<   2010年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧

超レアな球根入荷します。

球根屋さん.comでは他ではなかなか売っていないようなマニアックな球根も販売しています。
人と違ったものを育てたい人、好奇心旺盛の人はぜひチャレンジしてみてください。育て方はそんなに難しくは無いですよ~。

↓リューココリーネ ナルシオイデス・・・ユリ科 レウココリネ属 原産地:南米チリのアンデス 草丈:40〜70cm 開花期:4月〜5月
 リューココリーネにも様々な原種がありますが、その中でもとりわけオモシロいのがこの『ナルシオイデス』です。
f0054197_1656750.jpg

↓見た目はナルシサス(スイセン)ですが、花姿はリューココリーネという変わった原種です。
香りもまるでスイセンのようで、他のリューコと比べると若干強いです。
f0054197_16562116.jpg

↓リューココリーネ アングステペタラ ・・・こちらも超レアなリューコです。今年球根屋さん.comで新発売です。原種の一つで、細い花弁が八重のように見えるところがリューココーリネらしからぬとてもユニークな花ですね。
f0054197_7342031.jpg

↓トリトニアラクシフォリアTritonia laxifolia ・・・秋から初冬までと春に開花する珍しいトリトニアの原種です。草丈:30~40cm
f0054197_16563824.jpg

↓耐寒性もそこそこあり、暖地でしたら地植え可能です。
f0054197_16565240.jpg

↓ラペロージア ビリジス・・・アヤメ科
シャープな葉とグリーンの花が個性的で、原種ならではの野趣のある佇まいが魅力です。グリーン系のアレンジに人気の品種です。(ビリジスは最近になってラペロージアからフリージアへと変わりました。)
f0054197_1704992.jpg

↓ディケロステンマ コンゲスタムDichelostemma congestum・・・ユリ科 ディケロステンマ属 草丈:30~90cm すらりと伸びたステムの上にブルーの筒状花を密につけるます。

f0054197_15254460.jpg

↓暖地でしたら野放しで栽培できます。風にそよぐナチュラルガーデンにお勧め。
f0054197_15252961.jpg


↓キャサリン ホジキンIris histrioides cv. katherine Hodgkin・・・英国で話題の花。花色が温 度等で徐々に青みが増して変化する不思議な品種。まわりに青い網目に ほんのり黄色を乗せたニュアンスのある色彩。黄花の珍品ウイノグラドウィーとの交配種。
f0054197_15244465.jpg

↓ミニアイリス ナターシャ・・・花期:2月下旬〜3月中旬 草丈:20~25cm 栽培は、排水性良い用土を用いると、毎年咲かすことが可能です。花の少ない早春に開花します。
f0054197_1524235.jpg

↓こんなふうに小さく華奢な球根は群植しましょう。
f0054197_15241973.jpg

↓ミニアイリス キャンタブ・・・スカイブルーのすがすがしい色!
f0054197_1524576.jpg


さて、農園の植物です。
↓オーニソガラム サンデルシーOrnithogalum saundersiaeが咲きました。南アフリカ原産 ユリ科
オーニソガラムは耐寒性のある品種と、耐寒性のない品種に大きく分けられますが、こちらは無いほうです。
f0054197_15232174.jpg

↓緑黒色の星をちりばめたような無数の白い花を咲かせます。切花では人気の品種で、高値で取引されています。
f0054197_152255100.jpg

↓結構、背が高いです。1.2mぐらいあります。茎はしっかりしています。
f0054197_152371.jpg


↓ルエリア サザンスターRuellia brittaniana・・・キツネノマゴ科 耐寒性宿根草 開花期:6月~11月
夏の暑さ、乾き、蒸れに強く温度さえあれば、長い間花を楽しめます。1日花が毎日咲きますが、朝顔のように午前中に咲いてしぼんでしまいます。最低気温が-10℃程度の地域であれば宿根し、翌春からまた花を咲かせます。
f0054197_15222034.jpg

↓花色はピンク、ホワイトブルーの3色です。つぼみはみんな白いので開花したのを確認しなければ色は判断できません。
f0054197_15223545.jpg


今夜は、いとこいさんとお食事会でした。久々に楽しかったぁ~!すんごい頑張り屋さんのいとこいさんに元気を頂いてきました。

明日はアトリエおだきゅうのハンギングバスケットの講習会です。花苗を仰山仕入れましたぞ!
by kararifu | 2010-08-31 23:54 | 球根&球根苗

カクテルラナンキュラス

カクテルラナンキュラスってご存知ですか?数あるラナンキュラスの中でも特に品質の安定した栄養系の品種で、上手に育てると15本以上の花が咲く切花向けの高級品種です。薄紙を何枚も重ね合わせたかのような花びらが特徴で、満開になると艶やかな花びらをそよ風に優雅になびかせます。一度に全ての花が上がってくるわけではなく、順番に花を上げてきますので長い間楽しむことが出来ます。
↓ピンクと白のグラデーションが美しい、『ニーム』
f0054197_859278.jpg

↓グリーンの花弁が新鮮な『エムグリーン』
f0054197_8593826.jpg

↓サーモンピンクとクリーム色が溶け合ったような色合いが心を癒す『ノアン』
f0054197_8595339.jpg

↓そもそもラナンキュラスの仲間は、球根を作るものは少なく、ほとんどのものが宿根草です。
ラナンキュラスの栽培で、一番難しいとされるのは≪吸水≫ですが、このカクテルラナンキュラスは底面から吸水できるようジフィー®ポット入りとなっています。(ジフィー®ポットの上から水をやると、球根の表面が割れたり、組織が破壊され腐敗の原因となります。)必ず、10~11月ごろ、気温が下がってから時間をかけて底面吸水するようにしてください。
f0054197_902564.jpg

↓吸水すると、球根はこんなにぷっくらとします。ジフィー®ポットも茶色ぽくなります。
f0054197_901251.jpg


植え付けは茎葉が繁り、10~15cm程度に成長したら、ジフィー®ポットに植えたままの状態で直径15~18cmの鉢にジフィー®ポット全体が隠れる程度の深さに埋め込みます。
ジフィー®ポットは、天然素材で作られたポットなので、時間が経てば土に返ります。地植えにする場合も、ジフィー®ポットの縁が隠れる程度に埋め込むようにします。埋め込む前に、深く良く耕し、腐葉土・堆肥などを混ぜ込んでおきます。寒地では、苗の周りに敷きワラなどの霜よけをします。

球根屋さん.comで販売中です。一つ一つがきれいなパッケージ入りなので、結婚式の引き出物、イベントのツールやプレゼントなどにいかがでしょうか?

    
by kararifu | 2010-08-30 09:35 | 球根&球根苗

北島先生のバラの育て方講座

暑い暑い日でしたので、出席者も少なかったのですが、内容は濃~いものでしたよ~。
バラの消毒や剪定、誘引などのお話と実習でした。
↓一季咲きのもの、四季咲きのものではシュートの処理も剪定の方法も違いますので圃場で実習をしながら頭の中を整理しました。
f0054197_6135215.jpg

↓剪定は9月5日前後にすると、10月25日位から美しい秋バラの開花が楽しめるそうです。剪定は早すぎても遅すぎてもいけません。
f0054197_614339.jpg

↓北島先生の神の手。四季咲きバラをお持ちの方はぜひ9月5日を心がけてください。ただし今年は暑いですからね~。少しずれても良いかもです。
f0054197_6141447.jpg

↓少し早かったのですが、実際に四季咲きの鉢植えを剪定して頂きました。あ~さっぱりしたぁ~。
f0054197_6142553.jpg

何事も『石の上にも3年』・・・って良く言ったものです。バラの講座も繰り返し3年くらいやってようやく少し分かり始めて来たように思えます。『知識があるのとやる事では違う!』とも。植物界は深く、実際に育てて携わって、初めて見えてくることがたくさんありますねっ。

ちょといっぷく
↓ネコちゃんてどうして袋が好きなんでしょうねぇ。ウチでは特に紙の表面がつるつるの加工がしてある『成城石井』のショッピングバックが大好きみたいです。
f0054197_8592245.jpg

↓両方で紙袋を取り合っています。
f0054197_8595598.jpg

↓なぁ~に?ボクを呼んだ?れい子しゃん!
f0054197_92593.jpg


30分前に『趣味の園芸』で球根の神様・・・小森谷先生が出演されていました。口調はいつものまんまで笑えちゃったです。ナーセリーに伺うとお話が弾んでしまってあっと言う間に1日過ぎちゃうんです。バラ暦40年の北島先生、球根暦55年の小森谷先生・・・いつまでもお元気で引っ張って行ってくださいね。ゆっくりですけど微力ですけど後をついて行きますから・・・。
by kararifu | 2010-08-29 09:35 | 講習会(コンテナ・ハンギング)

最近のブログは・・・

球根ばっかりでつまんない!なんて言わないでね~。この時期は球根屋さんなんで許してねん。
まずは今年の新しいチューリップ品種です。(でも、まだこれから出るのもあるよん。今確認中なのだ。)←バカボンのパパのような口調なのだ。

↓ダンスライン(DL)・・・白地に葡萄色の模様が不規則に入る希少品種。咲き進むと葡萄色が広がるそうな。これも今年初めての品種です。
f0054197_22541431.jpg


↓ホワイトパーロット(P)・・・今年初めて仕入れます。ホワイトのパーロットってかつてあまり無かったと思います。ビリディフローラのように少しグリーンが残るのかな?
f0054197_22521365.jpg


↓なんかすがすがしくて、好きだなぁ~この色あい!あんまりくしゃくしゃなパーロットではないみたい。
f0054197_22523068.jpg


↓サンタンダー(FR)・・・こちらも今年初めての品種です。画像で見る限りではフリンジが大きいように見えますね。フリンジを追求して作られた赤いバルバドスのピンク番かしらん。
f0054197_22515252.jpg


↓スノーフィーバー・・・これもまた、珍しい!真っ白の八重フリンジ咲きですから。だいたいチューリップは花束植えのようにまとめて植える事が多いのですが、八重咲きは少し間隔を開けたほうが良いと思います。だって開いた時に重なっちゃってぎゅう詰めになっちゃうんですもん。その点、ユリ咲きはOKよん。
f0054197_2251273.jpg


↓ペパーミントスティック(M)・・・レディージェーンに似るが、この花底の青紫色がミステリアス!この手の小球根は群植すると見事ですよ。2~3本じゃ、めだたんです。
f0054197_22442193.jpg


↓クリサンタを親に持つと言うだけあって、つぼんだ時はまんまですね。
f0054197_22443617.jpg


↓アルベーラ(SL)・・・透けるような淡いピンクと濃い目のピンクのグラディエーション。春の日差しに映えますね。誰からも愛されそうな色ですね。
f0054197_2243542.jpg


↓フレミングコケット(SE)・・・この手の色は好きですけど、似ているものが多いっすね。下のフランソワーゼにも似てるかも。でもこれがですねぇ。咲かせてみると違ったりするんですよ。花の大きさ、茎の強さ、長さ、全体のバランスなど。
f0054197_22571647.jpg


↓パープルプリンス(SE)・・・こちらは2010年のジャパン・フラワー・バルブ・オブ・ザ・イヤー受賞品種です。SEですからシングルアーリー。やや早咲きですね。
f0054197_2243061.jpg


↓フランソワーゼ(T)・・・フレミングコケットに似るけれどこちらは白地にクリームイエローが入る逆バージョンですね。トライアンフ中春咲きなので似たもの同士でリレー咲きにすると花が長持ちしてるように見えます。
f0054197_22423785.jpg


↓ホーランドプリンセス(DL)・・・バランスの良い八重咲きで、アンジェリケと一緒に植えても良いかも・・・。
f0054197_2242764.jpg


球根の提案も今が一番佳境に来ているんです。だってこの8月で、9~11月のネット売り上げが大きく左右されるんですよ。
登録時のアンケート欄に「ブログを見て」と書いてあるのが結構多いんです。ありがたい事です。
でも巷は凄い残暑で・・・秋はまだまだ先みたいで、秋植え球根なんてピンとこないかもしれませんねぇ。
こうしてゆっくり球根をご紹介出来るのも今月いっぱいですから・・・もう少しお付き合いくださいね。
(9月からは激動のハンギング月間です。ヤセちゃうよぉ~)
明日はハンギングバスケットマスターの筆記試験ですね。居眠りしないで授業をしかり聞いてくださいね。
本当は、試験会場の門のところで、ハチマキして応援に行きたいくらいですが・・・(笑)
by kararifu | 2010-08-28 23:17 | 球根&球根苗

面白いもの発見!

ベビー用品で有名なコンビ株式会社がガーデニング部門から撤退して、もう7~8年になるでしょうか?
それが、ふとした事でこちらの手に入りました。まだ、あるところにはあるんですね~。球根屋さん.comで販売中です。
↓コンビアイアンバスケット丸型(モケット内張り付き)・・・さすがにベビー用品のコンビが作っただけあって、保水性と通気性を兼ね備えたモケット付きです。
f0054197_18444588.jpg

↓置いても吊ってもOKです。そもそも私がハンギングを初めて作ったのはこの器材だったかしら・・・。サイドにも植え込んで楽しんでいました。モケットを取って、鉢植えを入れて吊リ具として使っても素敵ですね。
f0054197_18442869.jpg


↓コンビ トピアリークマ・・・水苔を戻して詰め込む、スタッフドトピアリーです。
f0054197_18464013.jpg

↓こんな感じに出来ますので夏休みの宿題にいかがでしょう?
f0054197_18434289.jpg


マンションのバルコニーや戸建ての塀などに取り付けても便利だったので、少しだけ仕入れて見ました。
格安の料金になっておりますので、ぜひこの機会にお求め下さいね。(箱は少々汚れておりますが中はなんともありませんので、ご容赦ください。)

↓ハンギングバスケットシステム アーム・・・吊るものが無いときに塀などに挟んでハンギングバスケットを吊り下げるのに便利です。
f0054197_18423757.jpg
f0054197_1842283.jpg

↓ハンギングバスケットシステム ハンガー・・・ハンギングバスケットの壁掛け用です。前傾しないように設計してあり、きれいに掛けられます。
f0054197_1843740.jpg
f0054197_18414950.jpg


↓ハンギングバスケットシステム ホルダー・・・直径37cm以下のハンギングバスケットをセットでき、ガーデニングの幅を広げます。
f0054197_18432484.jpg
f0054197_18411395.jpg


ここからはコンビとは違いますが、やっぱり面白いもの発見!です。
↓ジャンピンジャックバック・・・ガーデニング後の剪定枝やゴミなどを集めるのにとても重宝します。
サイズ: 約直径52×高さ67cm  材質: ポリエチレン14×14(両面ラミネート)金属部(スチールスプリング)
f0054197_18453542.jpg

↓こんなちっちゃくなっちゃいます。とても軽く、持ち運びがコンパクトで保存もかさばらないです。
f0054197_1951051.jpg

↓ゼオライト500g・・・根腐れ、水腐れ防止効果。当農園でも土に混ぜて使っています。生育が全然違います。
f0054197_1846773.jpg

↓大粒は鉢底石に、小粒は土に混ぜて、色粒は鉢の表面の土にマルチング材として使え、寄せ植えをおしゃれに演出します。
f0054197_18462349.jpg


↓伊勢神宮・宮内庁御用達『達人の雫300ml』・・・長年培ったバイオ技術で一番しぼりのなたね油かすから有効成分だけを抽出した天然有機質総合活力液です。
特にバラなどの枝作りや整枝の時期に土壌散布・葉面散布すると効果的です。 
f0054197_18425439.jpg


↓ブルーのポップな陶器鉢・・・直径12.5センチ 高さ13センチ 
ポップな柄はお部屋のインテリアにも楽しく明るくします。
f0054197_1844275.jpg

鉢穴にキャップが付いており、鉢穴有り無し両方使えます。
f0054197_1974639.jpg


毎日、暑さが止まりませんね~。最近は業者さんとお会いすることが多く、気持ちは秋モードなんですがねぇ。
まだまだ猛暑が続きそうですが、ハンギングバスケットマスター試験を受ける方は、負けずにがんばってくださいねっ。
by kararifu | 2010-08-27 19:49 | 農園

コンテナにお勧めのミニスイセン

スイセンは、はっきり言って好きです。もしかしたらチューリップよりも好きかも・・・。だって毎年、楽しめるからお得感がありますもん。
その中でもコンテナにも使い易いミニ丈のスイセンを紹介します。地植えの場合は前方のほうに群植すると見栄えがします。

↓ハウエラのコンテナ・・・1花茎にいくつもの花を咲かせるミニ雫咲き。
f0054197_71237.jpg

↓草丈20~25cmで葉も細めなので主役にも脇役にもお勧めです。
f0054197_6551520.jpg

↓コティンガ・・・花びらが反り、サーモンピンクのラッパも可愛い!
f0054197_6585230.jpg

↓キクラミネウススイセン(下向きに咲き、花弁が反り返る。)私はこのキクラミネウス系が大好きなのです!
f0054197_65956.jpg

↓ペトレル・・・真っ白な雫咲き。清楚でタリアを小型にした感じです。
f0054197_171770.jpg

↓スイセンのコンテナ・・・草丈の高いものはコンテナの中心や後方に植えてその他の草丈の低いムスカリ、チオノドクサ、植物はビオラ、スイートアリッサムなどと合わせて楽しみましょう。
f0054197_6561164.jpg

↓リップバンウィンクル・・・珍しいミニオーキッド咲き。スイセンとは思えない花姿です。
f0054197_6555160.jpg

↓草丈:20~25cm。咲き始めはグリーンで花期が長いです。私はこのグリーンのコロコロした感じが結構好きです。
f0054197_6562511.jpg

↓W.P.ミルナー・・・細い花弁の割りに大きめの淡い黄カップの人気品種です。雫咲き水仙。 草丈:20cm位
f0054197_6564286.jpg

↓エイリッチャー・・・純白の八重、小輪房咲き。気品がありエレガントなイメージです。草丈は30~35cm位。
f0054197_657515.jpg

↓オドラスプレナス・・・華奢な細い葉の割りに豪華な八重咲きの花を咲かせます。面白いのは咲き始めは一重のカップ咲きでだんだん八重に変化して行きます。
f0054197_658523.jpg

↓草丈は25~35cmとやや高めです。 
f0054197_6565512.jpg

↓タリア・・・香りのある房咲の雫咲き。永遠の名品で人気品種。主役にも脇役にもなります。草丈:30~45cm 
f0054197_6582512.jpg

↓ジョンキル・・・コンパクトで香り豊かな品種。糸葉スイセンと言われるように葉が細く香り豊かな品種。
f0054197_7432918.jpg

↓ポーラアイス・・・花底がグリーンの小さなカップがおくゆかしく可愛い!大人ぽくも可愛くもある。
f0054197_6583861.jpg

↓ベルソング・・・ミニの白にピンクのカップスイセンは毎年定番の人気品種。
f0054197_6592273.jpg

↓ベルソングのコンテナ人気のピンクカップスイセン。
f0054197_6593630.jpg

↓バルボコディウムミルクティ・・・ペチコートタイプのスイセンはとにかく群植してみてください。可愛いことこの上ないですよ~。
f0054197_6595535.jpg


まだまだ、たくさんありますよ~。球根屋さん.comで販売中です。

私の好きなものはチューリップも原種系の小球根ですし、豪華なものより楚々とした風情のものが気になります。そんな球根を見ているとめちゃめちゃ癒されちゃうんです。開花期間がやや短く、はかなげなのも球根の特徴として受け止められるようになりました。段々原点に帰って行く感じがします。これも歳とってきたからかしらん。それにしても、撮影泣かせではありますねっ!

<連絡>バラ達人北嶋先生のバラの育て方講座
2010年8月26日(木)AM10:30より 場所: 農園圃場
●テーマ『秋バラの開花準備』
・剪定
・施肥
・薬剤散布
実習の出来る用意をしてきて下さい。
(途中入学可能です。)
by kararifu | 2010-08-25 08:58 | 球根&球根苗

19日のアグリス成城教室

暑い日でもアグリス成城教室は涼しくゆったりとしていて快適です。まるで避暑に来ている感覚でした。家にいるよりずっと涼しくて、なんだか得しちゃった雰囲気です。
さて、こんな暑いときは多肉植物で作品を作りると水遣りも楽なので旅行も出来ますね。

↓今回は小さな作品をたくさん作るので・・・
f0054197_341216.jpg

↓新しく発売された直径25cmのワイヤーリースで作りました。こちらのほうが手間がかかりません。
球根屋さん.comでも販売しています。
f0054197_3264486.jpg

↓そして手作りワイヤーのカゴにも寄せ植えして頂きました。ピンクの主役はパールフォンニュルンベルグ。
f0054197_344377.jpg

↓リース作りで残ったセダム類も無駄にせずに小さな器にも利用して・・・
f0054197_351261.jpg

↓他にもこんなお色のマルシェバック型のちっちゃな器があります。
f0054197_3445049.jpg

↓この方は最初から茂った感じに作られていますね。♪
f0054197_332744.jpg

↓とにかく多肉は楽しくなくちゃ、多肉じゃない!質感やフォルムを楽しみましょう。バラのように見えるのは七福神。
f0054197_354541.jpg

↓あえてアンバランスに植え込んでますね~。
f0054197_362172.jpg

↓ベースにはい性のセダムを植えて、それからトッピングのようにして黒法師や火祭りなどをアクセントに挿し込んでいます。
f0054197_365455.jpg


さて、北島先生のバラの講座が26日(木)10時半に圃場で開催されます。
圃場は草むしりしないと大変です。
明日は、ハンギングバスケットマスターの筆記試験勉強会がありますので、それが終わったら・・・圃場整備に精を出しましょう。
by kararifu | 2010-08-23 04:12 | 講習会(コンテナ・ハンギング)

ときめきを止めないで・・・春咲きグラジオラス

南アフリカ原産の球根の中で、春咲きグラジオラスがあります。これは初夏から咲くグラジオラスとはイメージが全然違い、とにかく、華奢で、たおやかなところが・・・私はときめいてしまうのです。
自然風のお庭に雰囲気を醸し出しますし、切花にして飾っても絵になります。一番メジャーなのがグリーンがかったトリステスなのですが・・・今年はとても希少な限定品種が球根屋さん.comで販売されます。
↓春宵ピンク・・・春がすみのようなピンクの多花性です。群植すると見事です。
f0054197_810304.jpg

↓ナイトバーズ・・・シックな濃紫に花底が白くコントラストがすばらしい。
f0054197_811188.jpg

↓リリアセウス・・・去年までは黄色とMIXでしたが、今年は茶系の単色で販売できるようになりました。
f0054197_892278.jpg

↓グラシリスピンク・・・花弁の一部にアルストロメリアのような斑点が入るのが特徴です。芳香性品種。
f0054197_895921.jpg

↓トリステス パープル・・・紫ピンクの花色は誰からも愛されそう!
f0054197_885390.jpg

↓チャーム・・・同じピンク系でも濃さや花びらの形、スポットやラインの入り方が微妙に違いますね。
f0054197_89942.jpg


↓ダンシングガール・・・細めのしなやかな花弁で落ち着いた赤が情熱的なフラメンコダンサーのよう。
f0054197_8104573.jpg

↓デビトリア・・・オレンジレッドにライムイエローがポイントになって目立ちます
f0054197_810165.jpg

↓コルビリアルバ・・・トリステスが緑がかった白に比べてこちらは純粋にホワイトです。
f0054197_8123019.jpg

↓ハーレイ・・・丸みがかったふくよかな花弁にオフホワイトの花がエレガント。
f0054197_8284152.jpg

↓トリステス・・・緑がかったオフホワイトの花は何にでも合わせやすく、一番人気です。芳香性品種。
f0054197_894369.jpg

↓トリステスの放任栽培です。
f0054197_884043.jpg


秋に植えて春に咲く・・・風になびく春咲きグラシオラスをもっとガーデンに取り入れることを願っています。

<連絡>バラ達人北嶋先生のバラの育て方講座
2010年8月26日(木)AM10:30より 場所: 農園圃場
●テーマ『秋バラの開花準備』
・剪定
・施肥
・薬剤散布
実習の出来る用意をしてきて下さい。
(途中入学可能です。)


by kararifu | 2010-08-21 14:22 | 球根&球根苗

惚れてまうやない!シックなクレマチス

前回のブログの食いつきが良くって・・・やっぱり、面白くなきゃブログじゃない!ってことぉ~?
植物や仕事の事・・・格調高く(?)いきたかったんですがねぇ~。(爆)

球根屋さん.comで秋からのクレマチスが予約販売開始になります。
選ぶのはやっぱりお地味なものばかり・・・根暗なんでしょうか~。そういえば、小さい頃はおタク少女だったかも。
↓フスカfusca(ianthina var. ianthina)・・・開花期:5~10月 新枝咲き 壷型は大好きなんですが、この黒のフスカはモケモケの毛深い壷です。個体変異が多いとの事です。お客様でずっとお待ち頂いている方がいらして、やっと今年はお届けできると思います。
f0054197_6484984.jpg

f0054197_724476.jpg

でもね。高校くらいからスポーツにのめり込んで・・・みるみる明るく外交的に。この頃は『闘争心』というものを覚えた・・・。
↓インテグリフォリア ビクター・ヒューゴClematis 'Victor Hugo' ・・・花径:6cm前後 開花期:5~10月  濃い紫としべがとってもシックでしょ?バラや宿根草の相性もばっちりですね。
f0054197_6494159.jpg

20歳前後で大きな病気をして・・・スポーツは諦めた悲しい挫折。
↓ポゴナンドラClematis pogonandra・・・ 花径:2~3cm 草丈:2〜3.m 壷好きさんにはたまらない!黄色地ですが花弁のふちに茶色がかったぼかしが入ります。
f0054197_649581.jpg

リハビリのために始めたテニスに夢中になって・・・年中、テニスエルボーで針灸院にかかり・・・
↓チベタナ ブラック・チベットClematis 'Black Tibet' ・・・黒系の人気の品種です。ただし、高温下では色が薄くなります。
f0054197_832248.jpg
f0054197_7281210.jpg

テニスが健康の為か、どうかわかんなくなっちゃうほどのめり込み・・・
↓常緑系 ナパウレンシスClematis napaulensis・・・花径:2.5〜3cm 草丈:2〜3.5m 開期:12〜1月 剪定:弱剪定  ネパール〜中国南西部原産の原種で4弁のベル咲き、褐色の長い雄しべが印象的です。
f0054197_7583781.jpg

やっぱり、闘争心から数々のテニストーナメントに出て・・・
↓ビチセラ パープレア・プレナ・エレガンスClematis viticella ‘Purpurea Plena Elegans’・・・八重咲きで、 花径約5cmほどの小さな花が横向きに咲きます。花後に強剪定で繰り返し長く咲きます。
f0054197_6472063.jpg
f0054197_7285241.jpg

暴れていたのですが、仕事を立ち上げ、スポーツも出来なくなるほど忙しくなり・・・
↓常緑系 シルホサ・オーリカバレー・・・花径:5~7cm. 草丈:3~4m. 開花期:10~4月. 秋から冬にかけてロングランの咲きます。切れ込みのあるベル型の花が魅力的。
f0054197_7504884.jpg

40歳代で幼い頃に好きだった植物の魅力に再び目覚め、今日に至っているのです。
↓アバンギャルド・・・花径:3~5cm 草丈:2~4m 開花期:6~10月 剪定:強剪定
八重咲きに弁化したピンクがかる雄シベが濃赤花弁に映えます。
f0054197_6473553.jpg
f0054197_647655.jpg

結論としてアタシはハマちゃうと一途で凝り性な性格なんだと、今にして思います。

↓ウチのたぬき猫・・・暑っ苦しいきん太の寝相3態。
f0054197_647521.jpg

↓捨て猫ちゃんだったんですが、この子は育て易くて当たりです。
f0054197_648677.jpg

↓暑いんでフローリングでゴロゴロ。
f0054197_6482138.jpg

↓両手を伸ばして寝るのが好きです。ヘッドスライディング~!
f0054197_6483684.jpg


本日は、午後よりアグリス成城の教室があります。
by kararifu | 2010-08-19 10:09 | クレマチス

恋すればうまくなる!

小学校の頃、絵の先生に恋し、中学ではプールの監視員、高校生の時は大学生の運動部キャプテンに、20代で大学病院の主治医に恋し、その後はスキーのインストラクターにテニスのコーチ。
↓早咲きのクロッカス バーズパープル
f0054197_12363318.jpg


アタシは考えてみるとすべて教えてくれる人に胸キュンしちゃう単純なヤツだったんです。
↓早咲きのクロッカス ブルーパール
f0054197_12352860.jpg

で、好きな人に認められようと一生懸命取り組み、結果、わりと短期間でそこそこ上達したように思います。(恋と言うよりあこがれだったんですね~。)
↓ブルーパールは基部が濃いブルー。
f0054197_12361799.jpg


この7~8年はすっかり『球根』に恋してしまって・・・
↓スノーバインディング・・・花底が黄色いです。
f0054197_12375481.jpg

これはどうやら、めちゃめちゃ奥が深いので・・・
↓ミスバインは同じ白でも純白。
f0054197_1237093.jpg

一生追い続けるエンドレス・ラブです。
↓シーべリートリカラー
f0054197_12351324.jpg


育てていても毎年新しい発見があるので、飽きないですね。
↓ジプシーガール
f0054197_123626.jpg

植物界はとってもディープな世界・・・
↓ジプシーガールは花が閉じると海老茶の縞々が・・・
f0054197_12354429.jpg


↓クリームビューティ
f0054197_12371232.jpg

恋は芸の肥やしよ。
↓何にでも合わせ易いクリームビューティー
f0054197_12373559.jpg

↓早咲きクロッカスはこんなふうに咲かせても可愛いですよ~。
f0054197_13213120.jpg

↓ワイヤーの額縁器材に・・・
f0054197_13214853.jpg

↓11月頃、水苔を詰めて早咲きクロッカスを仕込みます。上に多肉植物を挿しておきます。横にして水苔を乾かさないように管理します。2月下旬頃には咲いてきます。
f0054197_1322585.jpg


『恋すれば・・・うまくなる!』みなさんも好きなことに・・・恋してみてください。好きなことにはがんばれますよ。
by kararifu | 2010-08-17 17:34 | 球根&球根苗