南アフリカ原産の小球根に首ったけ!

個性的でたおやかな南アフリカ原産の小球根が咲き始めてきました。
すでに、イキシア、ラペロージア、シノティア、ラケナリアなどを『球根屋さん.com』で販売してきましたが、新しく仲間入りした球根苗をご紹介します。育てるのに自信が無かった方もこの球根苗を育ててお花を見てから、夏に休眠しますので、乾燥保存をして来年もまた咲かせてください。
寒さにやや弱いので地植えには向かないのですが、コンテナでの寄せ植えにはどんどん使いたい素材の一つです。細かくたくさん咲くので、思いのほか花持ちが良いように思います。
↓メラスフェルラ ラモーサMelasphaerula ramosa アヤメ科 メラスフェルラ属。 細かな花がカスミソウのように脇役として使うと面白い。
f0054197_2022748.jpg

↓バビアナ ピグメアBabiana pigmaea アヤメ科 花期:3~4月
香りの良い花が咲く原種バビアナで大輪種です。花底の色がシックです。
f0054197_2025212.jpg

↓ヘスペランサ バックマニーHesperantha bachmanii アヤメ科
花期:2~3月 ヘスペランサの中では細身で華奢、草丈が高い。純白の花がうつむきかげんにひらひらと蝶が舞うように咲きます。
f0054197_2031198.jpg

↓デュピタクサ トリケトラ(クリスタルリリー)Dipidax triquetra ユリ科 花期:2~4月 霜の当たらない日当たりの良い所で育てます。ガラス細工のような繊細な花です。シベがとっても可愛い。
f0054197_2033722.jpg

↓ヘスペランサ スタンフォルディアHesperantha stanfordiae アヤメ科 花期:3~5月 午後から開く星型の花で「夕方の花」という意味を持ちます。球根は堀り上げず、植えっ放しのほうがよく育ちます。
f0054197_203583.jpg

↓スピロキシネ カーペンシスSpiloxene capensis コキンバイザサ科
花期:2~4月 天気が良く、日が当たると花が開くようです。花底のダークな色が印象的です。
f0054197_2045039.jpg

↓バルビネラ ヌタンスBulbinella nutans subsp. ユリ科 花期:3~4月 球根と言うより宿根草で、株分けで増やします。花アロエと呼ばれているオレンジのお花の仲間です。
f0054197_205147.jpg

↓キアネラ ルテアCyanella lutea テコフィラエア科 花期:3~4月 
華奢な花茎にたくさんの花が下から順に咲き続け、花茎分岐も良いことから約2ヶ月は花を楽しめますます。花被片には白っぽい縦筋が入ります。
f0054197_2042379.jpg


昨日は、また寒さが戻りましたね。こんなふうに三寒四温を繰り返しながら春が一歩一歩近づくのですね。農園圃場に植えた球根類もだんだん芽を出してきて、この時期が一番ワクワク・ドキドキして好きです。初めて植えた新種の球根はどんなお花かしら・・・と。
本日は、以前施工したお庭のご近所様からご連絡があり、朝一番でお庭の相談&お見積もりをする事になりました。その後は一日農園オープンディです。
by kararifu | 2009-02-21 06:55 | 球根&球根苗
<< ボックスフレーム長角 まだ、未完成です。 >>