農園の春

いよいよ春到来!続々と咲いて来ます。開花ラッシュです。ちょっとでも見過ごすと大変です。気が抜けませんけど楽しみです。これからは農園の球根植物をお楽しみください。新しく咲いたものは速やかにUPします。…の予定です。アセ アセ。。
↓これは去年植えた黄色いムスカリ ゴールデンフレグランス。咲き始めました。『私はちょっと違うのよ!』・・・主張してます。上部のブルーとのコンビネーションが目を引きます。
f0054197_7115688.jpg

↓ここからは 南アフリカ原産の秋植え球根のご紹介です。
ヘスぺランサ スタンフォルディアHesperantha stanfordiae アヤメ科 午後から開く星型の花で「夕方の花」という意味を持ちます。直径4cm以上の大きな透明感のある黄花を2~4花着け、夕方閉じます。草丈30~40cm位
f0054197_7122549.jpg

↓ヘスペランサ ククラータ レッド 花期は春3月中旬で、直径2~3cmの白い花を1花茎に2~5花程を受け咲きで着けます。花が閉じるとまったく別の花色に見えます。背丈25~30cm位 
f0054197_7124770.jpg

↓こんな感じに・・・。
f0054197_713569.jpg

↓ディピダクス・トリクェトラ(トリクエトラ)Dipidax triquetra ユリ科クリスタルリリーという流通名で販売されています。花の大きさは3cm弱で、基部にブロッチのような赤い斑点があり、6本の雄しべがユニークです。草丈25~35cm位
これらのケープバルブが最近市場で出回ってきました。半耐寒性の球根植物ですが関東以西の暖地では越冬可能です。葉が霜で傷まないようにするには軒があったほうが良いですね。今年は球根でも販売予定です。
f0054197_7132420.jpg

↓これがずっと欲しかった品種のミニアイリス キャサリン・ホジキンIris histrioides cv. katherine Hodgkin
 英国で話題の新花。花色が温 度等で徐々に青みが増して変化する不思議な品種。 まわりに青い網目に ほんのり黄色を乗せたニュアンスのある色彩。黄花の珍品ウイノグラドウィーとの交配種。
f0054197_715278.jpg

↓以下は一昨年から植えっぱなしで鉢の中でほっといたミニアイリスです。けな気~に咲いています。
f0054197_7134690.jpg

↓クロッカスブルーパール
f0054197_7141012.jpg

↓クロッカスクリームビューティ
f0054197_7143921.jpg

↓クロッカス ドロシー
f0054197_715487.jpg

by kararifu | 2008-03-17 08:39 | 農園
<< 3月のアトリエおだきゅうのコン... 今日の打ち合わせは・・・ >>