ディープなユリの世界

ユリの世界は深く果てしない。世界各地で育種されており、膨大な品種数があります。このため、英国王立園芸協会(RHS)によって、9群に分かれる園芸区分が行われています。
植えっ放しで強いものから溶けて無くなってしまうものまで、さまざまな性質があり、毎年立派に咲かせるためには、ある程度手をかけてあげる必要があります。適地に馴染んで来ると、放任でも良く咲いてくれます。 
↓OT百合 ニンフ 
OTユリとはオリエンタルユリ「O」と、トランペット系のユリ「T」の交配種。
f0054197_9532957.jpg

↓オフホワイトの地にマゼンダのラインが入るアンティークな香り。
f0054197_951135.jpg

↓OTユリ ロビナ
濃桃色でパープルカサブランカと呼ばれている。花弁は丸みが有り、今までに無かった花色
f0054197_9504698.jpg

↓OT百合 アボガド
柔らかでニュアンスのあるアプリコットイエローは花壇の気品を増す。
f0054197_9491359.jpg

↓ピンクのテッポウゆり プリンスプロミス
大輪で花付き・花持ちが良く、香りも少し有ります。丈夫です。
f0054197_100375.jpg

f0054197_951345.jpg

↓すかしユリ センターフォード
高生で、白地に中央が紫のスジが入る珍しい2色咲き。下のランディーニと合わせると良い。
f0054197_9502972.jpg

↓すかしユリ ランディーニ 
実物はほんとに黒かった・・・。毎年植えるほど個人的には大好き。
f0054197_9514694.jpg

↓すかしユリ ティノス
中輪、白地に中央が赤黄のバランスの良い美花・・・となっているのですが赤くはならなかった。環境のせいか、引き続き観察したい。
f0054197_9505730.jpg

↓すかしユリ グランドクルー
黄地に赤の珍しい品種、高性で強健、輪付けも良い。
f0054197_953630.jpg

↓すかしユリ 紅姿
f0054197_952073.jpg

↓すかしユリ 佐渡紅
紅姿のそっくりさん。
f0054197_949238.jpg

↓すかしユリ ブラックアウト
赤黒で花びらが細い感じ。
f0054197_9493887.jpg

↓すかしユリ アイライン
白に赤フチはその名のごとく・・・これはすかしの中でも大好き。ホワイトガーデンにお勧め。
f0054197_9495184.jpg

↓すかしユリ アルガーブ
クセが無く誰にでも愛されるソフトピンク。
f0054197_10313585.jpg

↓すかしユリ シュガージュエル
白地に中心部が赤く花弁の先がピンクのニュータイプ。
f0054197_95056.jpg

f0054197_9501823.jpg


第1群 アジアティック・ハイブリット
  スカシユリなどのアジア原産種の交配品種
第2群 マルタゴン・ハイブリット
  欧州原産のマルタゴンリリーなどの交配品種
第3群 マドンナリリー・ハイブリット
  欧州原産のマドンナリリーなどの交配品種
第4群 アメリカン・ハイブリット
  北米大陸原産のユリによる交配品種
第5群 ロンギフローラム・ハイブリット
  テッポウユリやタカサゴユリなどの交配品種
第6群 トランペット・ハイブリット
  支那大陸原産のユリによる交配品種
第7群 オリエンタル・ハイブリット
  ヤマユリ・カノコユリなど日本固有種の交配品種
第8群 その他の交配品種群
  LAハイブリット(5群L×1群A)
  LOハイブリット(5群L×7群O)
  LTハイブリット(5群L×6群T)
  など、各群に入らない品種全てを含みます。
第9群 野生の種・亜種・変種
by kararifu | 2008-09-01 11:52 | 球根&球根苗 | Comments(0)
<< 8月のガーデナー養成講座 高貴なホワイトガーデン >>