<   2011年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

2011南大沢ハンギングバスケット実技試験

おはようございます。
昨日は南大沢で受講生の作品解説に行って参りました。

作品は搬入日に雨にさらされた結果、良く根付いて管理されたものと、せっかく美しくデザインされていても、一部が萎れているものがありました。
また、毎年流行があるようで主役のお花はルドベキア タカオ、セロシア 火の鳥が多かったと思います。
流行というより、流通の関係でそれしか無かった・・・とも言えますね。(苦笑)

その中で、賞に入ったものも入らなかったものも・・・恒例の独断と偏見の「私の好きな作品」です。

↓黄色系のジニアを普通だったら入れたくなるところ、ホワイトのジニアを使ってシックにまとめている素敵な作品です。さすがに特別賞受賞作品です。
f0054197_7415451.jpg

↓すごいコーナー発見!3個も賞に入っています。レベル高いなぁ~ここは!
f0054197_7371435.jpg


ここからは、うちの2011年度受講生の作品です。

↓これは私の中では今年の受講生の中で一番良いできだと思います。バスケットのフォルム、色彩、良く根付いて管理されていました。使用花材はコリウスを中心にトウガラシ、ヒューケラ、コプロスマ、ミスキャンタスです。入賞こそ逃しましたが、井上敢闘賞を差し上げたいです。
f0054197_6533080.jpg

↓ツルコケモモをアーチ状にうまく這わせて、工夫が感じられます。もう少し色のコントラストが出せるともっと良かったですね。とりあえず優秀賞おめでとうございます。
f0054197_734125.jpg

↓写真がうまく撮れなかったけれど、コウシュンカズラがふんわりと素敵に暴れていました。続けていれば、きっと近いうちに入賞圏内に入ってくることでしょう。
f0054197_7353347.jpg


↓少し上部が寂しかったけれどうまくまとめていますね。これからですよ。
f0054197_6543133.jpg

↓大きな葉のコリウスとセロシア火の鳥が大胆で印象的ですね。あと一歩です。
f0054197_736030.jpg

↓花の名前すら分からない、まったくの初心者から、良くここまでまとめられるようになりました。これからも細く長く続けましょうね。
f0054197_7345342.jpg

↓左上が少し寂しいのが残念ですが、良く管理された作品でした。今後に期待します。
f0054197_7334375.jpg


ちなみに、ウチの受講生ではありませんが、今年の最優秀賞です。
↓ルドベキアタカオが散りばめられたとても目を惹く作品でした。バスケットのフォルムも丸くふっくらと好感が持てます。
f0054197_6531276.jpg


賞に入った人も入らなかった人もまだまだこれはほんの入り口に過ぎません。これから大船植物園のコンテストもありますので、続けて頑張りましょう。

たくさんの先輩たちが、日比谷のコンテストに出展されますので、まだまだ秋のコンテストは続きます。
出展日の翌土曜日には皆様の力作をまた拝見しに参ります。

‘ぽち’っとクリックしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ
by kararifu | 2011-09-30 08:44 | コンテスト | Comments(8)

オロスタキス属の可愛さ

多肉植物の中で、子持ちレンゲやイワレンゲなどを代表とするベンケイソウ科オロスタキス属というのがあります。

これらは可愛らしいロゼット状のものが多く、寄せ植えにも引き立ちます。
塔が立って、花が咲くとこぼれ種で増えます。ですが、花が咲くエネルギーで株が弱ってしまうので早めにカットすると維持できるものもあります。

↓イワレンゲ・・・しっかりと良く締まった苗です。
f0054197_723567.jpg

↓オリーブグリーンの薄めの葉が魅力的です。
f0054197_7243127.jpg

↓子持ちレンゲ・・・ランナーがたくさん出て動きが楽しい人気品種です。ブルーグレイの葉色も魅力的です。
f0054197_7234074.jpg

↓玄海イワレンゲ・・・肉厚のロゼット状の葉が群生します。
f0054197_723263.jpg


オロスタキス属とは変わり・・・

↓弊社のキューティセダムです。毎年のことですが、セダムは暑さに弱いので、ハウスの中では生育不良になるものが多いです。それでも、注文が入り、夏後はセダム不足で、生産に困ってしまいます。
f0054197_724514.jpg


↓銀波錦(ギンパニシキ)Cotyledon undulata ・・・ ベンケイソウ科.コティレドン属. 常緑多肉低木
良いものが入荷しました。白い粉でお化粧された多肉質で波打つ白い葉。水枯れにも強い。
f0054197_7241474.jpg


昨日は、砧花卉市場の仲卸『ウィズ』さんで、朝5時からマニアック球根と書籍の販売をさせて頂きました。

切花が中心のお花屋さんが多い中で、鉢もの市場とは違った活気に満ち溢れていました。

持参したのは1球がとても高価な品種が多かったのですが、差別化したものを置きたいお花屋さんにとっては、ちょっと面白かったのでは?

そしていつも元気なM社長(女性)の姿を見て、やっぱり私は、前向きでプラス思考の方が周りに居て頂きたいと思いました。

突き進んで行く上では、それは相当の苦難の道でもあるはず・・・。

それでも、前に進んで行くエネルギーやひたむきに取り組む姿勢は尊いと思いました。光ってますよ!

その後、エイペックスのブラウン社長と春の『オランダ球根ツアー』についての打ち合わせです。
キューケンホフやキャッスル、プライベートガーデン、10年に1度、オランダで開催される国際園芸博覧会などを見学します。
詳しい内容は、園芸ガイドの冬号で紹介されます。

さて、本日は南大沢コンテストへ受講生の作品解説に参ります。
皆様の半年間に渡る努力の成果を謹んで拝見させて頂きます。


‘ぽち’っとクリックしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ
by kararifu | 2011-09-29 08:24 | 多肉植物 | Comments(2)

マニアック球根2

ただ今、秋植え球根の販売まっ盛りです。
農園には多方面から球根が続々と入荷してきました。
おそらく、今週が入荷のピークでしょう。
その中でもユニークな球根をご紹介しましょう。

↓リューココリーネ グローリーサンホワイト・・・生産者いわく、ホワイトと言ってはいますが、実際はピンクがかった白だそうです。
f0054197_223441.jpg

↓チューリップ ヤンルース・・・昔流通していたことがありますが、近年はずっと見なかった幻のシックなチューリップ。わが球根屋さん.comの四天王と呼ばれているあかつきさんからのお写真提供です。
f0054197_222108.jpg

↓チューリップ マルーン・・・その名のとおりマルーン色の草丈が低いDLです。八重だけでなく控えめなフリンジが入ってます。画像に困っていたので、若きチューリップ博士のK君が提供してくださいました。
f0054197_2413623.jpg

↓スイセン エンジェルアイズ・・・花底がグリーンの印象的な口紅スイセンです。
f0054197_2225532.jpg


↓ヘルモダクチラス チューバローザスHermodactylus tuberosus ・・・アヤメ科 クロバナイリス属 原産地:地中海沿岸 黒花アイリスと呼ばれ、シックな色目がお好きな方には垂涎ものです。
f0054197_225181.jpg


↓シラー ミスクトスケンコアナScilla mischtschenkoana・・・ユリ科 シラー属 草丈 :15 cm. 早咲きで、プスキュニアより大きな花が咲く房状の花は水色のストライプが入る。花期は長い。日陰でも良く育ちます。
f0054197_2261973.jpg


↓ネクタロスコルダム トリペダルNectaroscrdum tripedale・・・ネギ亜科 ネクタロスコルダム属 草丈:90~120cm。アリウムの仲間の稀少品種。2cmほどのピンクと白の可愛らしい花が30ほど集まって手毬状に咲きます。
f0054197_2274193.jpg


↓フリチラリア ペルシカ アルバFritillaria Persica alba・・・草丈:70~100cm。アーキテクチャルプランツです。ペルシカのホワイト版です。黒色は何度も育てたことがあるのですが、ホワイトは初チャレンジです。
f0054197_2371291.jpg



さあさ、本日はハンギングバスケットマスターの実技試験出展日です。

皆さん、ピークを本日に持って来ることがどんなに大変か、身にしみて感じたことでしょう。

それも勉強ですね。

最後まで気を引き締めて頑張ってくださいね。

‘ぽち’っとクリックしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ
by kararifu | 2011-09-26 03:47 | 球根&球根苗 | Comments(1)

9/20のコミニュティークラブたまがわの講習

だんだんと秋らしくなっていよいよ気持ちの良いガーデニングシーズンになって来ましたね。

20日の玉川高島屋のガーデンアイランドにある「コミニュティークラブたまがわ」の講習会です。

今回は、秋らしい風情の寄せ植え作りです。流木は使っても使わなくても・・・自由選択でした。
↓すっと立った桃色花火とセトクレアセアの紫葉が印象的です。黄色いダールベルグデージーを挿し色にしていますね。中心のシュメイギクが咲いたら、華やかになるでしょう。
f0054197_12312199.jpg

↓桃色花火Vernonia glabra glabra キク科ヴァーノニア属 南アフリカ原産  草丈:100~200cm開花期:8~11月
葉はほのかな香りがあり、アザミのようなピンク色の花が咲きます。冬に落葉し、春は新芽が出てきます。
f0054197_1229374.jpg

↓秋は黄色系が多い中で、わい性の八重シュメイギクとセロシアのピンク系でまとめた作品です。
その他、センコウハナビ、アイダデ、フジバカマ玉咲き、カレックスジェネキー、ペルネティア、リシマキアミッドナイトサン、ハツユキカズラなど。
f0054197_1230512.jpg

↓わい性の八重シュメイギク
f0054197_1245136.jpg

↓こちらはベテランの方の流木をダイナミックに使ったシブイ作品です。さすがにバランスが良いですね~。
f0054197_1228363.jpg

↓つぼみの一重のシュウメイギクが咲いて、小紫式部が色づいてきたら楽しみですね~。
f0054197_12274548.jpg

↓こちらも流木を使った作品です。ナデシコが良い味を出しています。
f0054197_12272163.jpg

↓小紫式部はまだグリーンですが、こんなふうに色付きます。
f0054197_122773.jpg

↓静岡からの男性の作品です。こちらにいらっしゃる時、東名高速が閉鎖になってしまうこともあり、大変でしたね。お疲れ様でした。
f0054197_1229814.jpg

↓最新のサルビア フェニックスワインを使っています。
f0054197_12285395.jpg


私は二子玉川で生まれ育ちましたので、玉川高島屋のカルチャーサロン「コミニュティークラブたまがわ」は憧れの存在でした。
今でこそ、カルチャーセンターは当たり前に存在しますが、当時としては、少なくとも二子玉川としては画期的なことでした。
f0054197_13221786.jpg

歴史のある「コミニュティークラブたまがわ」から講習会の開催依頼が来たことは、心からうれしかったのです。
今、私は横浜市の都筑区に住んでいますが、地元に帰って来たような・・・暖かい気持ちになりました。
昔と変わらずに佇んでいるガーデンアイランドの姿は、ふるさとそのものですから。

また10月から後期の講座が始まりますので、興味のある方はエントリーをお待ちしております。


‘ぽち’っとクリックしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ
by kararifu | 2011-09-24 13:19 | 講習会(コンテナ・ハンギング) | Comments(1)

FMラジオの収録

昨日の台風は大丈夫でしたか?

アトリエおだきゅうの講座にご出席の受講生は無事に帰宅されたかしら?

皆様、午後2時半過ぎに約1時間でささっと作品をお作りになり、全員がお帰りになられた後で、小田急線が止まりました。

遠くの方は途中で止まってしまったのではないかと案じておりました。

その後、私とアシスタントは農園に車で戻り、4時過ぎには全員早上がりしましたが・・・夕方から夜にかけて、久々にすごい風雨でしたよね。

農園ハウスは、いったいどうなってんだろ=朝、起きたら、屋根のビニールがふっ飛んじゃってんじゃないかしら・・・なんてマジで気が気じゃなかったです。

で、今日行ってみると、思ったよりはマシだったんですが・・・やっぱり、ところどころが破れて穴が開いてました。

そのボロボロの農園でFM東京系列地方局(9局)の収録がありました。
f0054197_22541270.jpg


5回に渡り、「FLORAの恵み(フローラのめぐみ)」という番組で毎週日曜日・15:55~16:00だそうです。

f0054197_2254387.jpg

手前の方は、アナウンサーのきれいなお姉さんの江口桃子さんです。

マイクを持っていらっしゃる方は、企画してくださった多肉植物好きの志水さんです。うちの多肉のリースを待ち受け画面にしてくださっているそうです。
f0054197_22551215.jpg

TVじゃなく、ラジオなので、醜い姿をさらさなくて良いから・・・なんて、気軽にお受けしたものの・・・
いっぱい、カンじゃってなんだかうまくしゃべれなかった。
けんども、志水さんの神の手で、うまく構成してくださるそうで・・・生放送でなくて、良かった~ぁ!!(世界陸上の織田裕二風に・・・)なんて思っちゃいました。

                                               (写真撮影 byみーちゃん)


‘ぽち’っとクリックしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ
by kararifu | 2011-09-22 23:16 | メディア | Comments(3)

賛否両論 ユリの品種

私は、やっぱり、小さくて沢山咲くユリが好きです。
シャンデリアリリーと呼ばれている、くるりんと反ってぶら下がる花がとても好きなんです。球根もユリとしては小さいですよ。
↓セルナムLilium cernuum・・・マツバユリ。草丈:40~60cm 開花期:6~8月。珍しい枝咲きで花数が多く、下に向かって咲く姿はまるでシャンデリア。くるっと丸まった花が可愛らしい。
f0054197_911745.jpg

↓プミルムLilium pumilum・・・イトハユリ。草丈:15~45cm 開花期:5~6月。ユリの中では早咲きです。こちらも小輪多花性。一言で言うとキュート!
f0054197_9114824.jpg

↓スイートサレンダーLilium lancifolium Sweet Surrender ・・・草丈:80~120cm 開花期:6~7月 花弁は少しだけ反り返ってこれはやや斜め下の横向きに咲く。多花性。
f0054197_913325.jpg


日本原産のユリを愛でる・・・。
↓ササユリLilium japonicum・・・開花期:5~7月 本州中部以南に自生する日本原種のユリの一つ。
f0054197_9171177.jpg


↓オトメユリLilium rubellum・・・別名は「ヒメサユリ」(姫小百合)。ササユリに似ているがササユリより丈が低く、楚々としていて鉢植えに向いています。
f0054197_9151879.jpg


面白いでしょ?これ、賛否両論のユリです。
↓コンパクトスカシユリ パディ・・・まるでパンダのよう!
f0054197_9195975.jpg

↓草丈が30~50センチくらいととてもコンパクトです。鉢植えでも倒れずに育て易い。
f0054197_9201544.jpg

↓コンパクトスカシユリ チェリー・・・愛らしい色あいは他の植物とも合わせやすい。
f0054197_9205951.jpg



すかしユリも私は好きです。ユリの中ではやや早咲きです。
上を向いて咲くのが特徴ですよ。
↓アイラインLilium 'Eye Liner'・・・白に細く赤い縁取りがある清楚なユリ。これはすかしの中でも大好き。ホワイトガーデンにお勧め
f0054197_9102178.jpg

↓ランディーニLilium 'Landini '・・・チョコレートブラックの花は黒好きさんにはたまらない。アイラインと合わせて使っても素敵ですよ。
f0054197_9175219.jpg

↓オリナ・・・個性派のユリで、最初は藍色がかったブロッチが段々黒くなってくるようです。
f0054197_9184581.jpg


さて、本日は午後からアトリエおだきゅうの講座です。台風が心配されますが、小田急線が止まらない以上は講座は開講との連絡が入りました。
雨にも負けず、風にも負けず・・・頑張ります。

そろそろ日比谷のコンテストの出展者は悩み深い日が始まりますね。
月・水・金の夜は吟味した苗を市場に引き荷に行きます。気合を入れて花材を揃えて行きますので、どうぞ覗きに来てください。
また、ハンギングバスケットマスターの実技試験の受講生は管理は大丈夫ですか?
風雨に当てないようにしっかりと気を抜かずに出展まで頑張りましょう。ファイト!

‘ぽち’っとクリックしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ
by kararifu | 2011-09-21 09:55 | 球根&球根苗 | Comments(4)

東急セミナーBE二子玉川の講座

昨日も暑かったですね~。。
今回も流木をオブジェに使った秋らしい作品作りです。
コンテナにむっちりたっぷり植え込むのではなく、『間』のお勉強です。
いつもより植える植物の数は少ないはず・・・。風を感じるような・・・、近くにお月見団子でも置いときたいような・・・。(爆)
空いたスペースには苔や飾り砂利を敷いています。

器は洋風なバスケットですので、毎回、このようなカルチャー講座では、なるべく持ち帰りに重くならないように苦心します。和洋折衷な感じかなっ!

今回は、ちょっとレポート風に・・・。

↓こちらが、東急線二子玉川駅前ライズ8Fにある東急セミナーBEの受付です。ゆったりとしたホテルのようなフロントです。
f0054197_10184386.jpg

↓8Fからの眺めは最高です。東急セミナーBE二子玉川では10月期新規入会キャンペーンを実施中です。
10月31日までにご入会の方は入会金が半額、とりわけ9月30日までの申し込みの方は商品券のプレゼントがあります。
f0054197_1084599.jpg

↓早めにいらした受講生の方たちで、歓談中です。外からパチリ!
f0054197_10132023.jpg

↓植物もこのように持ち込んで、スタンバイOKです。
f0054197_1012401.jpg

↓早めにいらした受講生・・・「今日はどんな花材かなぁ~。。」なんて覗きこんでいます。
f0054197_108399.jpg

↓本日は3名様がお休みでしたが、それぞれ個性溢れた作品が出来ていますよ~。
f0054197_1012010.jpg

↓上から見ると、斜めにうまく流木をあしらっています。この方は毎回シブイのをお作りになります。農園でハンギングバスケットマスター養成講座を受けられたマスターさんです。
f0054197_1095784.jpg

↓シュメイギク、桃色花火、カレックス ジェネキー、ルドベキア タカオ、セトクレアセアなどがバランスよく植えられていますね。くねくねの流木が面白いですね。
f0054197_1012214.jpg

↓今回のシュメイギクは花びらに濃淡があって素敵!
f0054197_1074845.jpg

↓ソクラテスかプラトンか・・・。みんな悩んで大きくなる!
f0054197_1093419.jpg

↓面白流木特集!
f0054197_10101758.jpg
f0054197_1010371.jpg
f0054197_10105738.jpg
f0054197_10111634.jpg
f0054197_10113397.jpg

↓サルビア フェニックス ワイン・・・愛知で交配された暑さに強い最新のサルビアです。
f0054197_1073245.jpg


本日、10冊ほど編集部より『小さな球根で楽しむナチュラルガーデニング』の書籍が届きました。

とにかく、この夏、体をぼろぼろにしながら取り組んだものが形になってやって来ましたので感慨ひとしおです。

表紙の写真やタイトルを含め、いろいろと自分の思い通りには行かなかったこともありましたが、
出版に当たりまして、たくさんの方からのお力添えがあってのことでしたので、本当に感謝の念でいっぱいになりました。

そもそも、思い通りに行く事なんか、この世に存在しないものです。本当に思い通りにするのだったら・・・自費出版しろ!と言うことになります。

出版にあたっての裏話など・・・面白い話がいっぱいありますので、今度、一杯飲みながらでもお話しましょう。




‘ぽち’っとクリックしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ
by kararifu | 2011-09-19 11:31 | 講習会(コンテナ・ハンギング) | Comments(2)

これから追加の球根が始まります。

秋植え球根の販売がピークになって来ました。
これからどんどん追加の品種が始まります。
まずは、第1弾・・・

↓常緑タイプのブラジル系原種『アルストロメリア プルケラ』・・・耐暑・耐寒性があり、耐陰性に優れたアルストロメリアでは珍しく通常使えないような日陰で徒長することなく栽培可能なのが特徴です。
シェードガーデンにお勧めです。
f0054197_109484.jpg

↓ニュアンスのある赤にグリーンの縁取りがユニークです。
f0054197_1092179.jpg


↓エレムルス ピンク・・・ユリ科 花期:5~7月. 草丈:100~150 cm.
ツンと立った穂が象徴的でガーデンのアーキテクチャルプランツです。その他黄色やオレンジもあります。
f0054197_1095296.jpg

↓リューココリーネ コキンベンシス ピンク・・ ・・・ユリ科 花期4~5月、草丈30~40cm。淡ピンク地に濃桃色のストライプが印象的です。芳香があり花もちもよい。

f0054197_10102049.jpg

↓バルボコジウム ナイロン・・・原種の純白ペチコートスイセンです。
f0054197_10103650.jpg

↓バビアナ セデルベルゲンシス・・・わい性種で香りがあります。草丈15~20センチ。 南アフリカ原産のバビアナは品種が多く、花形や色の変化に富んで面白いです。アヤメ科。
f0054197_10151920.jpg

↓シラー チューベルゲルニアナ Scilla tubergeniana・・・ユリ科 シラーの中では2~3月と早咲きタイプです。淡く薄いブルーのラインが入ります。
f0054197_10195444.jpg

↓ラナンキュラス グラスホッパー・・・キンポウゲ科 草丈:25~35cm。色鮮やかな原種系の緑の花芯がだんだん盛り上がるユニークな花です。
f0054197_10112336.jpg

↓アリウム ピンクジュエル・・・ユリ科 草丈:50~70cm 珍しい淡い上品なピンク色です。中輪中型の品種でソフトボールぐらいの大きさになります。
f0054197_10114151.jpg

↓ピンクミラクル・・・クリスマスドリームの八重変異で、ちなみに砺波の球根見本園で、昨年「クリスマスドリームダブル」と表示されていたそうです。球根四天皇の「あかつき」さんからの情報です。

f0054197_1093646.jpg


その他、画像が無いので、売り出せないでいるマルーン、ヤンルース、マカレナなどがあります。
どなたか実際にお育てになった画像をお貸し頂ける方、いらっしゃいませんか?お礼に球根を差し上げます。


‘ぽち’っとクリックしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ
by kararifu | 2011-09-18 11:21 | 球根&球根苗 | Comments(0)

アグリス成城の9月の講座

秋です。お月見です。ススキです。流木を小道具にして、好きな形のものを選んで頂いてます。

代表で2名様の作品です。

↓新しく入られた方で、とても手早く上手に作られていました。
タカノハススキ、玉咲きフジバカマ、ルドベキア タカオ、ペンタス ブルー、ハツユキカズラです。
f0054197_9145991.jpg


↓一番最初に出来たので、他の受講生の作品をじっくり見ておられました。待っている間、お掃除もしながら・・・。素晴らしいです!
f0054197_922468.jpg

↓小葉系のギボウシがポイントになってますね。白いのはユーフォルビア白寿。空いているところは苔を貼っています。
f0054197_9143156.jpg

↓今回お気に入りの玉咲きフジバカマです。
f0054197_91468.jpg


さて、昨日は、相模原市の高層マンションルーフバルコニーのお手入れに行って参りました。

なんと!3連休の前だったからかしら、道路がす~んごく混んでいて農園から2時間半もかかってしまいました。
その間にも『助っ人・田中』が一生懸命、準備作業をしてくださっていて、助かりました。彼女は現場から徒歩20分のところに住んでいるのでした。

1日で終えられたのも、テキパキとした彼女のお陰です。

その後、砧の花卉市場に引き荷に行ったのですが、やっぱり渋滞で市場に着いたのがPM8時半。

結局、移動にとても時間がかかった1日でした。

荷は少なかったなぁ~。ちょっとしか買えませんでした。

明日は東急セミナーBE二子玉川、火曜日は玉川ガーデニングクラブ、水曜日はアトリエおだきゅうコンテナ・ハンギングと講習が続きます。

毎日、暑いので少し涼しくなると良いですね~。


‘ぽち’っとクリックしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ
by kararifu | 2011-09-17 09:57 | 講習会(コンテナ・ハンギング) | Comments(0)

『花ぐらし』秋号 掲載

『花ぐらし』35~39まで『球根アイディア』と言うタイトルで掲載して頂きました。

毎年、秋になると載せて頂いてはや、4年になります。
f0054197_6505561.jpg

↓こちらは『ダブルデッカー』の寄せ植え例です。
f0054197_6494516.jpg

↓黒いチューリップ以外は毎年咲く、原種系フリージア、スイセン タリア、原種系チューリップ タルダ、南アフリカ原産の黄色い小花 メラスフェルラ ラモーサが入っています。
小球根が多いので、たくさん入ります。
f0054197_650126.jpg

↓ロケ地は、なみちゃん邸をお借りしました。
都会にありながら広大な敷地に、弊社で買ってくださった宿根草がたっぷり植えつけられていて、私はひそかに河野自然園の『ボタニカルガーデン』と思っています。(爆)
f0054197_6501879.jpg

↓なみちゃんも、私のハンギングバスケットマスター養成講座2期生で、今や我社のご意見番として君臨しています。
右側のリンクにある、なみちゃんのブログ『晴れた日は庭仕事』をご覧下さいね。ねこちゃんも、たくさん載ってます。
f0054197_6503594.jpg


その他「花ぐらし」には『花束植え』、『カセット式』などの寄せ植え例や『秋植え球根リスト』、『上手に咲かせるポイント』なのが載っています。

また、花遊庭の球根庭植えテクニックや大好きなニコラス・レナハンさんのシュラブのページなどためになる事が満載です。
ニコラス・レナハンさんは鎌倉・浄妙寺の『石窯ガーデンテラス』の管理をされていて、毎年たくさんの珍しい球根を弊社から買って下さってます。
春になったら・・・見に行きたいなっ!


‘ぽち’っとクリックしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ
by kararifu | 2011-09-15 07:24 | メディア | Comments(6)