<   2010年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

秋からのクレマチス

秋からのクレマチスのご紹介です。
クレマチスの苗の植付け適期は9月半ばから10月の秋植えがお勧めです。特に直径15cm以上の鉢は春植えに比べて花数が多く、環境への順応性が高く、ツルの誘引もしやすいのです。
↓冬咲きのクレマチス ナパウレンシス・・・草丈:2~3.5m 花径:2.5~3cm 花期:12~1月 剪定:弱剪定 ネパール~中国南西部原産の原種で4弁のベル咲き、褐色の長い雄しべが印象的です。
f0054197_719884.jpg

↓秋冬咲きのオーリカバレー・・・秋から冬にかけてロングランの咲きます。切れ込みのあるベル型の花が魅力的。
f0054197_7194296.jpg

↓黄色のベル咲きレペンス・・・草丈:1.5~3m 花径:3~5cm 花期:5月~10月 剪定:弱剪定  中国の原種。咲き始めはグリーンがかった黄色で、咲き進むと黄色になります。常緑の葉は艶があり、花期が長くお勧めです。
f0054197_7201355.jpg

↓モンタナ スターライトClematis montana‘Starlight’ ・・・草丈:3~8m前後 花径:約6cm 花期:4~5月 八重咲きの 中では抜群に花つきがよく、白八重咲きの花は甘い香りがあり、咲き進むと 淡いピンクを帯びます。生育は比較的ゆっくりです。
f0054197_7205036.jpg

まだまだありますよ。少しずつご紹介しますね。


さて、ここ何日かはバタバタと動きまわっておりました。

↓26日月曜日は社団法人日本インドア協会のゲストスピーカーとして横浜にお越しになりました伊藤商事社長の伊藤先生にお会いしました。講演では伊藤先生の独創的なアイデアや感性、そして今でも世界を回ってご活躍の様子にとても感動致しました。社長の決して高ぶらない暖かいお人柄に触れることが出来たのも感謝です。また、その会場で久々に吉坂包装の社長とお目にかかったのもラッキーでした。今でもジャニーズ系のお姿を保った若々しい方です。
f0054197_12151127.jpg

↓27日火曜日の午前中はI社長と都内の出版社へ同行・打ち合わせさせて頂きました。夕方は農園に戻りご注文の寄せ植えなどを数点出荷致しました。ご希望のご予算で可愛い系もシブ系もお作り致しますよ。
f0054197_11474979.jpg

その日の夕方は突如、早野園芸社長が埼玉より弊社農園にお立ち寄りくださいました。私が尊敬する「生産者」と言うより園芸研究家のお一人ですので、とても嬉しかったです。ですが農園は夏休みで荒れていて・・・トホホ。。恥ずかしかったなぁ~。

↓28日は八ヶ岳周辺の山回り(生産者回り)してきました。
(有)エイチアンドエルプランテーションの鵜飼様、FLOWER HEARTS 八ヶ岳の田中様、八ヶ岳花の小道の吉田様、長谷川園芸様の長谷川様、緑風舎の石橋様大変お世話になりました。
↓こちらは石橋さんが担当している緑風舎のラン農場です。石橋さんとは10年位前に園芸店の店長だった頃に知り合いました。その頃とまったく変わりが無く、わんぱく少年のような風貌です。これから時々お仕事面でお世話になると思います。
f0054197_11465894.jpg

f0054197_11471027.jpg
f0054197_1147213.jpg

↓久々に・・・きん太の舌出し姿です。
f0054197_11473322.jpg


今日はしばらくぶりの雨で涼しい1日です。山ほどある秋冬の準備で忙殺されます。昨夜はちょっとお疲れモードで睡眠たっぷり取りました。
本日は出荷がたくさんありますね~。
by kararifu | 2010-07-29 13:59 | クレマチス

今年のスイセンは・・・その1

いよいよ秋植え球根の販売が近づいて参りました。球根屋さん.comのネットショップのほうに徐々にUPして行きますね。
まずはスイセンから・・・。

↓インカ・・・花びらが反り、ラッパの縁取りがレモンイエローです。
f0054197_23214624.jpg

↓ピンクタンゴ・・・人気のピンクバタフライ咲き。副冠の切れ込みが特徴。
f0054197_2322387.jpg

↓エイプリルブライド・・・頭を少しかしげた花姿は花嫁さんのよう。
f0054197_23234424.jpg

↓ジョンキル・・・香り良く、これくらい群植したい。
f0054197_2324099.jpg

↓スリムホワイトマン・・・黄色からホワイトへ色変わりのスイセン。
f0054197_2345582.jpg

↓コティンガ・・・花びらが反り、サーモンピンクのラッパも可愛い!
f0054197_23251160.jpg

↓タリア・・・人気のホワイトミニ・・・定番です。
f0054197_23243743.jpg

↓カットレス・・・ホワイトにグリーンの目が清楚で好きです。
f0054197_23523057.jpg

↓マイストーリー・・・ピンクの八重はとてもグレイト!
f0054197_23501811.jpg

↓ミーティング・・・バランスの取れたイエローの濃淡が美しい八重。
f0054197_23233144.jpg

↓ベラエストレラ・・・ナチュラルなイメージの八頭身美人。
f0054197_23245236.jpg

↓アプリコットホイール・・・遠くからでも良く目立つエレガントなピンクバタフライ。
f0054197_23252574.jpg

↓トーラス・・・副冠のふちどりがオレンジに波打つ。
f0054197_23255014.jpg

↓サニーサイドアップ・・・スイセンとは思えないレモンイエローのフリンジがエレガント。
f0054197_23531436.jpg


スイセンはまだまだ、ごく一部ですよ~!

さて、ずっと連絡が途絶えていた友人から突然メールがあり、昨日はお庭仕事をしてきました。
昔と変わらぬ元気な姿に出会えて・・・嬉しかったなぁ~。。
by kararifu | 2010-07-26 00:11 | 球根&球根苗

涼しげに・・・癒しのホワイト&グリーンⅡ

今まで育てて来た中で、お勧めのホワイト&グリーンの植物の紹介2です。秋になると球根や宿根草などを植える時期になって来ますので、春を夢見てご参考になさってくださいね。

↓スイセン カットレス・・・カップの中心がエメラルドグリーンの目を持つ純白のスイセンは清楚で大好きです。
f0054197_11293638.jpg

↓スイセン ポーラアイス・・・こちらは花径が3~4cm位の小ぶりの花で、カップも小さいです。
f0054197_11295459.jpg

↓スイセン タリア・・・純白の人気の品種です。
f0054197_11301072.jpg

↓ディセントラ スペクタビリスアルバ・・・タイツリソウのホワイトです。
f0054197_11305277.jpg

↓ホワイトレースフラワー・・・1年草ですがこぼれ種でよく増えます。
f0054197_11311834.jpg

↓リナム アルバLinum perenne‘Alba’ ・・・ アマ科 宿根草(耐寒性多年草) 花期:春から初夏咲き 冬も常緑で 細い華奢な葉と茎は風になびき、ナチュラルガーデンにお勧め。
f0054197_11313542.jpg

↓スピロキシネ カーペンシス・・・南アフリカ原産の球根植物で細い花びらに黒目が面白い。
f0054197_1131592.jpg

↓バビアナ ピイグメア・・・こちらも南アフリカ原産の球根で、草丈20cm位。丈のわりに花は直径5cm位と大きい。黒目が印象的。
f0054197_11584893.jpg

↓ロニセラ ミントクリスフ・・・オフホワイトの花に斑入り葉が涼やかです。
f0054197_11423936.jpg

↓フッチンシア・・・レースのような葉がグラウンドを覆います。
f0054197_11571565.jpg

↓モンタナ グリーンアイズ・・・八重のモンタナ系は人気です。
f0054197_11581098.jpg

↓グラシオラス トリステス・・・春咲きのグラジオラスです。グリーンがかったオフホワイトで、草丈は60cm位。
f0054197_11592518.jpg

↓アマリリス ガーデンオーケストラ アラスカ・・・純白の八重で中心がグリーン。耐寒性があります。
f0054197_120697.jpg

↓アマリリスガーデンオーケストラ ヘリオス・・・こちらはオフホワイトの一重で楚々としています。
f0054197_112862.jpg

↓リクニス フロスククリ アルバ・・・こぼれ種でも増えます。
f0054197_1205687.jpg

↓デージー オールドコート・・・細い花びらがリボンのようにカールしてエレガント。
f0054197_1213743.jpg

↓シャスターデージー 銀河・・・丁子咲きのシャスターデージー。初夏に切り戻すと秋まで咲きます。
f0054197_11263360.jpg

↓タナセツム ジャックポット・・・ヨモギに似た香りがあるシルバーリーフ。多花性です。
f0054197_11264941.jpg

↓メラレウカ センテッドペーペーバーグ・・・オーストラリア原産の花木。葉がとても細かく目を惹きます。
f0054197_1221733.jpg

↓メラレウカ スノーインサマー・・・オーストラリア原産の花木。開花した時の雪が積もったようなあでやかさ。
f0054197_1225635.jpg

↓アネモネ・・・キンポウゲ科の球根植物 グリーン&オフホワイトの魅惑的な花。
f0054197_1127676.jpg

↓白花イブキジャコウソウThymus serpyllum ・・・シソ科 耐寒性 常緑低木 普通のタイムに比べてほとんど高くならずに地を這います。
f0054197_11272591.jpg

↓アキレア ノブレッサAchillea ptarmica'Noblessa' ・・・宿根草 花期:5~9月 ノコギリソウの仲間で白い八重の小花が次々に咲きます。耐寒・耐暑性があります。
f0054197_11274736.jpg

↓エスコルチア ミルクメイドEschscholzia californica 'Milkmaid'・・・ケシ科 一年草 ミルク色の八重の薄い花びらがエレガント。ハナビシソウ の園芸種。
f0054197_11284123.jpg



花栽培農家の方が熱中症でお亡くなりになったとのこと・・・最近のニュースで知りました。人ごとではない気がします。ハウス内は50℃以上になってしまうからです。水やりは早朝や夕方にして暑い夏を乗り切りたいと思います。圃場の草むしりもね。

10月からは稲城市の第四文化センターで球根と宿根草などで作る初歩からの花壇作り講座を致します。8月から官報で募集が始まります。どしどしご応募くださいね。
by kararifu | 2010-07-23 12:56 | 農園

アトリエおだきゅう 21日のコンテナ・ハンギング教室

さぁ~、本日の花材ですぞ~。ちょっとお地味に感じる井上レシピ・・・だって、好きなんだもん!この芸風(?)は仕方ないじゃ~ん。って、どんどん生徒さんもお地味になってくけど・・・いいのかなぁ~?
代表で6名様の作品です。
↓こちら、カラー ピカソが主役の寄せ植えです。伝説のマダムの作品です。今回、ハンギングクラスだけでなく、こちらの教室にも初参加です。
f0054197_214217.jpg

↓トウガラシ ブラックパールCapsicum 'Black Pearl' が引き締めています。黒光りした実は緑~黒~赤へ変化して行きます。
f0054197_2141982.jpg

↓葉先の赤茶とライムグリーンのバイカラーがとても美しいベニチガヤ。イネ科の宿根草で冬は落葉します。和にも洋にも合います。
f0054197_2145623.jpg

↓こちらはカンナ ベンガルタイガーCanna 'Bengal Tiger'  が主役です。もう少し伸びてくるとバランスが良くなります。オレンジ色の花がこれから咲いてきます。
f0054197_216651.jpg

↓こちらはチャイニーズハットHolmskioldia sanguinea 。クマツヅラ科の常緑性低木。ガクが変化して帽子のような花びらになっているので、ずっと持ちます。
f0054197_21572315.jpg

↓カラーを使ってグッドバランスの寄せ植えです。中央の茶色のルメックスが良い味を出していました。大人カッコイイ作品です。
f0054197_21424766.jpg

↓斑入りハイビスカスを使って、シブクまとめています。
f0054197_22182815.jpg

↓ピューンと左に突き出ているのが、斑入りタリナムです。中央はアカバセンニチコウです。
f0054197_215483.jpg

↓キャッツウィスカーOrthosiphon aristatus 'China Blue' ・・・ネコのヒゲと呼ばれているシソ科の非耐寒性多年草です。
f0054197_2143698.jpg

↓ブルーのペンタス、コレオプシス ジャイブ、ソフォラ ミクロフィラなど盛りだくさんです。
f0054197_2162927.jpg

↓クフェア タイニーマイスCuphea × purpurea "Tiny Mice"・・・ミソハギ科 突き出て暴れた姿が印象的ですね~。
f0054197_2219980.jpg

↓同じような花材でもそれぞれ違いますね~。それが見ていてとても楽しいです。だから7年にもなる教室ですが・・・やめられませんね~。
f0054197_2164948.jpg

↓オレアリア リトルスモーキーはたおやかな茎で寄せ植えに良い味を出します。キク科 オーストラリア原産 常緑低木
f0054197_22331796.jpg


偶然なんですが・・・今回、車検に出した所はなんと生徒さんが経営しているガソリンスタンドでした。その方はM田さんとおっしゃって、スポーツカーを颯爽と乗りこなして農園にいらっしゃる上品なマダムです。
ガソリンスタンドと言うよりは、整備工場のような雰囲気のところだったので、念のため車検の見積もりを取ってみると・・・ディーラーより安く、しかも親切・丁寧で感動してしまいました。M田さんの企業努力なのですね~。
皆さんも是非、横浜市茅ヶ崎南にある「スーパーステーション NT茅ヶ崎」に行ってみてください。スタッフがとっても良いですよ。消防署並びの仲町台店もありま~す!
by kararifu | 2010-07-22 00:16 | 講習会(コンテナ・ハンギング)

あこがれの白&グリーン

白い花で埋め尽くすのは永遠の憧れです。けれど真っ白けっけでもちょっと寂しいんです。
そこで、私はグリーンや淡いイエローなども取り入れてお庭やコンテナを作ります。時には黒なんかも入れちゃったりして・・・。
同じ色で統一する場合は・・・フォルムと質感を変える事がコツですね~。
↓こちらは6月に行ったクレマチスの丘のホワイトガーデンです。
f0054197_9272331.jpg

↓レストラン前の風景
f0054197_9273767.jpg


すべて、育てた経験上、栽培が難しくないもので、農園での取り扱い植物です。
↓お気に入りのクレマチス アルバラグジュリアンス
f0054197_9275258.jpg

↓エキナセア ミルクシェイク
f0054197_8502373.jpg

↓オレアリア リトルスモーキー
f0054197_9415859.jpg

↓エキナセア グリーンジュエル
f0054197_8503871.jpg

↓シレネ ディオイカアルバ
f0054197_9253221.jpg

↓アスチルベ アルバ
f0054197_9254423.jpg

↓スカビオサ スノーメイデン
f0054197_8501025.jpg

↓白花ワレモコウ
f0054197_9255649.jpg

↓シダルセア カンディダ
f0054197_926119.jpg

↓ツンベルギア スージーホワイト
f0054197_9265012.jpg

↓アルセア アルバ
f0054197_927638.jpg

↓ルエリア サザンスター ホワイト
f0054197_9585021.jpg

↓サポナリア オキモイデス
f0054197_9591966.jpg

↓バロータ
f0054197_9594440.jpg

↓リコリス エルジアエ
f0054197_1005693.jpg

↓マルタゴン アルバ
f0054197_1013762.jpg

↓リクニス アルバ
f0054197_1003031.jpg

↓セントランサス アルバ
f0054197_102324.jpg

↓宿根草バーベナ ハスタータ 'ホワイトスパイヤー'
f0054197_1081731.jpg

↓ジニア エンビ
f0054197_937164.jpg

↓一重から八重に変化する面白い花!
f0054197_853322.jpg


本日は、秋からの新講座の打ち合わせに稲城まで参ります。また、来年の雑誌企画の準備も忙しいです。
お水をたっぷリ飲んで熱中症には気を付けましょう。。
by kararifu | 2010-07-20 10:15 | 農園

涼しげな植物・・・入荷しています。

青い花や白い斑入り植物、風になびくグラス類など・・・お庭やお部屋を涼しげに演出する植物はいかがでしょうか。
↓黄金葉アガスターシェ ゴールデンジュビリーAgastache foeniculum 'Golden Jubilee' ・・・シソ科 耐寒性多年草 開花期:5~10月 こんな涼しげな青い花が咲いて来ました。
f0054197_1444466.jpg

↓アニスヒソップの黄金葉品種で春は鮮やかな黄色葉、初夏から秋にかけてはライムグリーンの葉色になります。葉の芳香が強く、ハーブガーデンのカラーリーフとして最適。
f0054197_145291.jpg

↓斑入りヒメパンパスグラス(コータデリア セロアナ スプレンデッドスター)Cortaderia selloana Splendid Star・・・イネ科 草丈:お庭で80~約100cm コンテナで60~80cm 耐寒性 強 花期:8月~10月 クリームイエローの縦斑が入るリーフは春から秋のお庭に良く映えます。
f0054197_1434841.jpg

↓夏に伸びて咲く銀白色のボリューム感ある穂状花とのコントラストは見事です。 パンパスグラスの中でもコンパクトな品種で大きくなりすぎず、コンテナやお庭のフォーカルポイントとして活躍します。
f0054197_144377.jpg

↓イタリアングラスMolinia caerulea variegata・・・イネ科 耐寒性多年草 草丈:60~80cm 開花期:9~10月 斑入りの細葉をそよがせるイネ科の多年草 斑入りの細葉は和洋を問わず、お庭をクールに演出します。
f0054197_1424669.jpg

↓ハイビスカス ホワイトロコ・・・アオイ科 非耐寒性常緑小高木 開花期:5~9月 白い部分が多く、清楚で美しい印象を与え、涼しげです。
f0054197_1461831.jpg

↓美しい葉を持つカラーリーフハイビスカス。赤い花が咲きます。
f0054197_142203.jpg


似て非なるものたち・・・
↓ポトス エンジョイ・・・サトイモ科 白斑とグリーンがはっきりとした個性あるれる最新品種。枝垂れます。
f0054197_1373039.jpg

↓斑入りペペロミア・・・熱帯アメリカ原産のコショウ科の常緑多年草です。耐寒性はありませんが、葉の形などに様々な品種があり、こちらは厚ぼったい丸い葉です。
f0054197_1375415.jpg

↓ヘデラ カナリエンシス(オカメヅタ)・・・ウコギ科 耐寒性常緑ツル性木本類 大葉のアイビーで、こちらは耐寒性があります。立ち上がってから枝垂れます。
f0054197_1381069.jpg



↓ミニトマト リコピーナブラック・・・リコピンの含有量が普通のトマトと比べて約25%以上も多く含まれているんですよ。実が熟すとコクがあり、糖度8以上と甘さも抜群で食感はやや柔らか。黒味がかった赤茶色になるミニトマト。農園のコンテナに植えた実を食べたら・・・ほんとに甘かった!毎年植えたい!
f0054197_1383678.jpg

↓これは5月12日にアトリエおだきゅうの講座で作られたベジコン。(ベジタブルコンテナ)生徒さんの作品です。
f0054197_1391418.jpg

↓今、鈴なりになったマイクロミニトマトを収穫して楽しんでいるとの事。その後のお写真を頂きました。
f0054197_1395653.jpg

↓この時はトマトの苗を何種類か持って行ったのですが、この方はリコピーナブラックは選ばれず、マイクロミニのトマトを選ばれました。一緒に写っている青い花はチコリです。
f0054197_1393064.jpg


収穫が楽しめるベジコンっていいよね!
さて、夏本番になってきました。農園ハウスの中は日中、50℃位になります。ちょっとしたサウナ状態!お痩せになりたい方・・・どうぞ水遣りボランティアにいらしてください(爆)
by kararifu | 2010-07-19 02:26 | 農園

アトリエおだきゅう 7月12日のハンギング講座

このクラスは半分がハンギングバスケットマスターさんたちで、コンテストにも積極的にチャレンジされる方たちが多いです。刺激を求めたい方・・・是非どうぞ!ただし入会まで少しお時間を頂きます。(キャンセル待ち)
必ずしも苗が潤沢ではないカルチャーの教室で時間内に自分で花材を選択して作るのは並大抵の事ではありません。代表で5名様の作品です。

↓さすがですね~。ささっと作ってしまいました。紫のストロビランデスとピンクのヒポエステスが素敵にアレンジされて、植え込みもふんわりときれいです。コンテストもコンスタントに入賞する実力が付いて来ました。入会した当時・・・「私はセンスが無くって・・・」なんておっしゃっていた頃を懐かしく思い出します。一番伸びたのではないかしら?
f0054197_23495162.jpg



↓マスターさんでもない一般の方ですが、最近めきめきと上達されて来ました。赤いグズマニアがトロピカルですね~。フォルムのコントラストが出ていて、写真写りが一番ですね。
f0054197_23503296.jpg




↓個性が光る作品作りをされる方です。コンテストも良く入賞され、お名前が知られるようになって来たのでは?
f0054197_2351318.jpg




↓こちらの個性的な葉はアロカシア バンビーノです。
f0054197_23521118.jpg



↓写真がきれいに撮れなかったのでお借りしています。この写真以上に実物は素敵です。ご自宅でハンギングや寄せ植えのお仕事をされてファンも多くついてきました。

f0054197_2352538.jpg


↓素晴らしい持って生まれた感性がある方です。意外性のある組み合わせにいつも驚かされます。
f0054197_23533052.jpg




↓7月15日のアグリス成城のコンテナ教室です。ゆったりときれいな教室です。アトリエおだきゅうの講座とほぼ同じメニューですのでキャンセル待ちのお客様は是非こちらにどうぞ!
カラー、クロコスミア、斑入りタリナム、ニチニチソウフェアリースター、ルメックス、ロータス ブリムストーン、斑入りハイビスカス、アカバセンニチコウ、クフェア タイニーマイス。
f0054197_23542868.jpg




さてさて、もうすぐ車検です。5年で8万キロ以上走りました。そろそろ新しい車に乗り換えたほうが良いかも・・・と思いますが、次はバンと軽トラになりそうなので今回はこのまま通します。ちなみに今乗ってりるのはスバルフォレスタークロススポーツです。力ありますが燃費がイマイチかな。
by kararifu | 2010-07-17 23:59 | 講習会(コンテナ・ハンギング)

古靴をオブジェに!

古くなった靴を捨てていませんか?
私は、長靴やちょっと絵になりそうな靴には植物を植えてオブジェにします。
↓これはチャイブを中心とした野菜っぽい組み合わせです。
f0054197_2130921.jpg

↓向かって左は斑入りイチゴを、右は銅葉のミツバです。
f0054197_21302694.jpg

↓黄色いのは丸葉マンネングサゴールドです。
f0054197_21304099.jpg

↓こちらは、3年前に原種のチューリップを植えた短靴です。毎年咲いてくれています。
f0054197_21295727.jpg

さて、新入荷の植物です。
↓ダリア 椿姫・・・小さくて丸い様がかわいらしい中大輪のボール「椿姫」。古代赤紫色です。
f0054197_21423543.jpg

↓ダリア 日和(ひより)・・・セミカクタス咲き 寒くなるとだんだんピンクが乗ってきます。
f0054197_21435593.jpg

↓ダリア 純愛の君・・・真赤な中大輪ダリア 真っ赤は純愛のイメージなのかしら。。情熱の愛かも。その他、シックな赤黒の黒蝶も再入荷です。
f0054197_21441765.jpg

↓エウコドニア アデレEucodonia `Adele' ・・・イワタバコ科 球根植物 シックな灰味色のモケモケ葉です。仕入れたのでは無く、農園生産品です。
f0054197_21443721.jpg

↓夏は半日陰で育て、冬は球根の状態で越すので凍らさなければ、丈夫で毎年咲かせられます。
f0054197_21451622.jpg

↓ソフォラ ミクロフィラSophora microphylla・・・マメ科 ニュージーランド原産 常緑低木 
f0054197_2146763.jpg

↓枝ぶりが節でくねくね曲がって、かわいい子葉が茎の先にちょこちょこと つきます。
f0054197_21462312.jpg

↓斑入りアジアンダム・・・涼しげな斑入り葉と黒い細い茎のコントラストが繊細で美しい。
f0054197_21581926.jpg


今日はお昼にたまプラーザのモンスーンカフェで雑誌の打ち合わせがありました。普段は打ち合わせでゆっくり食事をする事など無いのですが、リラックスした中で楽しかったなぁ。
農園は相変わらず、セール中の出荷でテンテコ舞いの毎日です。お待たせしているお客様には申し訳無く思っております。
10月からの球根出荷最盛期はもっとハンパ無いと思いますけど・・・。マジで~?
by kararifu | 2010-07-16 22:17 | 農園

ハンギングバスケットマスター養成講座~水曜コース

ハンギングバスケットマスター養成講座も3月から始まり、7月で5回目になりました。まだまだ課題はたくさんあるものの、だいぶ仕上がって参りました。水曜コースの生徒さん全員の作品です。

↓イメージがはじめから固まっていて、形や色の変化が出ていますね。スパティフィラム、ストロビランデス、レックスベゴニア、オリヅルラン、プテリス、トネリコ、細かなグリーンの葉はピレアです。
f0054197_8111265.jpg

↓少ない花材の中で悩みながらも手早く植えることが出きるようになりましたね。斑入りぺぺロミア、コリウス、ヒコウキソウ、オレアリア、プテリス、ソフォラミクロフィラ、ミスキャンタス、ティアレラ。
f0054197_8154522.jpg

↓丸くきれいに出来ていますね。ヒューケラとトネリコ、コクリュウが入っています。
f0054197_816070.jpg

↓ストロビランデスの紫の葉が効いています。ストロビランデス、ヒポエステスなど。
f0054197_812145.jpg

↓ツデーを一番最初にゲットです。だいぶ悩んでいましたが、最後にはまとめましたね。
f0054197_8152519.jpg

↓フォーカルポイントにレックスベゴニア。斑入り葉は新種のポトス エンジョイです。ピレアの使い方が上手です。
f0054197_8175975.jpg

↓ストロビランデスがもう少し立つと良いですね。ベゴニアあかねが可愛く入っています。
f0054197_8114582.jpg


いよいよ残る1回は9月の卒業講座だけになりましたね。8月には筆記試験もあり、生徒さんは作品の管理が一番苦しい時ですが、日曜コース・木曜コースの生徒さんも頑張りましょうね。

さて、本日はアグリス成城教室です。こちらは生徒さん募集中です。アトリエおだきゅうでキャンセル待ちのお客様は是非こちらの教室にお越しくださいね。講習メニューはアトリエおだきゅうのコンテナ・ハンギング教室とほぼ同じです。
by kararifu | 2010-07-15 09:11 | 講習会(コンテナ・ハンギング)

球根屋さん.comのリニューアルオープンセール継続中です。

7月から始まりました球根屋さん.comのリニューアルオープンセールです。すべて通常価格よりお安くなっておりますので、この機会に是非ご利用くださいませ。在庫が終了次第終わりになります。

↓フロックスホワイトフレーム・・・ハナシノブ科 宿根草 開花期:初夏~秋 草丈:30~80cm位 夏のホワイトガーデンにお勧めです。花房が大きいですよ!
f0054197_718349.jpg

↓オレアリアリトルスモーキー・・・キク科 オーストラリア原産 常緑低木 オレアリアはシルバーナイトと言う品種があるけれど全然違いますね。たおやかな茎です。
f0054197_23425831.jpg

↓小さな丸い葉や茎が美しいシルバーリーフです。 青い花を咲かせます。
f0054197_721560.jpg

↓ユーコミス・・・ユリ科の球根植物です。パイナップルリリーと言ったほうが早いですね。 穂状に咲いた花と頂点に開いた葉の形状がパイナップルに似ていますね~。横浜のこちらの圃場では地植えで毎年咲いています。
f0054197_23432419.jpg

↓ハブランサス チェリーピンク・・・ヒガンバナ科の耐寒性球根植物 植付け適期:3~6月 開花時期:7~9月 草丈が20~30cmで花も大きく存在感があります。淡いピンクで横向きに咲き、ストローが赤黒になります。非常に丈夫です。
f0054197_23434666.jpg

↓クレロデンドルムブルーエルフィン・・・クマツヅラ科 花期:7~10月 源平カズラの仲間で常緑低木です。
f0054197_23523645.jpg

↓青い蝶のような小さな花が房状に咲きます。
f0054197_2344423.jpg

↓赤葉マルバダケブキ Ligularia dentata ・・・丸葉岳蕗 キク科 多年草。蕗に似ていますね。こちらは赤葉タイプです。夏はグリーンに近いです。
f0054197_23442793.jpg

↓アルテルナンテラルビギノサAlternanthera dentata ' Rubiginosa'.・・・アカバセンニチコウの事です。白い小さな花を咲かせ、秋には葉色がより深く美しい色になります。
f0054197_23444789.jpg


さて、資材もお安くなっています。
↓お勧めのガーデニング用ハサミ・・・細く長い柄、小さなハサミが花柄摘みには抜群に威力を発揮します。花農家推奨です。
f0054197_23451079.jpg

↓ハンギングパートナーホワイト・・・ハンギングバスケットの植え込みや、運ぶ時に使います。勿論養生にも・・。
f0054197_23452975.jpg

↓横から見ると・・・。
f0054197_23454773.jpg


↓スリット式ワイヤーバスケット壁型・・・こちらはエレガンスバスケットよりも大型です。最近のコンテストではこれが使用されている事が多くなりました。
f0054197_23464638.jpg

↓植え込み用スポンジスリットバスケット用・・・こちらはSLT25用の替えスポンジです。
f0054197_23472863.jpg

↓植え込み用スポンジエレガンスバスケット用・・・エレガンスバスケット用で替えスポンジです。
f0054197_23495619.jpg

↓ブリキのコンテナ穴あり・・・植え込みやすいバスケットタイプです。
f0054197_23461825.jpg

↓上から見ると・・・。
f0054197_2346256.jpg



昨日は涼しかったですね~。農園に居ても快適でしたぁ。仕事は山ほどあって、ず~と農園に居たいくらいです。
さて、本日もハンギングバスケットマスター養成講座の水曜コースです。8月は実技はお休みで、9月はいよいよ卒業制作ですから、暑さにめげずに気合入れて頑張りましょう。
by kararifu | 2010-07-14 08:47 | 農園