<   2010年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

5月の竹田薫の『初心者の為のおしゃれなアレンジガーデニング教室』

~マイ・リトル・キッチンガーデン~
  コランダー等のキッチングッズにハーブや野菜苗を寄せ植えしてキッチンガーデンを作りましょう。お料理が楽しくなるかも♪
こんなコンセプトで行われました初心者でもとっても楽しい講座です。
それでは全員の作品をご紹介します。
↓ブロンズフェンネル、斑入りイチゴ、オレガノロタンダフォリア、斑入りセリ フラミンゴ、コネギ、黒ミツバ、ナスタチウムアートブレスオレンジ、レタスMIXなどが入っています。見た目もとてもおシャレですね。
f0054197_8342444.jpg

↓こちらはハーブゼラニウムと右側にマイクロトマトが入っていますね。もう少しで収穫できます。
f0054197_833598.jpg

↓ミントやベビーリーフ、タイムハイランドクリームが入っています。ぎっしりと食いしん坊のコンテナです。
f0054197_8332275.jpg

↓ゆうびワイルドストロベリーの実が可愛く枝垂れています。
f0054197_8333459.jpg

↓ロメインレタスがおいしそうです。バランスよく植えられていますね。
f0054197_8335060.jpg

↓ブロンズフェンネルもどんどん使いましょうね。乾燥防止と土の流れ止めのために水ゴケで土を覆っています。
f0054197_834672.jpg

↓バジルが入っていますね。こんなコンテナがキッチンの脇にあって摘みながらお料理する・・・なんてお洒落なんでしょう。
f0054197_834418.jpg

竹田先生の柔らかく楽しいトークや分かりやすい説明で皆さんとても満足そうです。
6月は~夏はやっぱり苔玉!~玄関や食卓に緑の涼しげな苔玉はいかが?涼感をお部屋に届けます。
と言うテーマで行いますのでどしどしご応募くださいね。
by kararifu | 2010-05-30 09:39 | 講習会(コンテナ・ハンギング) | Comments(0)

私の好きなバラ・バラ・バラ

昔からブルーのバラに目がない私。でも今まで何度となくお釈迦にしてきました。で、しばらくブルーのバラは封印してきたのですが、このターンブルーを見た時には、またまた虫がわいてきてしまったのです。
ターンブルー`Turn Blue'(FL)・・・四季咲き 樹高:1m 丸弁 カップ咲き 中輪 花径9~12cm 房咲き。50枚の花弁を持つアンティーク・ローズの香りを持つ美しいバラです。世界で最も青色に近づいた「青龍」を生み出した「小林森治」氏作出の最新品種です。
f0054197_9351717.jpg

ツルスターリングシルバーSterling Silver(CL)・・・四季咲き 樹高:200~300cm 花径:8~10cm 「ブルームーン」の親に当たる古花。丈夫でとげが少なく扱いやすい品種。
f0054197_9354266.jpg


ここからは今年の国際バラとガーデニングショウで写したものです。
ブルーへブンBlue Heaven(FL)・・・樹高:50~60cm 樹形:半横張り性 花径:5~6cm 花弁:24枚 河本バラ園作出。別名「セントレアスカイローズ」。
f0054197_9355999.jpg

ミスティーパープル Misty Purple(FL) ・・・弁半八重咲き 樹高:80~100cm 花径:約9cm 河本バラ園作出。とてつもなく惹かれてしまいます。
f0054197_938915.jpg

クチュールローズ チリア・・・樹高:1m 花径:8~10cm 河本バラ園作出。なんともいえないこの色味はと花びらの切れ込みは印象的です。
f0054197_9385246.jpg


ローズドラジェ・・・こんな茶系のバラもめちゃめちゃ好きです。
f0054197_9382724.jpg

エバンタイユドールEventail d’or(HT)・・・樹 高:100~140cm  河本バラ園作出。   
f0054197_9383710.jpg

ラテアートLatte Art (HT)・・・樹 高:70cm~100cm 木村 卓功 作出。
f0054197_939644.jpg

↓このように中心が2~3つに分かれ、ぐるぐる巻きます。まるでコーヒーカップのラテアートのよう。
f0054197_957473.jpg

とまぁ、私はどちらかと言うとはっきりしないきちゃな~い色系に目が奪われるのです。(爆)

ここからは農園圃場のバラです。
ファイルヘンブラウ(ブルーランブラー)Veilchenblau・・・樹高:5m程度 花期:一季咲き 刺が少なく扱いやすい品種です。
f0054197_19564241.jpg

↓紫色から青みがかってくる花色が魅力です。
f0054197_19571395.jpg

クレア ジャキエ・・・オールドローズノワゼット これは今農園に植えてあるバラの中でも1~2番に好きかなぁ~。とても枝が細くて誘引がしやすいし旺盛に花を付けます。香りも良いですよ~。 
f0054197_20385651.jpg
f0054197_9394735.jpg

↓咲き始めの花の中心はクリーミィイエローで、その後ホワイトへ変化します。
f0054197_19532950.jpg

シャルル ドゥ ミュCharles de Mills・・・ロゼット咲 直立性 シュラブ樹高:150cm
私にしては珍しく鮮やかなオールドローズです。
f0054197_9401512.jpg

ソンブレイユSombreuil (Cl)・・・樹高:250~300cm 花径:6~8cm 花弁数が、なんと80枚以上。
f0054197_9404638.jpg

ギニー・・・赤黒系のバラにも目がない私です。これは前の青葉の圃場から移動してきたものでやっと何とか復活してきました。
f0054197_9411097.jpg

↓形が良く、重なりの厚いゴージャスなバラです。
f0054197_1091467.jpg

ルイーザストーンLouisa Stone(S)・・・強香、四季咲き、樹高:80cm 花径:10cm以上  イギリス ハークネス(Harkness)1997年作出。
f0054197_19592243.jpg

↓ホワイトの花の中央部分はややピンク色がかる。
f0054197_201499.jpg

カフェ(FL)・・・樹高:90~120cm 古い品種ですがアプリコット色からミルクコーヒー色に変化して行く様が魅力的です。
f0054197_2356910.jpg

ルイ14世・・・四季咲 花径:5cm 樹高:80~100cm
チャイナ系のオールドローズで、黒に一番近い色と言われています。
f0054197_1053161.jpg

ラ レーヌ ビクトリア・・・返り咲き カップ咲き 半つる性 ブルボンローズ 枝がしなやかで誘引しやすいですが、少し病気にかかりやすいかな。
f0054197_2013489.jpg

その他、農園にはルイスダルザンス、ピエールドロンサール、カーディナルドリシュリュ、イレーヌワッツ、鉢植えも入れたらまだ数十種はありますね。
やっぱり青いバラや茶色いバラを集めたいけど・・・枯らすだろうな。(泣)



ディスタントドラムスDistant Drums(HT) 入荷しています。色の移ろいがとても美しい品種。中心のアプリコット系茶色から外へ向かってラヴェンダーピンクへとグラデーションがかり、周囲はグレイッシュなピンクです。ミルラの香りも素晴らしい。
f0054197_8244523.jpg


さて、今日も農園オープンディです。涼しいようなので作業も進むと思います。
by kararifu | 2010-05-29 01:04 | バラ | Comments(0)

練馬区のN邸の植栽

N邸は新築の外構及び植栽をかねてから依頼されておりましたが、昨日スタッフと研修生を連れて行き、シンボルツリー1本だけ残し、ほぼ完成する事が出来ました。
↓玄関脇のフロントガーデンはオープン外構です。
f0054197_8192244.jpg

↓雑割石で花台を作りました。
f0054197_8325519.jpg

↓花台は、こんなふうに寄せ植えやエスニックな壷を飾ります。
f0054197_8183776.jpg

↓黒竹やギボウシ、フウチソウ、ヒューケラ、アジサイ、リグラリア、ヘレボルス、ツユクサ、クサソテツなど半日陰で良いものばかりを植えています。
f0054197_8185231.jpg

↓スタッフのくーちゃんがもくもくと頑張ってましたよ。
f0054197_8175041.jpg

↓反対側から見たシーンです。
f0054197_8182122.jpg

↓そもそも海外赴任の時に集められたこの壷を何とか利用出来ないかしら・・・と「浅田美代子」似のプリティな施主様からご相談をお受けした事から始まりました。壷に穴を開けて、お庭のディスプレィに使いましょうね。
f0054197_8324296.jpg

↓玄関先にはその壷の一つに涼しげなパピルスを植え込んでみました。これはそのまま穴を開けずに水をはっています。
f0054197_819995.jpg

↓研修生のさおちゃんも丁寧にタイム、アジュガ、セダム、インディアンストロベリーを植え込んでいます。
f0054197_8173082.jpg

↓イメージを見て頂くために開花したクレマチス ピスタチオを誘引しました。
f0054197_8193761.jpg

↓しばらく花を楽しんだ後は切り戻しましょうね。
f0054197_818699.jpg

↓ピスタチオは真ん中の花芯がまるでピスタチオ豆のようです。
f0054197_8222660.jpg

↓内側の植栽スペースには西洋ニンジンボクとミッキーマウスの木を植えています。
f0054197_8201040.jpg

↓西洋ニンジンボクとスカビオーサ ファーマの青いお花が咲いて来たらきれいでしょうね~。
f0054197_8202377.jpg

↓そのほかグリーンネックレスのホワイトをパーゴラのほうに絡ませようと植えています。
f0054197_8231711.jpg

↓前回のブログでご紹介したヴィグナ カラカラも早速植えましたよ。
f0054197_8241655.jpg


昨日の施工は涼しかったので仕事はしやすかったです。現場近くで丸源ラーメンと言うのを発見しました。スープはあっさり系で結構美味しかったですよ~。
さて、今日はこれから農園に行って仕事をします。荒れた圃場の整備ができるといいなぁ~。一目惚れのバラを植えたいと思います。
by kararifu | 2010-05-27 10:09 | お庭の施工 | Comments(0)

夏に向かってトロピカルグリーンカーテン

日本の暑い夏にも負けないつる植物を植えてみませんか?
ネットなどに絡ませて日陰を作るカーテンプランツとして今、注目を浴びています。植物の表面温度は35℃以上にはなりませんので常に打ち水をしている状態です。通る風はさわやかで、気温の上昇を防ぎますよ。
↓ヴィグナ カラカラVigna caracalla(スネールフラワー)・・・マメ科 花期:5~10月 耐寒性:中 直径 4~5 cmのエンドウのような形の花で、冬季は地上部が枯れますが暖地では翌年も芽吹きます。
f0054197_1015120.jpg

↓スネイル(snail)とは英語でカタツムリの意味で花の形から命名されています。
f0054197_1021359.jpg

↓ツンベルギア グランディフローラThunbergia grandiflora(ベンガルヤハズカズラ)・・・珍しいブルーのツンベルギアです。
f0054197_1025381.jpg

↓スティグマフィロン キリアツムStigmaphyllon ciliatum(ツルキントラノオ)・・・キントラノオ科 スティグマフィロン属 蔓性常緑低木 葉は光沢があるハート型で、夏から秋にかけて、サルスベリに似た小さな黄色花を咲かせます。
f0054197_1011070.jpg

↓ツンベルギア スージー ブラックアイズ オレンジ Thunbergia Susie Black Eyes Orenge・・・キツネノマゴ科 黒目が印象的なツンベルギアです。
f0054197_1043277.jpg

↓ツンベルギア スージー ブラックアイズ ホワイトThunbergia Susie Black Eyes White・・・白と黒目も大人っぽいですね。
f0054197_1044568.jpg

↓琉球アサガオ エメラルドピンク・・・ヒルガオ科 イポメア属  性質が強健な宿根で開花は9月上旬頃から初冬までです。
f0054197_1051034.jpg

↓西洋アサガオ ハッピーブルー・・・日本朝顔にはないドキドキするような空色で、房咲き多花性です。
f0054197_1052521.jpg

↓すずかぜゴーヤにツルムラサキ・・・こんな野菜のグリーンカーテンは収穫も出来てお得ですよ。すずかぜゴーヤは病害虫に強く、実付きも良いです。ツルムラサキは必須ミネラル(マグネシウム、カルシウム、亜鉛、銅)やビタミンA(ベータカロチン)、葉酸などを多く含みます。新芽や茎をさっと炒めて食べると美味しいですよ。
f0054197_1053950.jpg

↓オカワカメ・・・ツルムラサキの仲間の新しい健康野菜です。アカザカズラ、雲南百薬とも呼ばれます。こりこりとした食感で、 マグネシウムはレタスの8倍、銅はキャベツの8倍、カルシウムはピーマンの6倍、亜鉛はにらの2.5倍も含む、スーパー野菜です。
f0054197_10213928.jpg


さあ、皆さんも涼しくて楽しいグリーンのエコカーテンを始めてみませんか?


さて、今日はこれからハンギングバスケットマスターの為のスクールですので行ってきます。暑いでっせ~!
by kararifu | 2010-05-25 11:01 | 農園 | Comments(0)

アンディ&ウィリアムスボタニックガーデンの研修3

たくさんの見所のあるボタニックガーデンなので、途中、はしょいながらでないとスゴイ回数になってしまいますので今回が最終回です。バラは残念ながら今年は少し遅れていているようでした。
↓さぁ~これからウッドランドですよ~。何年か前に行った時と比べてかなり成熟していました。
f0054197_7391885.jpg

↓キングフィッシャーレイクです。水のある風景はいいですね~。
f0054197_7354264.jpg

↓カキツバタがたくさん咲いてました。
f0054197_739458.jpg

↓この色は魅力的です。
f0054197_7382658.jpg

↓カラーの大ぶりの花はウッドランドでも映えますね。
f0054197_735582.jpg


↓アリウム シクラムもところどころから立ち上がって咲いています。
f0054197_7375646.jpg

↓アリウム シクラムのミステリアスな花色とフォルムです。
f0054197_7381046.jpg

↓これはカマシア レイヒトリニー アルバですね。
f0054197_7374147.jpg

↓こんな群植初めて見ました。
f0054197_7352627.jpg

↓コルヌス コントロバーサ バリエガータCornus controuersa ‘Variegata’の花が満開できれいでした。
f0054197_722616.jpg

↓コルヌス コントロバーサ バリエガータはミズキの斑入り葉(白覆輪葉)品種で、別名斑入りミズキとも呼ばれるとても美しいミズキです。
f0054197_7351213.jpg

↓こちらはトピアリーガーデン。形が強調されたシンプルなガーデンです。装飾的な刈込みの手法です。奥のトキワマンサクの赤紫の葉もコントラストが出ています。
f0054197_735092.jpg

↓まだビオラが植えてありましたが、白~ブルー~紫の色だけでしたのでまとまっていました。
f0054197_734437.jpg

↓ついつい球根屋さん的な見方をしてしまいます。アリウム シューベルティーですが葉が汚くなったりしますので回りにゲラニウムなどを植えてカバーしています。
f0054197_733387.jpg

↓アリウム アイボリークインも葉が重なるくらいに密植させたほうが可愛いですね。
f0054197_7335054.jpg

↓こんな宿根草の間に入れてコロコロと丸い花を浮き立たせても素敵です。
f0054197_734616.jpg

↓ベロニカなどのグラウンドカバーの中に植えるときは離して植えても可愛いですね。
f0054197_7342589.jpg


↓さて、ボタニックガーデンを出てから同じ市内にある多肉植物のナーセリー見学をしました。
f0054197_73311100.jpg

↓撮影制限があったのであまり撮れませんでしたが、園内はきれいに整備されていてエケベリア類が豊富でした。
f0054197_7323795.jpg

↓こんな地植えされたハウスもありました。鉢入りと違って大きく伸び伸びと育っています。
f0054197_7325081.jpg


これでアンディー&ウィリアムズボタニックガーデンと多肉ナーセリー見学の研修旅行は終わりました。
別の方が写した写真はもっと華やかだと思いますよ。私は好きなものしか興味がないのでちょっと偏った見方をしてますね。
また、お勉強の為に時々研修旅行を企画したいと思っています。次は7月かな~ぁ。。
by kararifu | 2010-05-23 08:16 | おでかけ | Comments(0)

アトリエおだきゅう 5月19日のコンテナ・ハンギング教室

今月は野菜月間なのでやっぱりベジタブルコンテナ講座です。
↓ほとんど食べられる食いしん坊のコンテナを作ります。アトリエおだきゅうは狭い教室ですが、常連の生徒さんは慣れてしまったようです。
f0054197_4384912.jpg

↓やわらか~い無農薬のガーデンレタスにニャゴス ブラックトマト、ブロンズフェンネル、ワイルドストロベリー、コネギ、オレガノ ガーデンダイアリー、カレープラントなど。
f0054197_439147.jpg

↓こんなふうに配置をしてから植え込みます。
f0054197_4393360.jpg

↓ニャゴスブラックトマトは中玉系です。
f0054197_592118.jpg

↓こちらもガーデンレタスとイタリアンチコリやエンダイブのベビーリーフがたっぷり入っていますが、どんどん摘んで食べますので今よりすきすきになってしまいます。
f0054197_4395567.jpg

↓食べられないのはレースラベンダー スターマインアルバとオレガノ ガーデンダイアリーのみです。
f0054197_4405373.jpg

↓右手前のは切葉ロケットかな?ゴマの風味がしておいしいです。
f0054197_440146.jpg

↓ほとんどの方がこのミニトマト リコピーナブラックを選ばれました。
f0054197_511964.jpg

↓こちらは銅葉のサニーレタスを入れて、白い苞のオレガノ ロタンダフォリア、タイム ハイランドクリームがシブい仕上がりになっていました。
f0054197_4413391.jpg


昨夜は月一のスタッフ幹部会議で夜9時半まで打ち合わせでした。毎月のシフトやイベントの連絡と対策、問題点など話し合いをします。6月の農園はイベントが多く忙しいです。5月よりも大変かも・・・。
農園がヒマな7月・8月は、また研修遠足に行きたいですね。
私は本日、朝一でガーデン植栽のお見積りに現場調査です。その後農園オープンディで一日農園詰めで、夜は市場に出荷と仕入れです。
by kararifu | 2010-05-21 05:59 | 講習会(コンテナ・ハンギング) | Comments(0)

アンディ&ウィリアムスボタニックガーデンの研修2

ボタニックガーデンの続きです。
↓木で出来たアーチの視点の先にも池を挟んでアーチが見える・・・計算しつくされた景観は素晴らしいですね。
f0054197_8495079.jpg

↓そのアーチの裏側はジョイフルガーデンです。きれいに刈り込まれたトピアリー仕立ての木が印象的です。その下のボーダーには白いアリウム マウントエベレストやダッチアイリスなどが目に付きました。
f0054197_8504698.jpg

↓次はサンクンガーデンだったかな?やっぱり私は球根屋だからイキシアの群植が目に入りました。南アフリカ原産のイキシアは小花で草丈が70~100cm位あります。風になびく様はナチュラルなイメージです。
f0054197_8501147.jpg

↓これはイキシアのアップです。色はたくさんあります。
f0054197_8491865.jpg

↓クリームイエローで花芯の黒も好きです。
f0054197_8493627.jpg

↓また、背景の石積みの間からセンペルビブムが・・・。
f0054197_849184.jpg

↓セダムも・・・こんな風景がイギリス的です。私はセダム屋さんでもあるのでやっぱりこんなシーンに目が行ってしまいます。
f0054197_8393764.jpg

↓次に格調高い赤レンガの壁で囲まれたこのキッチンガーデン。
f0054197_8435359.jpg

↓かかしさえもお洒落な洋服を着てオブジェになっています。
f0054197_84253100.jpg

↓ガーデンの中央には剪定枝を利用したようなパーゴラ風のものがフォーカルポイントになっています。
f0054197_8431532.jpg

↓果樹などを平面的に誘引するエスパリエ仕立ても英国風ですよね。
f0054197_8423673.jpg

↓次にペレニアルボーダーです。下記はその中で気になる植物です。
f0054197_8394997.jpg

↓アムソニア タベルナエ モンタナ(ヤナギバチョウジソウ)・・・キョウチクトウ科 アムソニア属
f0054197_8403353.jpg

↓ゲラニウム ジョンゾンズブルー・・・ゲラニウムの中では比較的丈夫で夏越しも容易です。
f0054197_841164.jpg

↓アストランチチアAstrantia major・・・セリ科 アストランティア属 耐寒性宿根草 草丈:40~60cm
f0054197_8411661.jpg

↓ゲラニウム エスプレッソGeranium maculatum 'Espresso'・・・ フウロソウ科 草丈:45cm位
エスプレッソ色の葉が とってもおしゃれでした。
f0054197_8413012.jpg

↓花も淡いピンクで優しげです。
f0054197_8421159.jpg

↓ユーフォルビア グリフィシー‘ファイヤーグロウ’Euphorbia grifithii 'Fireglow'・・・.黄色い苞のユーフォルビアは数あれどオレンジがかった赤色や草姿が目を惹きました。
f0054197_8422477.jpg

↓らせん状にデザインされた柱が有名なシールズパレードです。一番の撮影ポイントである、つるバラとアリウム ギガンチウムのトンネルです。残念ながらギガンチウムの開花はもう少し先でした。バラももっと繁茂しているかと思っていたら・・・小さかったな。
f0054197_8402139.jpg


さて、また時間が来てしまったので続きは次回に・・・。
本日はアグリス成城教室です。
雨がたくさん降っていますが、圃場は良いお湿りです。バラはだいぶ散ってしまうかなぁ~。
by kararifu | 2010-05-20 10:10 | おでかけ | Comments(0)

アンディ&ウィリアムスボタニックガーデンの研修1

河野自然園(球根屋さん.com)の研修旅行ですよん。
まずは参加者は有名な2頭のライオンゲートの前で記念撮影をパチリ!としてから・・・園内の散策を始めました。
↓ゲートのすぐ左脇のコテージガーデンは低いツゲの生垣で縁取られたウィーピングローズやオベリスクが配置されています。
f0054197_8182655.jpg

↓球根屋さんである私は、ついつい球根に目が行ってしまいます。今回は園全体にアリウムが花盛りでした。
アリウム クリストフィー・・・ギガンチウムよりも少し早めに咲き、半球型の粗い花様。
f0054197_8181485.jpg

↓こちらはアリウム シューベルティー・・・比較的草丈が低く、花火のように大きく丸く花が飛びます。
f0054197_8184014.jpg

↓ちょうどツゲの生垣を丁寧にお手入れしている所に遭遇しました。
f0054197_81749100.jpg

↓生垣用電動バリカンで縦横斜めにきれいに形を整えています。
f0054197_9142833.jpg

↓いたるところにジャーマンアイリスも花盛りです。
f0054197_818299.jpg

↓その反対側にある白い花を咲かせる木々やシュラブ(低木)のウエディングガーデンを通り越し・・・
ここは私の大好きなシークレットガーデンです。
f0054197_8401227.jpg

↓アールの付いた木のアーチにぶどうが絡まっているシーンやライオンの口から溢れる水が手前の池に流れる仕組みなど、どれをとっても素敵です。
f0054197_8455714.jpg

↓アオキ、ヘレボルス、クサソテツなどお手本のようなシェードガーデンもここにあります。
f0054197_8532361.jpg

↓ベニバナトチノキの可愛い花が満開でした。
f0054197_8562032.jpg

↓球根のダッチアイリスはこのように群植すると見事です。
f0054197_9251755.jpg

↓カフェの前のフェンス下に誘引された」ピラカンサの花がきれいでした。
f0054197_9274764.jpg

↓いつも思うのですが、ここは木でできたアーチやフェンスがとても勉強になります。
f0054197_971998.jpg

↓ラティスの所にはツルマサキが伸びて、その手前には黄色いアクレギア(オダマキ)が絶好調です。
f0054197_931463.jpg


時間切れでこれから事務所を出かけます。続きは近日中に・・・とは言え、国際バラとガーデニングショウのご報告も溜まってますね。UPが後手後手になってすんまへん!
本日はアトリエおだきゅうの講座が午後からあります。
農園に向いでネットショッピングの出荷を指示してから出かけます。夜は砧花卉市場へ注文の品を引き取りに行きます。
by kararifu | 2010-05-19 09:39 | おでかけ | Comments(2)

国際バラとガーデニングショウその1

お庭の部門で生徒さんが出展した作品が見事初出展で優秀賞を受賞されました。この何年かは奥様が弊社のガーデナー養成講座、ハンギングバスケットマスター養成講座、バラの講座とずっと一緒にお勉強して来ました。その成果をご覧ください。
↓題して『農夫ケロタンの休日』です。暖かい気持ちにさせてくれる作品です。農婦井上もケロタンになってこんなお家に住んでみたいです。
f0054197_9294317.jpg

↓デザインはご主人で、植栽などは奥様が担当です。
f0054197_9202844.jpg

↓ウチでたくさんの植物を買ってくださいました。その一部、カラー ブラックスターです。存在感がありました。
f0054197_9194222.jpg

↓ここのシーンの植栽が好きです。フィゲリウス、サルビアディスコロール、ヒューケラ、ディセントラ ゴールドハート、ペンステモン ハスカーレッドなど。
f0054197_9195979.jpg

↓こんな多肉の寄せ植えも雰囲気を高めています。
f0054197_9201478.jpg

↓ここ!注目です。池にハスの形をしたライトが・・・楽しい仕掛けが満載です。
f0054197_9204489.jpg

これからもご夫婦2人3脚で良いお仕事をたくさんされて行かれる事でしょう。楽しみにしています。

さて、今回のハンギングはラウンド型を先にUP致します。
近頃、ラウンドを勉強したいと言う生徒さんが増えてきましたよ。
↓こちらはお見事『大賞』の作品です。日陰の組み合わせですね。
f0054197_9214516.jpg

↓最優秀賞の作品です。きれいにピンクがちりばめられています。
f0054197_9213334.jpg

↓入賞作品です。私が好きなのはコレです。微妙な色使いがお見事でした。
f0054197_9363262.jpg

↓賞には入っていませんでしたが、気になる3作品です。
f0054197_9211795.jpg
f0054197_9215933.jpg

f0054197_9303218.jpg

↓こちらは写真撮りに失敗しました。ハンギングコンテスト部門ではなく、お庭部門でさりげなく吊り下げてありました。これがとってもツボにハマってしまって・・・大好きです。クレマチスが見事に枝垂れていました。
f0054197_921196.jpg


それではまた第2弾、第3弾と独断と偏見目線でお送りします。

昨日は、農園で雑誌の撮影があったのですが、スタッフじゅんちゃんのお庭もお借りしましたよ。とてもテキパキと良くアシストしてくださってありがとうございました。とても助かりました。
明日はスタッフ&農園関係者12名で『アンディ&ウイリアムスボタニックガーデン』へ研修に行きます。
お天気が良いといいな~。
by kararifu | 2010-05-17 10:24 | コンテスト | Comments(0)

夏に向かって白い庭!

これからだんだん暑くなって行きますよね~。そんな時にホワイトガーデン・・・癒されます。私は白やグリーンのお庭が大好きなのです。勿論、ブルーも黒もですけど・・・。
↓ペンステモン ハスカーレッドPenstemon digitalis 'Husker Red'・・・ゴマノハグサ科 銅葉も魅力的ですし、ちょっぴり青みがかったお花も良いですよ~。丈夫でお勧めの宿根草です。
f0054197_9373553.jpg

↓サポナリア オキモイデスSaponaria ocymoides・・・ナデシコ科 サポナリア属 多年草
f0054197_9491831.jpg

↓よく分枝して、円形にマット状に広がる多年草で、花色は濃桃などもありますが、私はこれが好きです。
f0054197_940370.jpg

↓リクニス フロスククリ ホワイトロビンLychnis flos-cuculi 'White Robin' ・・・ナデシコ科 リクニス属 耐寒性多年草 草丈:30~60cm とても丈夫でこぼれ種でも増えます。私はカスミ草のような扱い方をします。
f0054197_9374696.jpg

↓シャスターデージー 銀河Chrysanthemum burbankii Ginga・・・キク科 キク属 耐寒性宿根草 草丈:70~80cm 開花期:5月下旬~7月 シャスターデージーの丁字&八重咲きタイプです。
f0054197_938499.jpg

↓シャスターデージー オールドコートLeucanthemum×superbum 'Old Court'・・・キク科 フランスギク属 耐寒性多年草 草丈:60~80cm 花期:6~10月 花びらが細くて繊細な雰囲気が大好きです。
f0054197_949529.jpg

↓シダルセア カンディダSidalcea candida ・・・ アオイ科  宿根草 花期:夏 大型のホリーホックに比べると花が小さく 密に咲くので可憐な雰囲気です。 
f0054197_948533.jpg

↓キンギョソウ ブロンズドラゴン ホワイトAntirrhinumBronzeDragon・・・ゴマノハグサ科 耐寒性多年草 花期:春~秋 草丈:30~60cm 今年はいろいろなカラーリーフキンギョソウが出ましたね。でも花が咲いてびっくりするような事もあります。このブロンズドラゴンは白花!
f0054197_9401997.jpg

↓白花エクボソウPratia angulata.・・・ キキョウ科. 属名, プラティア属. 匍匐性多年草 夏の暑さにも負けず植えっぱなしで良く増えます。グラウンドカバーにお勧めです。
f0054197_9393126.jpg

↓アジュガ白花Ajuga reptans 'alba' ・・・シソ科 耐寒性常緑宿根草 日陰のお庭のグラウンドカバーにいかがでしょう?
f0054197_9394340.jpg

↓クイーンネックレス ホワイトAntigonon leptopus・・・タデ科 アンディゴノン属 非耐寒性つる性木本(1年生扱い) 開花期:7~10月 アーチやパーゴラ、フェンスなどに絡めたら素敵ですよ。他にピンク色の花があります。
f0054197_940375.jpg



さて、話しは変わり、ハンギングバスケットマスター養成講座も今月で6回コースの3回目となり受講生もだいぶ慣れて来たようです。講座では一切、苗をセットする事はありませんので途中の講義を含めて大変長い時間を要します。午前中からいらして午後6時ごろまでかかって悩んで悩んで作られます。その悩み考える事で力が付いて来るのですよね。
代表で2名の方の作品です。あとは薄暗くなって写真撮影が出来ませんでした。
サイズ制限のある中で、目いっぱい大きく伸びやかに作る事を指導しています。
f0054197_9411929.jpg

f0054197_9405672.jpg



さて、本日はバラとガーデニングショウに行きます。生徒さんの出展したお庭が受賞されたり、ご縁があった方がハンギングで入賞されているので楽しみです。
by kararifu | 2010-05-14 10:57 | 農園 | Comments(0)