる背景にもう一工夫が必要です。年齢に関係なく目標を持って努力する前向きな姿勢にいつも刺激されます。(アトリエおだきゅうハンギングコース継続受講中)
f0054197_765911.jpg

↓2008年度卒業生I様・・・美しい植栽技術、デザインとも十分素敵でしたが、中央右下の部分がやや残念でした。(アトリエおだきゅうハンギングコース継続受講中)
f0054197_752614.jpg

↓2007年度卒業生S様・・・紫キャベツとヘレボルスを主役にした個性溢れる作品でした。背景も素敵で印象に残りました。(農園マスターの為の講座で継続勉強中)
f0054197_761879.jpg

↓農園マスターの為の講座受講中Y様・・・コデマリが咲きそろって動きがありきれいでした。やはり中央右下の部分が少し寂しかったです。でも背景と作品が良くマッチしていましたよ~。
f0054197_754499.jpg

↓2008年度卒業生S様・・・卒業されてからずっとご無沙汰ですね。どこかでお勉強を続けられているかも知れません。トップのパンジーがやや残念だったかも・・・。
f0054197_76227.jpg

↓こちらはお友達のO様の作品です。今回は最優秀賞の1等賞です。バスケットを2個使い背景の蔓ものとのデザインが斬新でした。オステオスペルマムが良く根付いており、雨の中でも元気に咲いていました。植え込み方が抜群にきれいです。キャリア十数年・・・さすがです。おめでとうございました。
f0054197_8134314.jpg

↓こちらの作品はとても印象に残る作品でした。群馬県からの出展で銀賞受賞作品です。オステオスぺルマムとペチュニアの色、小花、クレマチスなどすべての色が計算しつくされており、背景のグレーのモールと不思議な世界感を出しています。
f0054197_8241488.jpg

↓コンテスト常連・常勝の方の作品です。今回も銀賞を取られていました。花と葉の分量のバランス、メギの動き、ヒューケラなどのカラーリーフの美しさなどさすがなものがあります。
f0054197_8315287.jpg


今回の大会でとても嬉しかった事は、出展の時にバスケットを落としてしまった仲間をYさんが助けてくださった事、そして作品設置の時に男性のKさんが仲間を手伝ってくださった事・・・同じ生徒同士、助け合ってコンテストに臨んだ事は本当に感動致しました。
まだ2~3のコンテストが残っています。気持ちを引き締めて残りのコンテスト出展者は頑張ってくださいね。
落ち着いたらまた、慰労会をやりましょうね~。
by kararifu | 2010-04-23 09:14 | コンテスト | Comments(4)

女性カメラマンはカッコいい!

昨日は雑誌の秋号撮影の為、住宅展示場の旭へーベルハウスをお借りしてのお仕事でした。最近は女性カメラマンも多くなり、そのお仕事ぶりはカッコいい~!の一言です。でもでも、重い器材を持ったり、天候によって左右されたりとなかなかハードなお仕事のようです。
f0054197_6421516.jpg

↓その一部をご紹介しましょう。球根屋さん.comの井上に来る仕事ですから・・・あくまで球根がメインの寄せ植えです。
f0054197_643246.jpg

↓早咲きグラジオラス トリステス パープル、バビアナ ストリクタ マゼンダ、アネモネ フルゲンス、アッツザクラ ルビーの輝き、イフェイオン ピンクスターが入っているピンク系の寄せ植えです。バビアナ ストリクタ マゼンダ以外はすべて農園産の芽出し球根で作りました。
f0054197_6424056.jpg

↓ブルー系の寄せ植えはイングリッシュブルーベル、バビアナ ストリクタ ブルー、リューココリネが入っています。苔を貼って少し和風っぽく・・・。
f0054197_6425318.jpg

↓背景にはいつも苦労します。おまけに風があったので止み待ちだったりして・・・。カメラマンさんは大変です。
f0054197_643108.jpg

↓こちらはイエローの寄せ植えです。チューリップ バタリニー ブライトジェム、キルタンサス キングイエロー、メラスフェルラ ラモーサ、スイセン ジョンキル、バビアナ ストリクタ クリームです。
f0054197_710731.jpg


↓こちらは手順付きのウエルカムコンテナです。
f0054197_6422911.jpg

↓昨年新発売の八重スイセン マイストーリーです。このように咲き進むとだんだん色が淡くなります。咲き始めはサーモンピンクですよ~。
f0054197_78795.jpg

↓風に揺れる早咲きグラジオラス トリステスです。このグリーンがかった淡いクリームイエローがなんとも言えずに癒されます。この株はもう一昨年からの植えっ放しで育てたものです。
f0054197_771789.jpg


旭へーベルさんとご縁が出来たのもスタッフれい子さんが前にお勤めをしていた関係でご紹介くださったからです。感謝!感謝!またスタッフかおりんには植え込みを手伝ってもらったり、初めて撮影現場体験のくーちゃんが現場への搬入・搬出など大活躍でした。雨が降ってきて、撮影も中断したり、光不足だったりとオセオセでしたが、何とかチームワークで花期の短い球根の寄せ植えはほぼ予定どおりに進みました。今度は冬号のセダム類の撮影になります。こちらは花期が短い・・・と言う事が無いのでちょっと安心です。
by kararifu | 2010-04-21 08:00 | メディア | Comments(0)

壷型クレマチスの魅力ったら!

やっと揃って来ましたよ、壷型クレマチスの開花鉢。今年は天候が不順で開花が遅れていました。
この壷型のクレマチスの良さはなんと言っても暑さに強く丈夫で剪定が簡単な事。新枝咲きなので開花が終わって地際から20cmぐらいのところで剪定すると、また下から新芽が出てきてツルを伸ばして開花します。
繰り返し咲きますので秋まで楽しめますよ!
↓最近、仲良くさせて頂いている壷型クレマチス専門ナーセリーより入荷しています。18cm鉢、竹のあんどん仕立てです。
f0054197_6492417.jpg

↓若紫・・・ヴィオルナ系 木立性ですのでコンテナでも栽培しやすいです。香りがあり、咲き始めは内側がグリーンで開花が進むと白っぽくなります。
f0054197_647145.jpg

↓桃の君・・・ヴィオルナ系 ピンク色のラブリーな品種です。
f0054197_6472525.jpg

↓白磁・・・ヴィオルナ系 ほんのり色が乗る白に近い品種です。
f0054197_648443.jpg

↓玉かずら・・・ヴィオルナ系 赤色の壷が目を惹き、香りもあります。
f0054197_6475244.jpg

↓淡雪の君・・・ヴィオルナ系 微妙な色彩はまさに淡雪ですね。香りもあります。
f0054197_6483192.jpg

↓あやめの君・・・ヴィオルナ系 モケモケの質感とリバーシブルのコントラストが絶妙です。
f0054197_649241.jpg

↓クリスパエンジェル・・・ビチセラ系 こちらは花径と4~5cmヴィオルナ系より大きめの壷です。
f0054197_6465867.jpg

↓淡い白藤色で先端が大きくカールしてます。
f0054197_6473850.jpg

↓ハンショウズル・・・ビチセラ系 モケモケの壷で個体変異が多い。花径:4~5cm
f0054197_721169.jpg

↓ぐるぐるですから木に絡ませたり、壁面をすぐに修景できます。
f0054197_722379.jpg

↓ソシアリス・・・インテグリフォリア系 花径:3~4cm 草丈:0.3~0.5m
細い笹葉の先に1つ花を咲かせます。花弁の内側が紫色で外側が薄紫色の花弁で、地下茎で繁殖する珍しい品種です。
f0054197_8123963.jpg

↓カイウ・・・ヴィオルナ系 珍しい白系です。花径:2~3cm 草丈:3~4m
f0054197_8131384.jpg


壷型のクレマチスは挿し木が難しいので実生で繁殖され、長い年月をかけてやっと開花鉢が市場に流通されます。そのあたりが金額に反映されてきますが、球根屋さん.comではどこよりもお安い金額で提供致しております。壷型クレマチスの育種家で名門ナーセリーのご協力を得て今年は珍しい新品種も入手する事が出来ました。これからどんどん登場します。

さて、本日は市場出荷のセダムキューティと雑誌撮影用の寄せ植え作りで大忙しです。
by kararifu | 2010-04-19 08:27 | クレマチス | Comments(0)

小花がたくさん!入荷情報です。

UPが間に合わないくらいにどんどん入荷しています。お近くの方はどうぞ金・土の農園オープンディにお越し頂き、実際に見てくださいね。変わったものがたくさんありますよ~。
↓キンギョソウ スカンピードラゴン・・・こんな美しい葉色のキンギョソウが去年から売り出されました。カラーリーフとして十分楽しめます。
f0054197_6564596.jpg

↓既存のキンギョソウ ダンシングクイーンはスカンピードラゴンよりももっと濃い感じです。生産地の違いもあると思いますので引き続き観察していきます。これで銅葉のキンギョソウ タスカンズブロンズと3種揃いました。
f0054197_75058100.jpg

↓アロンソア サーモンビューティーAlonsoa meridionalis Salmon Beauty ・・・ゴマノハグサ科 耐寒性多年草ですが日本では1年草扱いです。暑さにも比較的丈夫で花期が長いです。
f0054197_6565832.jpg

↓既存販売のアロンソアと合わせても良いですね。
f0054197_746178.jpg

↓ダリア グロー・・・こちらのシリーズで、この色だけまずは入荷です。暑さにとても強いダリアで、従来の小輪ダリアは夏に花が止まることがありますが、このシリーズは盛夏でも花が休みません。 花期が長く秋遅くまで咲きます。
f0054197_6571355.jpg

↓八重ペチュニア ホワイトバニラ・・・お待ちかねの人気のバニラシリーズです。
f0054197_6572436.jpg

↓ピンクバニラ
f0054197_6574074.jpg

↓ブルーバニラ
f0054197_6575186.jpg

↓ペチュニア ライムバイカラー・・・こんな不思議色のペチュニアです。さて、どう料理しましょうか・・。
f0054197_65839.jpg

↓こんなに色幅があります。
f0054197_70528.jpg

↓ナスタチウム アートブレス オレンジ・・・超八重咲きナスタチウム~が売りです。3色MIXでしたがこの色だけ欲しかったのです。
f0054197_6581527.jpg

↓リナリア マロッカナLinaria maroccana・・・ゴマノハクサ科 ウンラン属 花期:3~5月 草丈:30~40cm こんな微妙な色は思わず植えたくなります。
f0054197_65993.jpg

↓コピア ラベンダー・・・普通のコピアははい性ですが、こちらは立ち性です。ハンギングにもお勧めです。
f0054197_6594620.jpg

↓八重黒系オダマキ ブラックパール・・・キンポウゲ科 耐寒性多年草 シックな大人の色合いでエレガントなオダマキです。
f0054197_659597.jpg

↓カンパニュラ サムベル・・・キキョウ科 花期:6~7月草丈:30~50cm 花の重みで垂れ下がる様に咲き、ハンギングにも使えます。
f0054197_701617.jpg

↓ロベリア プリンセスブルー・・・キキョウ科の宿根草 花時期:3月~12月  花時期が長く、植えっぱなしで毎年楽しめる宿根草。長い茎の先に青い鳥が舞い踊っているような今までにないロベリアです。
f0054197_711556.jpg
f0054197_713167.jpg

↓桃花テイカカズラTrachelospermum asiaticum ・・・キョウチクトウ科 つる性常緑低木。半日陰が適し、気根で壁面を這い登り、巻きひげで樹木やポールにまきつくのでフェンス、アーチ、壁面に最適。今回のニ入荷は30cm鉢入りの1点もので壁面がすぐに修景できます。
f0054197_714814.jpg

↓レースラベンダー月のしずく・・・シソ科 ラバンデュラ属 半耐寒性常緑亜低木。
白い縁取りのある花びらがロマンチックです。日当たりと乾燥を好み、冬は霜が当たらない程度に管理してください。
f0054197_8466100.jpg

↓スターマインアルバ・・・ホワイトガーデンにお勧めです。
f0054197_8461811.jpg

↓オルビクラリスCrassula orbicularis・・・クラッスラ属 ランナーを伸ばし群生し、冬は紅葉します。
f0054197_6584296.jpg

↓カペンシスOthonna capensis ・・・キク科 オトンナ属 黄花新月(きばなしんげつ)とも言われています。ルビーネックレス(紫月)はキク科. セネシオ属なんですね~。まるで紫月のグリーン版のようです。
f0054197_6585429.jpg


今日は4月の17日と言うのに雪が降るスゴイ天候ですね。農園のストーブの灯油ももうおしまい!と思いきや・・・何なんでしょうね~。
農園にお越しの方は十分注意をしてくださいね。
by kararifu | 2010-04-17 09:39 | 農園 | Comments(4)

アトリエおだきゅう 4月12日のハンギング講座

入会してから1年未満までの方たちの作品です。
↓パステル調のフクシアとペチュニアライム、ピンクの八重マーガレットが華やぎを出しヘリオトロープの濃い紫で陰影を出しています。その他はエレモフィラ ニベア、バーベナ ロココ、ラミウム ガリオブドロン、ロペジア、ヘデラ 白雪姫、カレックス ジェネキーです。
f0054197_5164418.jpg

↓フクシア・・・ほんのりピンクが差すパステル色の木立性フクシアです。
f0054197_6221157.jpg

↓八重小輪マーガレット・・・品種名は不明ですが小輪で使い易いです。
f0054197_621556.jpg

↓バーベナ エンパイヤー ロココシリーズのアプリコットオレンジです。
f0054197_633155.jpg

↓こちらはマスターさんの作品です。細かく散らした手法が繊細です。マーガレットモリンバと小輪ダリアで濃淡を付け、ピンクの八重小輪マーガレットで可愛らしさを出しています。その他はピティロディア フェアリーピンク、ヒューケラ、チェリーセージなどを脇役に使っています。
f0054197_516553.jpg

↓マーガレットモリンバは変わっていて印象的ですね。
f0054197_6204021.jpg

↓小輪ダリア・・・赤紫色の品種不明種。 
f0054197_6214234.jpg

↓背景が白板なので、エレモフィラが欠けて見えちゃってますが、ちゃんと丸く出来ています。
f0054197_5163150.jpg

↓ペチュニア夢のしずくは色幅がある面白い品種です。
f0054197_6212672.jpg

↓柔らかい色調で統一しています。微妙な色のペチュニアを使って花の形や大きさの変化をうまく出しています。
f0054197_5161967.jpg

↓微妙な色のペチュニア
f0054197_621733.jpg

↓ワイゲラフロリダバリエガタ
f0054197_6205524.jpg


こちらのクラスはコンテストに積極的に参加したり実際にお仕事をしている現役組が半数いらっしゃる活発な講座です。受けられる人のメンツによってクラスの雰囲気はずいぶん変わりますね。刺激を求めるなら月曜クラス、マイペースで楽しみたい方は伝説のマダ~ムがいらっしゃる水曜クラスとか・・・(爆)

さて、本日もハンギングバスケットマスター水曜コースです。張り切って参りましょう。
by kararifu | 2010-04-14 07:54 | 講習会(コンテナ・ハンギング) | Comments(0)

春植え球根の苗が揃って来ました。

農園産の芽出し球根苗が揃って来ました。今年のセレクト球根苗です。
○カラー サトイモ科 開花期:6~9月 草丈:40~70cm 
↓ブラックスター・・・黒好きさんの大好きなブラックです。下記のシュワルツワルダーとの違いは、葉にも細い黒縁取りがあります。私はこちらのほうが好きですね~。
f0054197_5115227.jpg

↓シュワルツワルダー
f0054197_521188.jpg

↓ピカソ・・・パッケージ写真ですと地がクリーム色に写っていますが、かなりホワイトの地です。中心の紫とのバイカラーは大人っぽい魅力です。
f0054197_5173846.jpg

↓スカシのような斑点の葉が特徴です。
f0054197_520229.jpg

↓モーツアルト・・・このパッケージ写真よりは淡い色です。
f0054197_5181269.jpg

↓アメジスト・・・基部が白く、上品な紫色のカラーです。ブルーガーデンにお勧めです。
f0054197_51961.jpg

○地植えOK(地中温度が-5℃まで)のアマリリス ガーデンオーケストラシリーズです。
ヒガンバナ科 草丈:40~50cm 原産地:南アフリカ 開花期:5~7月
↓ヘリオス・・・一重で原種の風情。
f0054197_5122216.jpg

↓アラスカ・・・八重で中心がグリーン。
f0054197_5131719.jpg

↓バレンチノ・・・赤い花びらの中に白くフラッシュのように入るのが可愛い。
f0054197_5141554.jpg

○カラーリーフカンナ カンナ科 草丈:100~150cm 花期:6月~10月 
↓デバルト・・・濃い桃色の斑入り花です。
f0054197_5152088.jpg

↓ブラックナイト・・・濃い銅葉が人目を引きます。オレンジの花。
f0054197_5155554.jpg

↓マホーク・・・赤花に銅葉
f0054197_511895.jpg

○セレクトグラジオラス  アヤメ科 花期:6~7月 草丈:80~90cm
↓ウスラ・・・花が大きく花穂も雄大で、夏花壇を見事に演出します。深い紅色です。
f0054197_5144421.jpg

○ユニークダリア  開花期:6~10月 草丈:60~120cm
↓球宴・・・後ろ姿も魅力的な品種です。主枝を3~4節で摘芯すると立派な花が咲きます。
f0054197_5134564.jpg


わぉ~!またまた、久々の更新になってしまいました。ネタは山ほどあるのに・・・時間切れでUP出来ずに仕事に向かってしまう毎日でした。本日もこれを終えてから農園に出向いて、苗を揃えてアトリエおだきゅうのダブル講座に出発します。
夜は砧市場に出荷と仕入れがあります。
by kararifu | 2010-04-12 06:14 | 球根&球根苗 | Comments(2)